私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-19 06:00
投稿日:2021-11-19 06:00
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女性も、たくさんの失敗を乗り越えて上達してきたのです。今回はメイクが苦手なあなたに向けて、勇気が出るようなメイク失敗あるあるをご紹介! さらに、失敗しない簡単メイク術もお伝えします♡

私だけじゃない! 初心者がしがちなメイク失敗あるある5選

メイクで失敗したこと、あるよね?(写真:iStock)
メイクで失敗したこと、あるよね? (写真:iStock)

 それではさっそく、多くのメイク初心者がしてしまいがちなメイク失敗あるあるをチェックしていきましょう!

1. チークを塗りすぎて“おてもやん”に

 メイク初心者に多いのが、チークの量がいまいち掴めないという問題。ほんのり入れれば可愛いチークも、塗る量を間違えてしまうと“おてもやん”に!

 さらにチークの量って、毎日塗り続けるうちに目が慣れてしまって増えてしまいがちなんですよね。自覚はなくても、周囲に「顔赤すぎない!?」と思われていたなんてことも、メイクの達人たちが経験している失敗あるあるです。

2. 眉毛が不自然

 メイクの中でも、失敗すると結構目立つのが「眉毛」。細くしすぎ、釣り上がりすぎ、左右非対称、太くて濃すぎなど、眉毛で顔の印象はだいぶ変わってしまうんですよね。

 また、眉毛のトレンドは時代によってどんどん変わるため、描き方によっては「一昔前の眉毛」だと思われてしまう可能性も。メイク上級者たちも、眉毛の形を上手に描けるようにかなり練習を重ねているようですよ。

3. アイメイクの色が顔に合っていない

THE昭和の女!(写真:iStock)
THE昭和の女! (写真:iStock)

 あるあるの中でも特に目立つのが、アイメイクの失敗。一重まぶたに流行りのテラコッタ色のアイシャドウを塗ったら「目、腫れてるけど大丈夫?」と言われてしまったという人も……。

 また、日本人にはあまり合わないブルーのアイシャドウをがっつり塗ってしまい、“昭和の女感”が出てしまったなんて失敗もよく聞きますね。アイメイクに関しては流行りも大切ですが、大前提として「自分の顔に合う色」を見つけることが重要です。

4. 顔と首の色が違う

 これも起こりがちな失敗。ファンデーションが顔の色に合っていなかったり、コントロールカラーにリキッド、最後にパウダーなどを重ねすぎた結果、顔が白浮きしてしまうパターンです。

 ベースメイクを完璧に仕上げてどんなに美肌に見えても、首が黒ければ「厚化粧」に見えてしまうんですよね……。やはり自分の肌に合った色選びは、メイクの基本となりそうです。

5. 流行りを意識しすぎ

 オルチャンメイクや地雷メイクなどトレンドを意識するのは素敵なことですが、意識しすぎて残念な状態になってしまうのもあるあるでしょう。

 目の下に赤いアイシャドウを入れすぎて、ただの“酔っ払い”みたいになってしまったり、真っ赤な口紅がド派手になりすぎていたりなど。さらに「流行り」と本人が思い込んでいるため、おかしなメイクだと思われていることに気づけないという怖さもありますね……。

悲しいメイクあるあるを回避! 初心者でもできるメイク術

メイクは明るいところでが鉄則(写真:iStock)
メイクは明るいところでが鉄則 (写真:iStock)

 こうしてメイク失敗あるあるを読んでいくと、さらにメイクに失敗するのが怖くなってしまったかもしれません。でも大丈夫! 誰でも失敗しないコツがあるんですよ♪

肌馴染みの良いカラーで統一

 メイクしはじめの頃は、できるだけベージュやベージュピンクなど、肌馴染みの良い色を使うようにしましょう。

 また、チークやリップも粘膜に近い色を選ぶことで、自然なナチュラルメイクに仕上げることができます。もちろん、塗り過ぎは注意ですよ!

明るいところでメイクをする

>

 メイクが上手な人でも失敗の原因になるのが、顔の色がきちんと見えない照明の下でメイクをすること。光の角度で影が入ってしまったり、オレンジ色に見えてしまったりすると、どうしても濃く塗り過ぎてしまいがち。

 朝なら自然光の入る窓際など、顔がはっきりと見える明るいところでメイクをしましょう。

メイク失敗あるあるは誰でも経験してる!

失敗を乗り越えて可愛くなる!(写真:iStock)
失敗を乗り越えて可愛くなる! (写真:iStock)

 メイクがどんなに上手な人でも、最初の頃はたくさん失敗しているはず。ぜひ、あなたも何回かの失敗にめげてノーメイクを選ぶのではなく、失敗を糧に自分を魅力的に見せるメイクを習得してみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...