私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-19 06:00
投稿日:2021-11-19 06:00
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女性も、たくさんの失敗を乗り越えて上達してきたのです。今回はメイクが苦手なあなたに向けて、勇気が出るようなメイク失敗あるあるをご紹介! さらに、失敗しない簡単メイク術もお伝えします♡

私だけじゃない! 初心者がしがちなメイク失敗あるある5選

メイクで失敗したこと、あるよね?(写真:iStock)
メイクで失敗したこと、あるよね? (写真:iStock)

 それではさっそく、多くのメイク初心者がしてしまいがちなメイク失敗あるあるをチェックしていきましょう!

1. チークを塗りすぎて“おてもやん”に

 メイク初心者に多いのが、チークの量がいまいち掴めないという問題。ほんのり入れれば可愛いチークも、塗る量を間違えてしまうと“おてもやん”に!

 さらにチークの量って、毎日塗り続けるうちに目が慣れてしまって増えてしまいがちなんですよね。自覚はなくても、周囲に「顔赤すぎない!?」と思われていたなんてことも、メイクの達人たちが経験している失敗あるあるです。

2. 眉毛が不自然

 メイクの中でも、失敗すると結構目立つのが「眉毛」。細くしすぎ、釣り上がりすぎ、左右非対称、太くて濃すぎなど、眉毛で顔の印象はだいぶ変わってしまうんですよね。

 また、眉毛のトレンドは時代によってどんどん変わるため、描き方によっては「一昔前の眉毛」だと思われてしまう可能性も。メイク上級者たちも、眉毛の形を上手に描けるようにかなり練習を重ねているようですよ。

3. アイメイクの色が顔に合っていない

THE昭和の女!(写真:iStock)
THE昭和の女! (写真:iStock)

 あるあるの中でも特に目立つのが、アイメイクの失敗。一重まぶたに流行りのテラコッタ色のアイシャドウを塗ったら「目、腫れてるけど大丈夫?」と言われてしまったという人も……。

 また、日本人にはあまり合わないブルーのアイシャドウをがっつり塗ってしまい、“昭和の女感”が出てしまったなんて失敗もよく聞きますね。アイメイクに関しては流行りも大切ですが、大前提として「自分の顔に合う色」を見つけることが重要です。

4. 顔と首の色が違う

 これも起こりがちな失敗。ファンデーションが顔の色に合っていなかったり、コントロールカラーにリキッド、最後にパウダーなどを重ねすぎた結果、顔が白浮きしてしまうパターンです。

 ベースメイクを完璧に仕上げてどんなに美肌に見えても、首が黒ければ「厚化粧」に見えてしまうんですよね……。やはり自分の肌に合った色選びは、メイクの基本となりそうです。

5. 流行りを意識しすぎ

 オルチャンメイクや地雷メイクなどトレンドを意識するのは素敵なことですが、意識しすぎて残念な状態になってしまうのもあるあるでしょう。

 目の下に赤いアイシャドウを入れすぎて、ただの“酔っ払い”みたいになってしまったり、真っ赤な口紅がド派手になりすぎていたりなど。さらに「流行り」と本人が思い込んでいるため、おかしなメイクだと思われていることに気づけないという怖さもありますね……。

悲しいメイクあるあるを回避! 初心者でもできるメイク術

メイクは明るいところでが鉄則(写真:iStock)
メイクは明るいところでが鉄則 (写真:iStock)

 こうしてメイク失敗あるあるを読んでいくと、さらにメイクに失敗するのが怖くなってしまったかもしれません。でも大丈夫! 誰でも失敗しないコツがあるんですよ♪

肌馴染みの良いカラーで統一

 メイクしはじめの頃は、できるだけベージュやベージュピンクなど、肌馴染みの良い色を使うようにしましょう。

 また、チークやリップも粘膜に近い色を選ぶことで、自然なナチュラルメイクに仕上げることができます。もちろん、塗り過ぎは注意ですよ!

明るいところでメイクをする

>

 メイクが上手な人でも失敗の原因になるのが、顔の色がきちんと見えない照明の下でメイクをすること。光の角度で影が入ってしまったり、オレンジ色に見えてしまったりすると、どうしても濃く塗り過ぎてしまいがち。

 朝なら自然光の入る窓際など、顔がはっきりと見える明るいところでメイクをしましょう。

メイク失敗あるあるは誰でも経験してる!

失敗を乗り越えて可愛くなる!(写真:iStock)
失敗を乗り越えて可愛くなる! (写真:iStock)

 メイクがどんなに上手な人でも、最初の頃はたくさん失敗しているはず。ぜひ、あなたも何回かの失敗にめげてノーメイクを選ぶのではなく、失敗を糧に自分を魅力的に見せるメイクを習得してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...