メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-03 06:00
投稿日:2022-01-03 06:00
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽくなりたい!」と思うあなた、諦めることはありませんよ♡ メイクを味方につけて、大人っぽく変身しちゃいましょう! そこで今回は、童顔の特徴と大人っぽく仕上げるメイクのコツをご紹介します!

童顔の3つの特徴をチェックしよう!

童顔が悩みなの(写真:iStock)
童顔が悩みなの (写真:iStock)

 メイクで理想の顔の仕上げるためには、自分の顔の特徴を知ることが大事です。まずはじめに、童顔と言われる顔の3つの特徴から見ていきましょう!

1. ふっくらして丸みがある

 童顔と言われる女性は、ふっくらした丸顔でパーツひとつひとつに丸みがあるのが特徴。この丸みが、幼い可愛らしい顔立ちに見せるのです。

 反対に、丸みのないシャープな顔立ちの女性は大人っぽく見えます。要は、童顔を大人っぽく見せるためには、全体的にシャープに仕上げる必要があるということですね。

2. 顔の凹凸が少ない

 赤ちゃんや幼い子供の顔は、凹凸が少なくツルツルしていますよね。そのため、顔の凹凸が少ないことも童顔の特徴のひとつだと言われています。

 また、童顔の女性は色白で肌のキメが細かく、美肌の持ち主が多いそうですよ。

3. 顔のパーツが小さめ

 顔のパーツが小さめなのも、童顔女性に見られる特徴でしょう。普通は大人になるに従って、だんだんと顔のパーツも大きくなるもの。顔のパーツが小さいというだけで、子供のような印象を周囲に与えるのはわかる気がしますね。

 ちなみに、パーツの中でも、特に「目」は童顔を際立たせる部分。小動物のようなたれ目、黒目が大きい女性も、童顔に見られることが多いようです。

童顔をメイクで大人っぽく仕上げる5つのコツ♡

 続いては、童顔をメイクで大人っぽく仕上げる5つのコツをご紹介します!

1. ベースやハイライトはツヤ感を重視

 童顔をメイクで大人っぽく仕上げるためには、ツヤ感のあるベースメイクにすることが大事なポイントになります。マットな陶器肌も似合いますが、お人形さんのような仕上がりになってしまうため、童顔が強調されてしまいます。

 また、使用するハイライトをパウダーからクリームタイプに変えるだけでも、ツヤ感がアップして大人っぽく見えるのでおすすめです。

2. アイラインで少しツリ目に見せる

アーモンドアイで大人っぽい印象に(写真:iStock)
アーモンドアイで大人っぽい印象に (写真:iStock)

 黒目が大きく丸みのある目元は、どうしても幼い印象を与えてしまいます。これを解消するには、アイラインで少しツリ目に見せること。大人っぽい雰囲気に変えることができますよ。

 アイラインはリキッドタイプかジェルタイプを使用し、目尻を少し跳ね上げるように描くと、大人っぽいアーモンドアイに仕上がります。

3. アイシャドウはラメ入りのヌーディーカラー

 アイシャドウを選ぶ際には、ラメ入りのヌーディーカラーを選んで、大人っぽい色気のある目元を作っていきましょう。

 アイシャドウを濃く塗ると不自然になってしまうので、ナチュラルなグラデーションを作ることを意識してくださいね。

4. 眉はエッジを効かせてキリっとした印象に

キリっと眉毛で大人っぽく(写真:iStock)
キリっと眉毛で大人っぽく (写真:iStock)

 童顔を大人っぽく見せるためには、丸みのあるアーチ眉ではなく、エッジを効かせてキリっとした印象に仕上げていきましょう。

 眉は顔の印象を決める大事なパーツです。眉メイクを変えるだけでも、顔の印象はガラッと変わりますよ。

5. リップ&チークは肌馴染みの良いピンクベージュで

 チークは、肌馴染みの良いピンクベージュがおすすめです。ピンク系やオレンジ系をチョイスしてしまうと、さらに幼い印象になってしまうこともあるので要注意。

 大人っぽく仕上げたいなら、リップも赤みを抑えたヌーディーカラーがおすすめ。グロスは使わず、ツヤ感のあるリップで仕上げるのがポイントですよ。

童顔を大人っぽく仕上げるメイクをマスターして理想の顔に♡

大人っぽくなったかな?(写真:iStock)
大人っぽくなったかな? (写真:iStock)

 童顔をメイクで大人っぽく仕上げるためには、童顔の特徴をよく知ることが大切です。自分の顔を鏡で良く観察して、どのようにしたいのかを明確にしていきましょう。自分に合ったメイク方法をマスターできれば、理想の大人顔を手に入れることができるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...