「ぱっつん前髪」基本の切り方のコツ♡重めも軽めも自由自在

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-02-16 06:00
投稿日:2022-02-16 06:00
 “ぱっつん前髪”ってとても可愛いけれど、切り方が難しくて切りすぎたり、アンバランスになってしまったりと、失敗してしまいがち……。そこで今回は、セルフカットでも失敗しないように、簡単なぱっつん前髪の切り方をご紹介します♡ 重めや軽めなど、好みの前髪に仕上げられるコツもチェックしてみてくださいね!

ぱっつん前髪の切り方って?

ぱっつん前髪の切り方を失敗しないためには?(写真:iStock)
ぱっつん前髪の切り方を失敗しないためには? (写真:iStock)

 まずは、ぱっつん前髪を作る際に失敗しないためのコツをチェックしておきましょう。

普段通りにスタイリングしてから切る

 普段、前髪をコテなどで巻いている人、横に流している人などは、最初にいつもの状態にスタイリングしてから切りはじめるようにしてみてください。

 ノーマルな状態でカットしてしまうと、スタイリングして巻いたり流したりした時に、カットした長さよりも短くなってしまいます。また、濡れた状態で切ってしまうと、乾いた時に短くなってしまうため、必ず乾かしてから切ることも重要ですよ。

カットする時は持ち上げない&引っ張らない

 前髪をカットする時、前髪を引っ張ったり、持ち上げたりして切ってしまいがちですが、これはNG。自然に下ろした時に短くなってしまいます。

 また、前かがみになってカットするのも切りすぎてしまう原因に。普段通りの姿勢&前髪の位置でカットしていくことが、失敗しないためのコツです。

失敗しないように♡ ぱっつん前髪の基本の切り方

ぱっつん前髪の基本の切り方!(写真:iStock)
ぱっつん前髪の基本の切り方! (写真:iStock)

 続いては、ぱっつん前髪の基本の切り方をチェックしていきましょう!

カットする前髪を三角形で取る

 まずは、カットする前髪の場所を決めます。前髪を取る際は、頭の頭頂部と好みの幅を結んだ三角形が基本になります。適当に四角形に髪を取ってしまうと、重くなりすぎてしまうので注意しましょう。

髪をブロッキングする

 続いて、取った髪を上下の二段に分け、ブロッキングします。この時、跡がついてしまうゴムではなく、ダッカールピンやヘアクリップを使ってブロッキングすると良いでしょう。

カットする長さを決める

 次に、カットする長さを決めていきます。ラウンドや眉上、眉下など、長さによってかなり印象は変わってしまいます。

 様子を見ながら長さを決めたい時は、まずは長めにカットし、少しずつ短くしていくと失敗しにくいですよ。

少しずつカットしていく

 髪をカットする時は、前髪を自然に下ろすか、人差し指と中指でそっと挟み、おでこに密着させながらカットしていきましょう。

 まずは、ブロッキングした下段の前髪を左右に分けて少しずつカット。終わったら、上段の髪を下ろし、同じようにカットしていきます。

【応用編】重めも軽めも自由自在! ぱっつん前髪の切り方

ぱっつん前髪で可愛さ自由自在♡(写真:iStock)
ぱっつん前髪で可愛さ自由自在♡ (写真:iStock)

 ぱっつん前髪の基本の切り方をご紹介しましたが、ちょっと工夫することで流行りの前髪や重め、軽めなどの調整もすることができます。チェックしてみましょう!

シースルーぱっつん前髪

 シースルーぱっつん前髪を作るには、前髪を少なく取ることがポイント。幅は、眉毛と眉毛の間の幅でOKです。三角形のトップも、頭頂部ではなく、さらに下のおでこあたりにしてカットすることで、シースルーぱっつん前髪が作れますよ。

ラウンドぱっつん前髪

 ラウンドぱっつん前髪をカットする時には、前髪を左右と中央の3つにブロッキングし、中央の髪の毛を短めにカットします。次に、左右の髪を中央の長さより2cm程度長めにカットしましょう。

 続いて、中央と右端の髪を指で挟み、中央と左右の長さを間をつなぐようにカットしていきます。この時、少し丸みを帯びるようにカットすると完璧です!

重め&軽めのぱっつん前髪

 重め&軽めの調整は、前髪を三角形で取る際に、トップのポイントを高くすれば重めに、低くすれば軽めになります。

 三角形の形を変えながら、好みの厚さになるように調整してみましょう。

切り方のコツがわかればぱっつん前髪は失敗しらず!?

もうぱっつん前髪で失敗したくない(写真:iStock)
もうぱっつん前髪で失敗したくない (写真:iStock)

 ご紹介したコツと基本の切り方を覚えれば、自宅でも簡単にぱっつん前髪を作ることができます。ぜひ、自分好みの前髪に近づけてみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...