ぱっつん前髪で失敗しない! 似合う人&似合わない人の特徴

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-22 06:43
投稿日:2021-04-22 06:00
 おしゃれで垢抜けた可愛らしい印象になれる「ぱっつん前髪」は、いつの時代も不動の人気ですよね♡ でも、中にはぱっつん前髪が似合わず、顔が大きく見えたり、幼く見えすぎたりして、カットしたことを後悔してしまう人もいるようです。
 そこで今回は、どんな特徴の人にぱっつん前髪が似合うのかをご紹介します。カットする前に、自分の顔立ちに似合うかどうかを判断する材料にしてくださいね!

ぱっつん前髪の魅力ってなに?

ぱっつん前髪ってかわいいよね(写真:iStock)
ぱっつん前髪ってかわいいよね (写真:iStock)

 前髪を真横にハサミでカットしたような「ぱっつん前髪」は、なんといっても可愛らしい雰囲気に仕上がるのが魅力です! 幼さの残るキュートな印象を与えるので、男ウケも抜群。小顔効果や、目を大きく見せる効果も期待できますよ♡

 また、セルフカットでも挑戦しやすく、簡単にイメチェンもできることから、人気の高い前髪なのです。

ぱっつん前髪が似合うのはこんな人! 特徴6つ

ぱっちり目さんにぴったり(写真:iStock)
ぱっちり目さんにぴったり (写真:iStock)

 おしゃれで可愛らしい印象に仕上がるぱっつん前髪ですが、残念なことに似合わない人にはとことん似合わないという難しい前髪でもあります……。そこで、あなたにぱっつん前髪が似合うかどうか、実際に似合う人の特徴からチェックしてみましょう!

1. 童顔の人

 ぱっつん前髪は、大人っぽい顔立ちの人よりも「童顔」の人のほうが似合うと言われています。一般的には、前髪がないと大人っぽく、前髪を作ると可愛らしい印象になります。童顔の人は、もともと可愛らしい印象の人が多いため、ぱっつん前髪のキュートさがバランスよくマッチするのです。

2. 小顔の人

 小顔の人がぱっつん前髪にすると、より小顔が際立ち、よく似合います。これは、ぱっつん前髪にするとおでこが隠れるため、見える顔の面積が小さくなるからです。小顔の女性は、どこか小動物のように可愛らしく、男性の「守ってあげたい」という本能を刺激します。男ウケも、さらに良くなりそうですね♡

3. 目が大きい人

 くりっとした大きな目の人は、ぱっつん前髪が似合う人が多いです。前髪によって視線が目の辺りに集中するため、大きな目をより印象的に見せることができます。また、クールな印象の細い目よりも、大きな目のほうが可愛らしい雰囲気になりやすく、キュートなぱっつん前髪が馴染みやすいのです。

4. 目が細い人

 実は、目が細い人にもぱっつん前髪が似合う場合があります。それは、和風っぽい顔、いわゆる“塩顔”の人の場合です。和風顔にぱっつん前髪を合わせると、可愛らしい印象というよりはミステリアスでクールな印象が際立ち、垢抜けたおしゃれ感が出ます。ぐっと魅力が引き立ちますよ。

5. 色白の人

 色白の人は、ぱっつん前髪が似合うと言われています。色白で透明感のある肌の人は、「ベビーフェイス」な印象になりやすいからです。幼く可愛らしい顔立ちに似合うぱっつん前髪は、ベビーフェイスにもとてもよくマッチしますよ。

6. 直毛の人

 髪質でいうと、直毛の人のほうがぱっつん前髪が似合います。前髪に癖やうねりがある人がぱっつん前髪にしてしまうと、前髪の横のラインが綺麗に揃わず、この前髪の良さを十分に出すことができないからです。直毛だと毎朝のセットに時間がかからないのも、メリットですよね。

ぱっつん前髪が似合わないのはこんな人! 3つの特徴

切るんじゃなかった…ってなる前に(写真:iStock)
切るんじゃなかった…ってなる前に (写真:iStock)

 どんなに綺麗で可愛い芸能人でも、ぱっつん前髪が似合わない人はいます。そこで、ぱっつん前髪にしないほうが良い人の特徴もチェックしてみましょう。

1. 大人っぽい顔の人

 ぱっつん前髪は、可愛らしい印象を与えてくれるのが特徴。そのため、大人っぽい顔立ちの人がぱっつん前髪にしてしまうと、バランスが悪くなり、違和感を感じさせてしまうのです。大人っぽい顔立ちの女性がぱっつん前髪にする場合は、長めにカットして横に流すと違和感がなくなりますよ。

2. 顔が大きい人

 ぱっつん前髪は、顔が大きい人には似合わないと言われています。ぱっつん前髪には小顔効果があるのですが、それは顔が小さい人の場合です。顔が大きい人がぱっつん前髪にしてしまうと、輪郭が強調されてしまい、余計に顔が大きく見えてしまいます。

 顔が大きい人の場合は、ぱっつん前髪よりも斜め前髪がおすすめ。顔の縦と横の面積を上手に隠すことができます。

3. 面長の人

 面長の人が気をつけたいのが、短めのぱっつん前髪。一部おでこの面積を隠すことはできるのですが、眉上にしてしまうと余計に顔の縦の長さが強調されてしまうんです。

 面長の人が前髪で顔の長さをカバーするなら、目元ギリギリの長め前髪がおすすめ。顔の縦の部分をしっかり隠すことで、小顔効果を得ることができますよ。

簡単! ぱっつん前髪のセルフカット方法

セルフカットは要注意(写真:iStock)
セルフカットは要注意 (写真:iStock)

 ぱっつん前髪は、セルフカットで簡単に作れる点も魅力のひとつ! そこで、失敗せず簡単にできるセルフカットの方法をご紹介しましょう。

1. 前髪は必ず乾いた状態でカットする
2. 櫛でとかしたら、頭のトップ、黒目の外側2つを三角形に結んだ形にブロッキングする
3. ブロッキングした髪の毛を、さらに上下2段に分ける
4. コームを前髪に立てた状態のまま当てて押さえながら、ハサミで真横にカットする
5. 上の段も、同じようにカットする

 前かがみで切ったり、前髪を持ち上げてカットすると切りすぎてしまうので、注意してくださいね。

あなたはどう? ぱっつん前髪にチャレンジ♡

美容師さんと相談するのも手(写真:iStock)
美容師さんと相談するのも手 (写真:iStock)

 似合えば最高に可愛いぱっつん前髪も、残念ながら似合う人と似合わない人がいます。流行のヘアスタイルは、どれも魅力的に見えて試したくなりますが、似合っているかどうかも大切です。

 ぜひ、ぱっつん前髪をカットする前に、自分の顔の特徴やどんな前髪が似合うのかを気にしてみると、失敗を防げますよ。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


老眼鏡応用できる!40代女性「老けて見えないメガネ選び」5つの極意
 40代に入ってくると老眼がはじまり、老眼鏡が手放せなくなる人が増えます。中には、メガネをかけた自分の姿に「老けた……!...
おならが超クサイ…ニオイの改善策と専門医“お墨付き”の漢方薬3つ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
楽天売れ筋1位のナイトブラで“美胸”になれるか?【10日間着用ルポ】
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
インナーケアってなに? カラダの内側から美しくなる方法5つ
 誰だって、若々しい肌を保ちたいもの。そのためには外側からのケアだけではなく、インナーケアが欠かせません。あなたはインナ...
ほうれい線はコンシーラーの入れ方次第! あるあるNG&若見えテク3選
 お肌のくすみやたるみ、しわ、シミ、ほうれい線は、コンシーラーを使って悩みをうまくカバーしたいのに、なかなかうまくいかな...
40代は迷わずやっとこ!今から始める「顔の角質ケア」で目指せ透明肌♡
「40代になってから、肌がくすんで透明感がなくなった気がする」と感じている女性は多いのでは? その原因は、肌に古い角質が...
万年腰痛、諦めるな!苦痛から解き放たれるセルフケア3選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
汗かく入浴剤3選 体を芯から温めてカラダもココロもスッキリ
 バスタイムは、日々の疲れを癒す大切な時間です。入浴剤を使えば香りによって、よりリラックスした入浴ができます。  そし...
鏡よ鏡、40代の「パール&ラメ」メイクで“痛い女回避”のコツを教えて
 40代を超えると、だんだんと顔のハリや華やかさ、瑞々しさがなくなってきますよね。でも、安易にラメやパールで輝きを取り入...
元アムラーは眉毛に注意!「老け見えメイク」で+10歳に見えるキケン
 しみや毛穴、くまなど、年を重ねると隠したい部分が多くなり、とにかくアラをカバーすることを意識してメイクをするようになり...
“ながら”美容ローラーちょっと待って! やってはいけない8つの美容習慣
 年齢とともに、肌や身体の変化を感じながらも「いつまでも若々しくいたい!」と抗ってしまうのが女ゴコロ。自分なりの美容習慣...
「首&デコルテ」に年齢が出ます! 毎日習慣化させたい4つのセルフケア
 40代を超えると、シワやシミなどの肌ケアに力を入れる人は多いですよね。でも、意外と忘れがちなのが「首とデコルテ」のケア...
マッサージいらずの肩こり解消法!根本原因の改善におすすめの漢方薬3種
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
やすりで削ると逆効果?ゾウ級「ガサガサかかと」正しい角質の落とし方
 足にまつわる悩みで多いのが「ガサガサのかかと」ですよね。ひどくなると、ストッキングが伝線してしまったり、パキッと割れて...
「フェイスパウダー」の使い方をマスター! プレストとルースの違いは?
 フェイスパウダーの正しい使い方をご存知ですか? メイク用品のなかではなんとなくスタメン落ちしがちなフェイスパウダーです...
ぷりっと美尻を作る4つの簡単“ながら”体操!アラフォーは始め時です
 アラフォーになると、だんだん代謝が落ちてきて体型が崩れてきますよね。何とかしようと、ダイエットに挑戦する人は多くいます...