【種類別】クマ隠し方法!カラーテクニックで健康的な顔に♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-02-28 06:00
投稿日:2022-02-28 06:00
 目の下のクマでお悩みの人は多いでしょう。クマがあると、顔の印象が大きく変わってしまいますよね。 そこで今回は、頑固なクマ隠しのテクニックをご紹介します! 青クマ、茶クマ、黒クマとクマの種類別に、補色を使ったカバーテクニックを身につけて、均一な肌を目指してくださいね♪

クマ隠しの方法を知る前に…あなたのクマの種類をチェック!

クマがやばいんです(写真:iStock)
クマがやばいんです (写真:iStock)

 効果的にクマを隠すには、まず、自分がどのクマのタイプなのかを判断することが不可欠です。そこで、まずはクマの種類からチェックしていきましょう!

「青クマ」のチェック方法

 青クマは、血行不良や疲れ、寝不足などが原因で起こるクマです。そんな青クマの判断方法は、とても簡単!

 まずは、クマの部分の皮膚を優しく引っ張ってみましょう。引っ張った時にクマの色が肌色っぽく変化したり、色が薄くなったりしたら、青クマと判断してOKです。

「茶クマ」のチェック方法

 茶クマは紫外線や肌への摩擦などが原因で、色素沈着してしまった状態です。判断方法は、青クマと同じく、クマの部分の皮膚を優しく引っ張ってみましょう。

 皮膚と一緒に茶色い部分が移動したり、クマの色に変化がない場合には、茶クマと判断します。

「黒クマ」のチェック方法

 黒クマとは、たるみによってできた窪みや膨らみの「影」のこと。判断方法は、手鏡を持ったまま、明るい部屋で上を見上げてみてください。

 その際に、黒い影がなくなったり、薄くなっていたりしたら、黒クマである可能性が高いです。

「補色」を使ったカラーテクニックで消す! クマ隠しの方法

クマのタイプによってコンシーラーを使い分け(写真:iStock)
クマのタイプによってコンシーラーを使い分け (写真:iStock)

 自分のクマの種類がわかったら、補色を使ったクマ隠しの方法をチェックしていきましょう!

青クマは「オレンジのコンシーラー」で血色をカバー

 血色の悪さが原因で現れる青クマは、青の補色であるオレンジ色でカバーしていきましょう。

 まずは、オレンジ色のコンシーラーで色の差を隠してから、ベージュ系のコンシーラーを馴染ませます。肌色が均一になり、綺麗に隠すことができますよ。

茶クマは「イエローのコンシーラー」で明るく

 色素沈着が原因の茶クマには、イエロー系のコンシーラーがおすすめ。明るい色で飛ばして、全体に均一な色に整えていきます。

 それだけでもOKですが、仕上げにパール入りのベージュ系コンシーラーを使うと、より目元が明るくなります。光を反射させて、クマを飛ばしましょう。

黒クマは「赤リップ」で綺麗な肌色に

意外!赤リップが黒クマ隠しに使えるなんて(写真:iStock)
意外!赤リップが黒クマ隠しに使えるなんて (写真:iStock)

 黒クマは、ベージュのコンシーラーの前にクマの部分に赤リップを馴染ませてみてください。赤リップがなければ、赤のクリームチークでもOKです。

 続いて、ベージュ系のコンシーラーを重ねて馴染ませれば、クマを綺麗に隠せます。赤色だと浮いてしまう人は、オレンジ系の色味で試してみましょう。

クマ隠ししなくていい目元に! クマの予防方法は?

温かいアイマスクでケア(写真:iStock)
温かいアイマスクでケア (写真:iStock)

 クマは日常の心がけで軽減できます。クマの種類によって異なる予防方法をチェックしていきましょう!

青クマは血行の改善で予防

 血行不良で起こりやすい青クマは、十分な睡眠を心がけるとともに、目元に温かいアイパッドなどをのせて温めたり、目の周りのマッサージを行うなど、血行を良くするケアを行いましょう。目の疲れも一緒に取ることができますよ。

茶クマは擦らずにアイテムで予防

 色素沈着が原因の茶クマは、スキンケアの際に擦ったり刺激したりしないことが大切です。そのうえで、しみやそばかすを防ぐ成分が配合されたアイテムを使い、色素沈着を防いでいきましょう。

黒クマは筋トレで予防

 目の下のたるみが原因の黒クマは、目の周りの筋肉を鍛えるトレーニングで予防するのが◎。

 5秒間目を思い切り閉じる、5秒間目を思い切り開ける。これを隙間時間に10回ずつ繰り返します。また、目を思い切り開いた状態で、黒目を八の字に動かす方法もクマ予防におすすめです。

クマ隠しの方法をマスターして均一な肌に♡

クマを隠せば若見えも狙える♡(写真:iStock)
クマを隠せば若見えも狙える♡ (写真:iStock)

 クマを隠すだけで、顔の印象は一気に明るく若々しくなります。ぜひ、この記事を参考に、クマを改善して明るい笑顔で過ごしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...