ゆるふわ巻きって簡単なの? コテの使い方4STEPで失敗知らず

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-03-26 06:00
投稿日:2022-03-26 06:00
 くせ毛風のゆるふわパーマって、とても可愛いですよね♡ でも、実際にゆるふわ巻きを作ろうとすると、コテが上手に使えずになかなかうまく作れないという人も多いようです。
 そこで今回は、簡単にゆるふわ巻きを作れるコテの使い方をご紹介します! この巻き方を知れば、可愛いゆるふわ巻きが簡単に作れますよ。

ゆるふわ巻きにおすすめ! コテの使い方に関する基礎知識

 まずは、ゆるふわ巻きをする前に、事前に知っておくと役立つコテの使い方の基礎知識をチェックしていきましょう!

ゆるふわ巻きにするなら32〜38mmのコテを使う

髪の長さによってコテの太さを調整(写真:iStock)
髪の長さによってコテの太さを調整 (写真:iStock)

 コテには、さまざまな太さがあります。今回ご紹介するような「ゆるふわ巻き」に仕上げたい場合は、32〜38mmのコテが◎。

 ミディアムくらいの長さなら、32mmが自然でしょう。よりゆるっとしたカールがいい時や、スーパーロングの長さの人なら、38mmがベストです。

髪質に合わせて温度を調節する

 ゆるふわに仕上げたい場合、髪質に合わせて温度を調節すると理想のカールの強さを表現できます。髪が細くて柔らかい人は、160度前後に設定して巻いてみてください。

 反対に、髪が太くて硬い人は180度前後にするとしっかりカールをつけられます。実際に巻いてみながら、理想のカールを作れる温度と秒数を研究してみてもいいですね。

スタイリング剤は必ず使って

乾燥が気になるならオイルで仕上げて(写真:iStock)
乾燥が気になるならオイルで仕上げて (写真:iStock)

 ゆるふわ巻きというと、なんとなくスタイリング剤を使わずにふんわり仕上げるイメージがあるかもしれませんね。でも、「ゆるふわ」は一歩間違えるとぼさっと広がって見えやすいのです。

 仕上げには必ずスタイリング剤を使いましょう。乾燥がひどい人は、ウェットに仕上がるオイルがいいですよ。午後までカールをキープしたい人は、スプレーやワックスが良いでしょう。

誰でも作れるゆるふわ巻き!失敗しないコテの使い方4STEP

毛先までしっかりと(写真:iStock)
毛先までしっかりと (写真:iStock)

 次に、コテを使った簡単なゆるふわ巻きの作り方をチェックしていきましょう!

1. 毛先をすべて巻く

 まずは、髪の毛全体の毛先だけを、内巻きか外巻きに巻いていきましょう。せっかく全体を巻いても、毛先がストレートで残ってしまうと一気に自然な感じがなくなるため、「巻き忘れた感」が出てしまいます。

 巻く方向は、内巻きならよりガーリーでふんわりした仕上がりに。外巻きなら首あたりのくびれラインを作れるのですっきりと快活な印象になります。

2. 耳を中心に上下に分けてブロッキングする

 髪の量が多い人は一度に巻いていくと全体に熱が伝わらず、巻ききれない髪が出てきてしまいます。

 均等に巻くためにも、髪はブロッキングしておくと良いでしょう。ブロッキングは耳から上の毛と下の毛に分けて、下の毛から順番に巻いていきます。

すぐにほぐして!(写真:iStock)
すぐにほぐして! (写真:iStock)

3. 毛先の上から髪中間までをミックス巻きにする

 ブロッキングが終わったら、下の部分の毛を、先ほど巻いた毛先の上あたりから髪の長さの中間あたりまで巻いていきます。内巻きと外巻きをミックスで巻くと、よりふんわりとしたくせ毛風の仕上がりになりますよ。

 また、髪は根本まで巻いてしまうとボリュームが出過ぎたり、バランスが悪くなってしまうので、中間あたりで止めるのがコツです。髪をコテに巻きつけたら、少しずつ髪を下に滑らせるように巻いていきましょう。

4. 表面の毛を細くとってランダム巻きにする

 全体をミックス巻きにしたら、仕上げに髪の表面の毛束を細くとって、ランダムに巻いていきます。この時のコツは、2秒程度でさっとコテを外してすぐにほぐすこと!

 この細い束でカールをつけていく工程を入れれば、髪全体に空気感をまとわせることができるので、くせ毛風のゆるふわ巻きができ上がります。

ゆるふわ巻きはコテの使い方次第で簡単に作れる!

春らしいゆるふわ巻きをマスターしよう♡(写真:iStock)
春らしいゆるふわ巻きをマスターしよう♡ (写真:iStock)

 この記事でご紹介した4つのステップでコテを使えば、ゆるふわ巻きは簡単に作ることができます。まだコテを使ったことがない人や、苦手で諦めてしまった人は、ぜひもう一度巻き髪に挑戦してみてください。ゆるふわ巻きで自信がつけば、ワンカールや外ハネなど、いろいろなアレンジを楽しめるようになりますよ♡

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...