メイク賢者が使うコンシーラーと仲良くなる!浮く原因&対策

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-05 06:00
投稿日:2022-04-05 06:00
 シミやニキビ痕、くすみやクマなどを隠すのに欠かせないコンシーラー。とても心強いアイテムですが、意外と多いのが「コンシーラーが浮く」という悩みです。カバーしたい部分の色が浮いてしまえば隠してることがバレバレで、意味がありませんよね……。
 そこで今回はコンシーラーが不自然に浮く時の原因と対策をご紹介します!

不自然…コンシーラーが浮く時の3つの原因

コンシーラーが不自然すぎて涙(写真:iStock)
コンシーラーが不自然すぎて涙 (写真:iStock)

 コンシーラーが浮いてしまう時には、3つの原因が考えられます。当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1. 色が合っていない

 コンシーラーの色が、悩みの部位の色味と合っていないことも大きな原因のひとつです。クマにも黄色、青、黒などさまざまな色味がありますし、濃さも違うため、悩みに応じた色選びをする必要があります。

2. 部位に合ったテクスチャーを選んでいない

 間違ったテクスチャー選びが、浮きの原因になることも……。塗りたい顔の部位の「筋肉の動き方」や、肌悩みに合ったテクスチャーを選ばないと、ひび割れ、ヨレ、浮きが起こりやすくなってしまいます。

3. 塗る順番を間違えている

 コンシーラーを塗る順番も重要です。まずは、保湿をしっかり行ってから使わないとコンシーラーが乾燥する原因になります。また、使っているファンデーションがパウダータイプかリキッドタイプかによっても、塗る順番が変わってくるので注意が必要です。

不自然にコンシーラーが浮く時に試したい3つの対策

 コンシーラーが浮く原因に心当たりはありますか? 続いては、正しい塗り方を交えながら3つの対策をチェックしていきましょう!

1. 悩みに合った色選びをする

悩み別に色選びを(写真:iStock)
悩み別に色選びを (写真:iStock)

 色が浮いてしまう場合には、悩み別に色選びをすることが大切です。

【悩み別の色選び】

・青クマ……オレンジ系コンシーラー
・黒クマ……パール入りやベージュ系コンシーラー
・茶クマ……イエロー系コンシーラー
・シミやそばかす……肌より少し暗めのコンシーラー
・赤みのあるニキビ……グリーン系やイエロー系コンシーラー

 いろいろな悩みがある場合には、数種類のコンシーラーを用意しておくと良いでしょう。いくつかの色味がセットになったパレットタイプだと、色味を調整できるので便利ですよ。

2. 部位&悩み別にテクスチャーを選ぶ

 コンシーラーのテクスチャーは、使う部位の筋肉の動きや悩みに合わせて選びましょう。

【部位別のテクスチャー】

・おでこや頬など動きが少ない部位……クレヨンやスティックなどの硬いテクスチャー
・目元や口元など動く部位……リキッドやクリームなどの柔らかいテクスチャー

【悩み別のテクスチャー】

・色ムラや濃いシミ……カバー力が強いクレヨンやスティックタイプ
・広範囲に広がるそばかす……伸びが良いリキッドやクリームタイプ
・細かいニキビ痕……細かく塗れるペンタイプや筆タイプ

 こうして、悩みや部位に合わせて硬さを調整するとコンシーラーが塗りやすくなり、浮きにくくなりますよ。

3. 正しい塗り方をマスターする

正しい塗り方をマスターしよう(写真:iStock)
正しい塗り方をマスターしよう (写真:iStock)

 コンシーラーを塗る時の順番や塗り方も大切です。以下の手順で正しく塗っていきましょう。

1. 肌を保湿します。皮脂で浮きやすい時は、最後に余計な油分をティッシュオフしておきましょう。
2. コンシーラーを塗ります。「コンシーラーの輪郭を馴染ませる」「濃いシミやクマは、全体ではなく色の境目に塗る」「塗った中心部はぼかさない」の3つに気をつけて(リキッドファンデーションの場合は、このタイミングで先にファンデーションを塗ります)。
3. コンシーラーの上に、ルースパウダーをそっと重ねます(パウダーファンデーションの場合は、このタイミングで塗ります)。

 この塗り方で、浮きやひび割れは改善できるはずです。

コンシーラーが浮く場合は選び方や塗り方を変えてみて

コンシーラーを使いこなしてワンランクアップのメイクを(写真:iStock)
コンシーラーを使いこなしてワンランクアップのメイクを (写真:iStock)

 コンシーラーを上手に使いこなせない人は、まず色やテクスチャー選びから見直してみましょう。そのうえで正しい塗り方をマスターすれば、いつものメイクがワンランクアップするはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...