お泊まりはすっぴんメイクで決まり!5分テクで美肌キープ♪

コクハク編集部
更新日:2019-06-08 06:00
投稿日:2019-06-08 06:00
 お泊まりデートや女友達との旅行は、嬉しく楽しみ!でも、その反面、「すっぴんを見られる」という事実にプレッシャーを感じてしまう女性は多いでしょう。でも、大丈夫!女性の特権である「メイク」を味方につけて、お泊まりを楽しく乗り切りましょう♪

すっぴんメイクは「肌&目元」が肝心!アイテム&メイク方法

すっぴんメイクは“肌作り”が大事(写真:iStock)
すっぴんメイクは“肌作り”が大事 (写真:iStock)

 すっぴんメイクには、最低限必要なアイテムがあります。各アイテムをチェックしつつ、メイク方法をマスターしていきましょう。

【肌】すっぴんメイクの要!キメ細かい肌作りの方法

 すっぴんメイクは、なんといっても肌作りが肝心!むしろ、他のパーツは余裕があればくらいで良いかもしれません。まずは、キメ細かい肌作りの方法からお伝えします。

・化粧下地〜保湿効果&肌補正効果のあるものをチョイス

 絶対的に必要なのが、化粧下地です!保湿効果&肌補正効果のあるものを選びましょう。塗る前には念入りなスキンケアを。保湿を十分にすることで、肌の透明感が変わってきますから。

 カラーコントロール下地を利用するのもありですね。透明感重視であれば「パープル or ブルー系」を、ニキビ跡や赤みが気になるなら「グリーン系」を、血色が悪いなら「ピンク系」を選ぶと、瞬時に肌悩みをカバーしてくれますよ。

・パウダー〜ミネラルフェイスパウダー or 夜用ファンデーションでサラサラに

 化粧下地の後には、パウダー or 夜用ファンデーションで素肌感を作ります。サラッとした質感を作れるので、普段からテカリや毛穴に悩む方も安心できるはず。

 クレンジングなしでオフできるほど肌に優しいミネラルフェイスパウダーや、24時間使えると話題の夜用ファンデーションが◎!ふわっと肌に載せるのがポイントです。

 ちなみに、普段使いのファンデーションだと、どうしても「塗った感」が出てしまうため、あまりおすすめできません。あくまでも自然なサラサラ肌を目指して。

・コンシーラー〜どうしてもの肌悩みを素早くカバー

 ファンデーションを塗らない分、アラが目立ちやすいのがすっぴんメイクの難点!もしも、ニキビ跡、シミ、クマなどの肌悩みをカバーしたければ、コンシーラーは必須アイテムです!

 ただし、塗りすぎには注意が必要。時間が経ってヨレが発生しやすいため、気になるポイントにだけ載せていきましょう。

「眉ティント」をしておけば安心(写真:iStock)
「眉ティント」をしておけば安心 (写真:iStock)

【目元】仕込みが肝心!パッチリ目をキープする方法

 メイクでガラッと変わる目元。普段からアイメイクに時間をかけている方は、「アイメイクなしだと目力が減るし、どうしよう……」と、お悩みでは?そこで、気になる目元のすっぴんメイクを紹介します。

・アイブロウ〜仕込めるなら「眉ティント」がベスト

 もしも、お泊まりすることが事前に分かっているのであれば、落ちにくいと話題のティントタイプのアイブロウがベスト!自然な眉を演出することができますし、時短メイクにも繋がりますね。

 眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツのため、仕込めるのであれば、ぜひ対策を練っておきましょう。

・透明マスカラ〜あくまでも自まつ毛を演出

「マスカラなしだと落ち着かない!」という方には、透明マスカラがおすすめ。繊維が入っているわけではないため、まつ毛の長さが伸びるわけではないですが、くるんとした上向きまつ毛をキープすることができますよ。

 ちなみに、普段使いのブラックのマスカラはNG!どうしてもメイク感が出てしまうため、控えた方が無難でしょう。どうしても気になるのであれば、マツエクを施すなど事前準備が必要ですね。美は1日にしてならず!と言いますし、工夫しましょう。

もう怖くない!すっぴんメイクでお泊まりを楽しんで♪

すっぴんメイクで寝顔もばっちり(写真:iStock)
すっぴんメイクで寝顔もばっちり (写真:iStock)

 すっぴんメイクには、普段使わないメイクアイテムがたくさん登場します。「揃えるのが面倒!」と、思う気持ちも分かりますが、お泊まりの際に、終始「すっぴんを見られている」という気持ちで心もとなく過ごすくらいだったら、用意しておいて損はないはず!

 せっかくのお泊まりを楽しい気持ちで迎えられるよう、ぜひこの機会に、すっぴんメイクを練習してみてくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM