青クマ・茶クマ・黒クマを瞬殺 コンシーラーはカラーが重要

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-11 07:08
投稿日:2019-04-10 06:00
 クマを隠すために、シミやニキビ跡カバーに用いる肌色コンシーラーを使っている方は多いでしょう。でも、実は、目の下のクマを隠すためには、クマの種類に合うカラーコンシーラーを使うのが得策!クマに悩んでいるあなた、ぜひチェックしてみてください。

まずは自分のクマの種類をチェック!

コンシーラーでクマを隠して若々しく(写真:iStock)
コンシーラーでクマを隠して若々しく (写真:iStock)

 10代の頃は睡眠をしっかり取れば解消されたのに、最近はしっかり寝てもクマが消えない。そんな悩みを抱えていませんか?もしかしたらそれは、睡眠では消えない残念なクマのタイプかも?まずは、自分のクマの種類を確認してみましょう。

3種類のクマの特徴や原因

「クマ」は、おもに3種類に分かれます。まずは、それぞれのクマの特徴や原因を見てみましょう。

・青クマ

 睡眠不足や眼精疲労などによって、目の周りの血行が滞って発生します。ホットタオルで温めることで改善されたりと、比較的対処しやすいクマです。

・茶クマ

 間違ったスキンケアや摩擦、紫外線によって、色素沈着が起きている状態です。目の下だけではなく目の上もカサカサした感じであれば要注意。放置すれば、色が濃くなる恐れも。

・黒クマ

 大きな原因は、加齢です。肌内部のコラーゲンなどの物質が減少することで目の下の皮膚がたるみ、影ができていることで発生します。スキンケアでは改善しづらいのが難点。

【あわせて読みたい】ホットタオル美容がすごい 毛穴・クマ・むくみを全部オフ!

クマを特定する簡単な方法

「自分のクマがどの種類か分からない」そんな方は、以下の方法で特定してみてください。

【STEP1. 目の下の皮膚を軽く引っ張ってチェック】

・クマが薄くなった or 消えた→青クマ
・クマが薄くならない→茶クマ or 黒クマ(→STEP2へ)

【STEP2. 上方向を見てチェック】

・クマが薄くなった or 消えた→黒クマ
・どちらにも当てはまらない→茶クマ

【種類別】クマを消すカラーコンシーラーの選び方&使い方

一度手の甲に取ってから(写真:iStock)
一度手の甲に取ってから (写真:iStock)

 自分のクマの種類が分かったら、いよいよクマに合うコンシーラーのカラーを見ていきましょう。

それぞれのクマを消すカラー

・青クマ……オレンジ・ピンク
・茶クマ……イエロー・ベージュ・オレンジ
・黒クマ……明るめのベージュ・イエロー・オレンジ・パール入り

 コンシーラーというと肌色〜ベージュが多いですが、中にはカラーバリエーションに富んだメーカーもあります。

 また、上記のチェックで、「2つのクマに当てはまってしまった!」と思う方もいるかもしれません。その場合は、オレンジのコンシーラーがおすすめ。比較的全てのクマに対応するため、何かと役立ちます。

厚塗り厳禁!リキッドタイプがおすすめ

 目元の皮膚は薄く動きやすく、メイクがヨレやすい部分。そのため、厚塗りは厳禁!クマの上に優しく線を引くようにコンシーラーを置き、優しく馴染ませましょう。

 柔らかいテクスチャのリキッドタイプがベストですが、スティックタイプしかなければ、一度手の甲などに取って、ブラシや指で少量ずつ乗せていくのがポイントです。

【あわせて読みたい】ニキビが目立たないメイク方法♪ 悪化させずに隠すには?

他のメイクアイテムで代用するなら

 カラーコンシーラーが手元になければ、他のメイクアイテムでカバーするという方法もあります。例えば、青クマ対策に赤いリップを目の下に塗り、肌色コンシーラーを重ねる。茶クマ、黒クマにはカラーコントロールができるイエローやオレンジの下地を使う、など。

 ただし、厚塗りになってしまったり、カバー力に欠けることもあるので、やはり1本カラーコンシーラーを持っておくのが◎。

クマを隠すならカラーコントロールを味方につけて

カラーコントロールを極めて肌の悩みを克服(写真:iStock)
カラーコントロールを極めて肌の悩みを克服 (写真:iStock)

 クマを瞬殺してくれるカラーコンシーラーですが、このようにカラーを活かしたメイク方法って、他にもたくさんありますよね。

 ニキビ跡や赤ら顔をカバーしたいなら「グリーン」、くすみを取り除いて透明感を出したいなら「パープル」や「ブルー」など、化粧品売り場で並んでいるとぎょっとしてしまうような色が、肌の上では悩みをカバーしてくれるなんて不思議です。

 クマをはじめとした大人の肌悩みはカラーで対策!ぜひ、カラーコントロールを極めてくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...