青クマ・茶クマ・黒クマを瞬殺 コンシーラーはカラーが重要

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-11 07:08
投稿日:2019-04-10 06:00
 クマを隠すために、シミやニキビ跡カバーに用いる肌色コンシーラーを使っている方は多いでしょう。でも、実は、目の下のクマを隠すためには、クマの種類に合うカラーコンシーラーを使うのが得策!クマに悩んでいるあなた、ぜひチェックしてみてください。

まずは自分のクマの種類をチェック!

コンシーラーでクマを隠して若々しく(写真:iStock)
コンシーラーでクマを隠して若々しく (写真:iStock)

 10代の頃は睡眠をしっかり取れば解消されたのに、最近はしっかり寝てもクマが消えない。そんな悩みを抱えていませんか?もしかしたらそれは、睡眠では消えない残念なクマのタイプかも?まずは、自分のクマの種類を確認してみましょう。

3種類のクマの特徴や原因

「クマ」は、おもに3種類に分かれます。まずは、それぞれのクマの特徴や原因を見てみましょう。

・青クマ

 睡眠不足や眼精疲労などによって、目の周りの血行が滞って発生します。ホットタオルで温めることで改善されたりと、比較的対処しやすいクマです。

・茶クマ

 間違ったスキンケアや摩擦、紫外線によって、色素沈着が起きている状態です。目の下だけではなく目の上もカサカサした感じであれば要注意。放置すれば、色が濃くなる恐れも。

・黒クマ

 大きな原因は、加齢です。肌内部のコラーゲンなどの物質が減少することで目の下の皮膚がたるみ、影ができていることで発生します。スキンケアでは改善しづらいのが難点。

【あわせて読みたい】ホットタオル美容がすごい 毛穴・クマ・むくみを全部オフ!

クマを特定する簡単な方法

「自分のクマがどの種類か分からない」そんな方は、以下の方法で特定してみてください。

【STEP1. 目の下の皮膚を軽く引っ張ってチェック】

・クマが薄くなった or 消えた→青クマ
・クマが薄くならない→茶クマ or 黒クマ(→STEP2へ)

【STEP2. 上方向を見てチェック】

・クマが薄くなった or 消えた→黒クマ
・どちらにも当てはまらない→茶クマ

【種類別】クマを消すカラーコンシーラーの選び方&使い方

一度手の甲に取ってから(写真:iStock)
一度手の甲に取ってから (写真:iStock)

 自分のクマの種類が分かったら、いよいよクマに合うコンシーラーのカラーを見ていきましょう。

それぞれのクマを消すカラー

・青クマ……オレンジ・ピンク
・茶クマ……イエロー・ベージュ・オレンジ
・黒クマ……明るめのベージュ・イエロー・オレンジ・パール入り

 コンシーラーというと肌色〜ベージュが多いですが、中にはカラーバリエーションに富んだメーカーもあります。

 また、上記のチェックで、「2つのクマに当てはまってしまった!」と思う方もいるかもしれません。その場合は、オレンジのコンシーラーがおすすめ。比較的全てのクマに対応するため、何かと役立ちます。

厚塗り厳禁!リキッドタイプがおすすめ

 目元の皮膚は薄く動きやすく、メイクがヨレやすい部分。そのため、厚塗りは厳禁!クマの上に優しく線を引くようにコンシーラーを置き、優しく馴染ませましょう。

 柔らかいテクスチャのリキッドタイプがベストですが、スティックタイプしかなければ、一度手の甲などに取って、ブラシや指で少量ずつ乗せていくのがポイントです。

【あわせて読みたい】ニキビが目立たないメイク方法♪ 悪化させずに隠すには?

他のメイクアイテムで代用するなら

 カラーコンシーラーが手元になければ、他のメイクアイテムでカバーするという方法もあります。例えば、青クマ対策に赤いリップを目の下に塗り、肌色コンシーラーを重ねる。茶クマ、黒クマにはカラーコントロールができるイエローやオレンジの下地を使う、など。

 ただし、厚塗りになってしまったり、カバー力に欠けることもあるので、やはり1本カラーコンシーラーを持っておくのが◎。

クマを隠すならカラーコントロールを味方につけて

カラーコントロールを極めて肌の悩みを克服(写真:iStock)
カラーコントロールを極めて肌の悩みを克服 (写真:iStock)

 クマを瞬殺してくれるカラーコンシーラーですが、このようにカラーを活かしたメイク方法って、他にもたくさんありますよね。

 ニキビ跡や赤ら顔をカバーしたいなら「グリーン」、くすみを取り除いて透明感を出したいなら「パープル」や「ブルー」など、化粧品売り場で並んでいるとぎょっとしてしまうような色が、肌の上では悩みをカバーしてくれるなんて不思議です。

 クマをはじめとした大人の肌悩みはカラーで対策!ぜひ、カラーコントロールを極めてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...