「水しゃぶ豚キムチ」お手軽低温調理でしっとりとした食感に

コクハク編集部
更新日:2019-08-23 06:00
投稿日:2019-08-23 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の小料理屋「きになる嫁デラックス」の平野アミさんに、しっとり仕上げる「水しゃぶ豚キムチ」のレシピを教えていただきました。

ぬるめのお湯で肉がシルキーに

合うお酒=ビール(C)コクハク
合うお酒=ビール (C)コクハク

「ポン酢とごまだれを混ぜ合わせて出すしゃぶしゃぶ屋と出合って~、豚だからキムチを合わせたら~、というのがこのソース誕生の由来です」

 ポイントは、豚肉を低温でしゃぶしゃぶすること。今はやりの低温調理ですが、専用の調理器具がなくても家で簡単にできますよ。

 でも、家庭科の授業で習った冷しゃぶは、ぐらぐらと沸いた熱湯に肉を入れ、さらに氷水に入れるというものだったはず……。

「ぬるめのしゃぶしゃぶのほうが肉がやわらかくておいしいというのが私の実感。熱湯地獄から氷地獄に入れるより、なぶりなぶり水から湯にしていく“なぶり殺し調理”のほうが、肉が断然しっとりしますよ」

 そう言われてひと口食べてみると、これまで食べていた冷しゃぶは一体何だったのか! と怒りたくなるくらい肉がソフトでシルキー。まるで生ハムを超えるやわらかさです。

「3口コンロがあれば、真ん中の小さいコンロにかけて、それを監視しながら、他の料理を作るといいと思います。実は私、昔つき合っていた人が、3口コンロで30分以内に5品作れという人で、命がけで料理を覚えたんですよ」

材料

・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 200グラム
・キムチ(ススム君) 2分の1パック

【ソース】

・にんべんのつゆ 大さじ2
・クリーム系のごまだれ 大さじ2
・やさしいお酢 ひとまわし

レシピ

1. 大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、豚ロースしゃぶしゃぶ肉を1枚ずつ広げて水の中で泳がせる。
2. 超弱火にかけ、20分くらい様子を見ながら時々かき混ぜる。
3. 白く濁ってきたら、お湯から引き上げ、余計な水分をそっと絞る。
4. 豚肉を皿に盛り、キムチをのせて、よく混ぜ合わせたソースをまわしかける。

本日のダンツマ達人…平野アミさん

▽ひらの・あみ
 岡山県出身。美容専門学校の通信課程を修了後、ヘアメークをしながらスナックや居酒屋の手伝いをする。映画の製作や広告代理業を経て、合コンをコンセプトにした料理教室を主宰。2017年6月に「きになる嫁デラックス」を開く。

▽きになる嫁デラックス
 JR五反田駅西口から徒歩2分。おふくろの味ではなく、“嫁の味”をコンセプトに、野菜や薬味がたっぷりのヘルシーなおばんざいが日替わりで楽しめる小料理屋。メニューはなく、何軒目の来店かによって料理を適当に見繕ってくれる。
東京都品川区西五反田1―9―3 リバーライトビル地下1階
℡050・3708・0904
月~金=18時~ママ頑張れるまで、土日は会員イベント。不定休。

(日刊ゲンダイ2019年7月4日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...
「ハムとレタスとチーズの生春巻き」おうちで気軽に生春巻き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
「焼いた牛タンのサラダ」バルサミコ酢とバジルでイタリアン
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・上川町のオーベルジュスタイルのイタリアン...