てんこ盛りが美味しい「ザワークラウトのチーズトースト」

コクハク編集部
更新日:2019-09-25 06:00
投稿日:2019-09-25 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワインセラー ローゼンタール」の島田由美子さんに、ボリュームたっぷり「ザワークラウトのチーズトースト」のレシピを教えていただきました。

これぞドイツ版男子のおやつ

合うお酒=スタウト系のビール、軽めの赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=スタウト系のビール、軽めの赤ワイン (C)コクハク

 島田さんいわく「ドイツ的“男子のおやつ”みたいな感じでしょうか」。

 確かに、マスタード、ザワークラウト、ソーセージ、そしてチーズの組み合わせは、ジャーマンドッグのオープンサンド版。合わせるお酒は、これはもうビール以外にはないでしょう。

「のど越しのいいキレのあるドラフト系より、コクのあるクリーミーなスタウト系ビールがいいと思います。小腹がすいた夜中にゆっくり飲みながら食べるイメージですね」

 ザワークラウトもチーズも、こぼれ落ちそうなくらいてんこ盛りにするのがポイントで、「何分焼くとかではなく、チーズの溶け具合やパンの焦げ具合を見て、自分が“おいしそうだな”と感じたときが出来上がりのタイミングです」

 せっかくお酒を飲んでいい気分になっているときに、「油まみれになった手を洗いに席を立つのは嫌なので」とオイルは塗らず、マスタードのみ。自ら「酒飲みですから」と言うだけに、酒飲みの気持ちをしかと心得ていらっしゃいます。

 ソーセージがなければ生ハムでもサラミでも。バゲットがなければ食パンでもお餅でも油揚げでも、家にあるものでいいとのこと。

「つまみは何でもあり。力を抜いて、気張らず作るからこそ楽しいし、おいしいのだと思います」

【材料】

スライスしたバゲット(または好みのパン)  食べたい分だけ
好みのソーセージ
ザワークラウト
とろけるチーズ
粒マスタード
黒こしょう 各適量

【作り方】

1. パンに粒マスタードを塗り、スライスしたソーセージ、ザワークラウト、とろけるチーズの順に好みの量をのせる。
2. トースターまたは200度に予熱したオーブンで10分ほど焼く。チーズが溶けておいしそうな焼き色がついたら、黒こしょうをたっぷりひく。

本日のダンツマ達人…島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ
 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼ワインセラー ローゼンタール
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階 営業時間18時半~23時 日曜・祝日定休 
℡03・3574・8758

(日刊ゲンダイ2017年10月19日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...