「蒸し鍋」ひと手間加えたオリジナルポン酢でプロの味に

コクハク編集部
更新日:2019-10-09 06:14
投稿日:2019-10-09 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は熊本市の創作居酒屋「旬家はちどり」の喰田信治さんに、豚肉の風味をたっぷり味わえる「蒸し鍋」のレシピを教えていただきました。

一晩寝かした“つけだれ”でプロの味に

合うお酒=ビール、サワー(C)コクハク
合うお酒=ビール、サワー (C)コクハク

 地元のりんどうポークを使った蒸し鍋は、はちどりオープン以来続いている看板メニューです。

「熊本の飲食店は地元出身オーナーが多いので、個性のある居酒屋メニューが多いですね」と喰田さん。

 蒸し鍋は野菜から出る水分で食べる頃にはカサが半分に。道具は普通の鍋でも十分。冬場なら前の晩に鍋の具を切って混ぜ、ビニール袋に入れておけば、仕事から帰ってからでもすぐ食べられますよ。野菜を準備するのが面倒なら、カット野菜のパックで代用すれば包丁ナシでOKです。

 味のポイントは、だしの効いたポン酢。今回、自宅で作れるオリジナルポン酢を教えてもらいました。

 煮切ったみりんや昆布、かつおのだしを加えるとグンとプロの味に近づきます。どんな和食にも使える万能ダレなのでまとめて作って冷蔵庫に常備するといいですよ。

【材料】

【鍋の具】
・豚バラ肉 150グラム
・白菜 8分の1
・もやし 4分の1
・しめじ 4分の1パック
・えのき 4分の1束
・まいたけ 4分の1パック
・春菊 4分の1束
・水菜 1株
・ゆずの皮 少々

【ポン酢 1本分】
・市販のポン酢 1本
・煮切りみりん ポン酢の2分の1
・昆布 5センチ1切れ
・かつお節 1パック
・レモンスライス 3枚

▼広口瓶に全部の材料を入れて1晩以上おく。鍋のお供だけでなく、冷ややっこ、サラダなど何でも使えるタレに。

【レシピ】

1. 水菜と豚バラ以外の鍋の具を5センチ程度に切り、ボウルに入れて混ぜ、鍋に高く盛る。
2. 1の上にバラ肉をのせ、一番上に水菜をのせる。
3. フタをして、蒸し鍋用の鍋なら中火で20分、普通の鍋なら弱火で20分で出来上がり。

本日のダンツマ達人…喰田信治さん

▽しょくた・しんじ
 旬家はちどり料理長。1977年生まれ、高校時代の居酒屋アルバイトから料理の道へ。創作和食の店で修業を積み、現在店舗の料理長に就任。開店当初のカラーを保ちつつ、地元の旬な食材を使った、年齢層を問わず好まれるメニュー作りに定評がある。

▽旬家はちどり
 豚肉・馬肉・魚など地元食材を生かした熊本市内の創作居酒屋で、地元リポーターの常盤よしこ氏もオススメの名店。熊本に蒸し鍋を初めてメニューに加えたことでも話題に。市内にグループ店舗の「ナナイロ」「奥ざしき たつのこ」がある。
熊本市中央区下通1―2―10
℡096・355・7818

(日刊ゲンダイ2018年1月31日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...
「ハムとレタスとチーズの生春巻き」おうちで気軽に生春巻き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
「焼いた牛タンのサラダ」バルサミコ酢とバジルでイタリアン
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・上川町のオーベルジュスタイルのイタリアン...