最適な方法は人それぞれ!「遺伝子ダイエット」を試してみた

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2020-08-09 03:23
投稿日:2019-10-11 06:00
 ダイエットの連載を開始してしばらく経ちます。これまで、あらゆる方法を試してみました。思うように体重が減らずに苦戦したり、飽きてしまったり(笑)。本当にダイエットは女性の永遠のテーマですよね。
 巷に飛び交うダイエット方法はさまざま。体重が減った時は、「この方法が自分に合ってる!」と思うけれど、停滞期を迎えると「あの減りようは、何かの勘違いだったのかな?」と迷うことになります。
 これは、主婦であり、二人の幼い兄弟を育てつつダイエットに励む、フリーライター“東城ゆず”のリアルなダイエット記録です。

遺伝子ダイエットを試してみることに

遺伝子ダイエットってなに?(写真:iStock)
遺伝子ダイエットってなに? (写真:iStock)

 ある人は「糖質を極端に減らすとリバウンドする」と話します。また、別のダイエット本には「糖質を大幅にカットして、脂肪から燃やすほうが賢い」と書いてあります。そう、ダイエットのやり方は実に種類が多いのです。

 人は誰一人同じ人はいません。だから、ある人は糖質制限で痩せたとしても、自分がそうだとも限りません。自分に合ったダイエット方法を選ばなければ、ダイエット成功への道のりは辛いものになります。

 当初、プチ断食をした私は、一日に2kg減らすことに成功しました。その後はゆるやかに減り、食べればリバウンド。ダイエットのために走ることがあっても、週によって減らなかったり太ったりします。生きているのですから、同じコンディションとはいかないのでしょう。家族がいるので食べるものも毎日同じわけにはいきません。

 でも、たまに思うことがあります。「自分に適切なダイエットを手っ取り早く知りたい」と。

 以前、介護士をしていた時に、たまたま“遺伝子ダイエット”を同僚の女性から教えてもらったことがあります。その女性は「遺伝子は変えられない」と前置きし、「自分に合ったダイエットを提案してもらえるなんて、助かる!」と笑顔で話していました。さらに、「本当なのか分からないけど、停滞期で辛い時にはやる気アップにつながる!」とも。

 たしかに、私に対して「太った!」と言ってくる夫は、一緒に暮らしていながら「どうして太ったか」を解明してくれません。夫も同じような食生活をしているのに、世間で見れば痩せ型です。

 しかし、夫は私よりよく食べます。「じゃあ、食べているものはそれほど問題ないのかな」と思って運動をしましたが、思ったより痩せない。走るのに不便だから食事を取りたいとは思わなくなったけど、スルスル前のように体重が落ちない。「これは、なんでなんだろう」というモヤモヤ。お手上げ状態になるのです。

 そこで、気分転換も兼ねて、その女性が言っていたDHCの遺伝子ダイエットを試してみました。

【あわせて読みたい】無駄な間食をやめるために…取り入れるべき“痩せる生活習慣”

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...