ダイエットは継続が力なり 食べたくなったら食べてもいい!

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:41
投稿日:2019-09-13 06:00
 介護士をしている時、フリーライターとして活躍している今。どちらも言えることは、私は「食べることが大好き」ということ。私は、ストレスがたまれば食べてしまうんです。食べることは最も手軽なストレス発散方法です。子育てで少し疲れた時でも、食べようと思えばすぐそばに食べ物はあるし、場所も時間も拘束されない。だからこそ、食べるのがいつしか趣味になっていたんだと思います。
 これは、主婦でフリーライターをしている“東城ゆず”のリアルなダイエット記録です。

食べてもいい! 食べ続けなければ

美味しいごはんを食べる幸せ(写真:iStock)
美味しいごはんを食べる幸せ (写真:iStock)

 私は、とにかく食べるのが大好きです。食べ放題にいけば、誰より食べられる自信がある。だからこそ、私のことをみて「気持ちいいくらい食べるね」と多くの人が口にします。昔は、そのぶん動いたりスポーツをしたりしていたけど、家事やや育児に忙しい今はジョギング程度。だから、みるみる太ったのも無理がないと思うんです。

 プチ断食をして2kg痩せたとしても、そのあと食べれば体重は余裕で1kg戻ります。すごく分かりやすい仕組みをしているのが、私たちの体。「食べれば太るし、食べなければ痩せる」ということ。しかし、見てわかる通り、痩せている人と私みたいに太っている人が存在します。

 痩せたり太ったりするのは、こんな簡単な仕組みなのになぜなのか。私なりに、ダイエットをして考えてみたのです。私も人間ですから、こうやって連載をさせてもらっている間にも、さまざまなお付き合いがありますし、食事もとります。全ての交遊を断ち切ったり、好きなものを食べないのは難しいことです。

 実際、連載を始めさせてもらった直後はリバウンドしていましたし、一向に痩せない時もありました。食べることを恐れて絶食したりすると、体が危機感を感じるのか、蓄えようとする不思議な現象も起きます。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...