【豆苗まるごと豚バラ鍋】ごま油はひと工夫で香味アップ!

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-02-13 15:20
投稿日:2020-01-05 06:00

「ごま油香る豆苗まるごと豚バラ鍋」の作り方

カラダにもフトコロにも優しい(写真:ぐっち夫婦)
カラダにもフトコロにも優しい (写真:ぐっち夫婦)

 お手頃価格で栄養もたっぷりの豆苗を1袋まるごと使った鍋です。最後にアツアツの香味ごま油を回しかけて風味よく!

【材料(2~3人分)】

豚バラ肉 300g
豆苗 1袋
白菜 1/8個
にんにく ひとかけ
キムチ 200g
しいたけ 2個
絹豆腐 1/2丁
酒 大さじ1
水 600ml
鶏ガラスープの素 小さじ2
ごま油 大さじ2~3
いりごま 小さじ1

豆苗は2回に分けて投入しよう

ドーナツをイメージして…(写真A:ぐっち夫婦)
ドーナツをイメージして… (写真A:ぐっち夫婦)

【作り方】

1. 豆苗は根を切り落として半分に切る(葉のついた部分と茎の部分と分けて使います)。豚バラ肉は酒をもみ込む。しいたけは薄くスライスし、白菜、豆腐は一口大に切る。
2. 鍋に白菜を入れる。その上に、キムチ、しいたけ、豆腐、豚肉を中央を開けてドーナツ状にのせる(写真A)。そして中央に豆苗の茎の部分を入れる。葉のついた上部は後で加えます。
3. 水に鶏ガラスープの素を溶かして鍋に入れ(写真B)、火にかけ、蓋をする。別の小鍋にごま油、つぶしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出るまで熱する。
4. 全体に火が通ったら、3の鍋に残りの豆苗を加えて蓋をする。しんなりしたら蓋を開け、小鍋のごま油といりごまを回しかけて出来上がり。

葉っぱの部分はまだ入れないでね(写真:ぐっち夫婦)
葉っぱの部分はまだ入れないでね (写真:ぐっち夫婦)

【ポイント】

・豆苗は2回に分けて入れます。茎の部分を先に加熱し、後から葉の部分を加熱することでバランスよく火を入れることができますよ。
・〆は中華麺、とろけるチーズがおすすめ!
・お好みでみそを入れても♪

  ◇  ◇  ◇

今回のコクハクめしはいかがでしたでしょうか。

辛い味がお好みの方はラー油をチョイ足して“味変”を楽しんでも。ぜひこの冬に作ってみてくださいね~!

 では、また次回「切り干し大根とハムのごまマヨ和え」でお会いしましょう♪

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...