化粧水はコットンと手のどっちがいい? 肌の水分量UPの方法

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 06:44
投稿日:2019-11-26 06:00
 洗顔後に化粧水を付ける時、コットンでつけるか、手でつけるか迷ったことがある方は多いでしょう。実際のところ、どちらが正解なのでしょうか? そこで今回は、それぞれのメリット&デメリットについて確認しながら、化粧水のつけ方をお伝えします。

コットンと手、化粧水が馴染みやすいのはどっち?

化粧水どうやってつけてる?(写真:iStock)
化粧水どうやってつけてる? (写真:iStock)

 さっそく、結論から見ていきましょう。化粧水をつける時、コットンと手のどちらが良いのでしょうか?

答えは「どちらも正解!」

 リサーチしてみたところ、さまざまな説がありました。コットンの方が良いという意見が優勢のようですが、最終的な答えは「どちらも正解!」のようです。要は好みの問題なんですね。

大切なのはしっかり浸透させる方法を知ること

 コットンを使うにせよ、手でつけるにせよ、どちらにしても大切なのは化粧水をしっかり浸透させる方法を知ること。肌の表面の角質層は、なんと約0.02mmくらいの厚さ。さっと塗ったり、ゴシゴシとつけたら肌に負担がかかってしまうため注意が必要です。

コットンと手、それぞれのメリット&デメリット

どっちも正解! だけど違いが…(写真:iStock)
どっちも正解! だけど違いが… (写真:iStock)

 化粧水をつける時、コットンでも手でもどちらでも良いものの、実はそれぞれにメリット&デメリットがあるんです。

コットンのメリット&デメリット

【メリット】
・清潔に使える
・塗りムラが起こりにくい

【デメリット】
・正しく使用しないと肌に負担がかかりやすい
・肌に繊維が残ることがある
・費用がかかる

手でつけるメリット&デメリット

【メリット】
・肌のコンディションを把握しやすい
・化粧水の無駄がない

【デメリット】
・塗りムラが起こりやすい
・手を清潔する必要があるため手間がかかる

【あわせて読みたい】乳液でメイク直しを! たった5分でできるツヤ肌キープ方法

化粧水をコットンでつけるなら? 浸透率アップのポイント

適量を含ませることを忘れない(写真:iStock)
適量を含ませることを忘れない (写真:iStock)

 化粧水をコットンでつける時、なんとなくつけている方は多いと思います。でも、コットンは使い方によって浸透率をぐんとアップさせることができるんですよ。

正しく持つ

 コットンをよく見てみると、繊維が入っているのが分かるでしょう。縦横の長さが長い方に向かって繊維が流れているため、逆らわないように繊維に合わせて肌を滑らせるようにしましょう。持ち方は中指、薬指にコットンを乗せて、人差し指、小指で挟むようにします。

化粧水を適量含ませる

 コットンを使う時の一番大きなリスクは、摩擦による肌への負担でしょう。そのため、化粧水をコットンに出す時には、必ず適量を含ませるようにすることが肝心です。各メーカーによって「適量」は違いますが、化粧水であれば500円玉の大きさよりもやや大きめに乗せるのが基本です。

手を使うなら? 塗りムラがなくなるポイント

まずは手を清潔にしてから(写真:iStock)
まずは手を清潔にしてから (写真:iStock)

 手でつけたい派なのであれば、いくつかのポイントを守って行うことが大切。塗りムラを防ぐポイントを見ていきましょう。

手を清潔にしてからスキンケアを始める

 スキンケアを始める前に、手を清潔にするのは必須!手には見えない細菌がたくさんいます。化粧水をつけるのではなく、細菌をつけてしまっては元も子もありません。

 ちなみに、これは洗顔を行う時も同じ。洗顔料をつける前に、まずはハンドソープなどで手を清潔にしてから洗顔をするようにしましょう。

繰り返して重ね付けを行う

 手で化粧水をつけると、塗りムラが起こりやすいのが難点。そのため、さっとつけるのではなく、繰り返して重ね付けを行うようにしましょう。

 顔の中心から外側に、化粧水を少しずつ馴染ませていくことが大切です。まぶたなど細かい部分は、塗り残しがないように丁寧につけます。頬や顎など乾燥しがちなところは、2、3度重ね付けをしても良いかも。また、手の温もりで化粧水の成分を浸透させる「ハンドプレス」もおすすめですよ。

【あわせて読みたい】ハンドプレス美容でもち肌 プチプラ化粧水でも確実に変わる

好きな方を選んで♪ 正しく化粧水を付けよう

正しく使って調子のいい肌をキープ♪(写真:iStock)
正しく使って調子のいい肌をキープ♪ (写真:iStock)

 コットンでつけるにしても、手でつけるにしても、大切なのは正しく化粧水を肌に浸透させること。化粧水よりも美容液や乳液に重きを置く方は多いですが、洗顔後に乾燥しがちな肌を整えるためにも、化粧水で潤いを与えることが重要なんです。

 ぜひ、ご紹介したポイントに注意して、化粧水での保湿を十分に行ってから次のスキンケアアイテムを使用するようにしてくださいね。

ビューティー 新着一覧


夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...