化粧水はコットンと手のどっちがいい? 肌の水分量UPの方法

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 06:44
投稿日:2019-11-26 06:00
 洗顔後に化粧水を付ける時、コットンでつけるか、手でつけるか迷ったことがある方は多いでしょう。実際のところ、どちらが正解なのでしょうか? そこで今回は、それぞれのメリット&デメリットについて確認しながら、化粧水のつけ方をお伝えします。

コットンと手、化粧水が馴染みやすいのはどっち?

化粧水どうやってつけてる?(写真:iStock)
化粧水どうやってつけてる? (写真:iStock)

 さっそく、結論から見ていきましょう。化粧水をつける時、コットンと手のどちらが良いのでしょうか?

答えは「どちらも正解!」

 リサーチしてみたところ、さまざまな説がありました。コットンの方が良いという意見が優勢のようですが、最終的な答えは「どちらも正解!」のようです。要は好みの問題なんですね。

大切なのはしっかり浸透させる方法を知ること

 コットンを使うにせよ、手でつけるにせよ、どちらにしても大切なのは化粧水をしっかり浸透させる方法を知ること。肌の表面の角質層は、なんと約0.02mmくらいの厚さ。さっと塗ったり、ゴシゴシとつけたら肌に負担がかかってしまうため注意が必要です。

コットンと手、それぞれのメリット&デメリット

どっちも正解! だけど違いが…(写真:iStock)
どっちも正解! だけど違いが… (写真:iStock)

 化粧水をつける時、コットンでも手でもどちらでも良いものの、実はそれぞれにメリット&デメリットがあるんです。

コットンのメリット&デメリット

【メリット】
・清潔に使える
・塗りムラが起こりにくい

【デメリット】
・正しく使用しないと肌に負担がかかりやすい
・肌に繊維が残ることがある
・費用がかかる

手でつけるメリット&デメリット

【メリット】
・肌のコンディションを把握しやすい
・化粧水の無駄がない

【デメリット】
・塗りムラが起こりやすい
・手を清潔する必要があるため手間がかかる

【あわせて読みたい】乳液でメイク直しを! たった5分でできるツヤ肌キープ方法

化粧水をコットンでつけるなら? 浸透率アップのポイント

適量を含ませることを忘れない(写真:iStock)
適量を含ませることを忘れない (写真:iStock)

 化粧水をコットンでつける時、なんとなくつけている方は多いと思います。でも、コットンは使い方によって浸透率をぐんとアップさせることができるんですよ。

正しく持つ

 コットンをよく見てみると、繊維が入っているのが分かるでしょう。縦横の長さが長い方に向かって繊維が流れているため、逆らわないように繊維に合わせて肌を滑らせるようにしましょう。持ち方は中指、薬指にコットンを乗せて、人差し指、小指で挟むようにします。

化粧水を適量含ませる

 コットンを使う時の一番大きなリスクは、摩擦による肌への負担でしょう。そのため、化粧水をコットンに出す時には、必ず適量を含ませるようにすることが肝心です。各メーカーによって「適量」は違いますが、化粧水であれば500円玉の大きさよりもやや大きめに乗せるのが基本です。

手を使うなら? 塗りムラがなくなるポイント

まずは手を清潔にしてから(写真:iStock)
まずは手を清潔にしてから (写真:iStock)

 手でつけたい派なのであれば、いくつかのポイントを守って行うことが大切。塗りムラを防ぐポイントを見ていきましょう。

手を清潔にしてからスキンケアを始める

 スキンケアを始める前に、手を清潔にするのは必須!手には見えない細菌がたくさんいます。化粧水をつけるのではなく、細菌をつけてしまっては元も子もありません。

 ちなみに、これは洗顔を行う時も同じ。洗顔料をつける前に、まずはハンドソープなどで手を清潔にしてから洗顔をするようにしましょう。

繰り返して重ね付けを行う

 手で化粧水をつけると、塗りムラが起こりやすいのが難点。そのため、さっとつけるのではなく、繰り返して重ね付けを行うようにしましょう。

 顔の中心から外側に、化粧水を少しずつ馴染ませていくことが大切です。まぶたなど細かい部分は、塗り残しがないように丁寧につけます。頬や顎など乾燥しがちなところは、2、3度重ね付けをしても良いかも。また、手の温もりで化粧水の成分を浸透させる「ハンドプレス」もおすすめですよ。

【あわせて読みたい】ハンドプレス美容でもち肌 プチプラ化粧水でも確実に変わる

好きな方を選んで♪ 正しく化粧水を付けよう

正しく使って調子のいい肌をキープ♪(写真:iStock)
正しく使って調子のいい肌をキープ♪ (写真:iStock)

 コットンでつけるにしても、手でつけるにしても、大切なのは正しく化粧水を肌に浸透させること。化粧水よりも美容液や乳液に重きを置く方は多いですが、洗顔後に乾燥しがちな肌を整えるためにも、化粧水で潤いを与えることが重要なんです。

 ぜひ、ご紹介したポイントに注意して、化粧水での保湿を十分に行ってから次のスキンケアアイテムを使用するようにしてくださいね。

ビューティー 新着一覧


外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...
デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった
「デリケートゾーンがなんだか臭う……」「周りにバレないかな……」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。デリケート...
私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女...
ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッション...
紗栄子風"ふんわりいい香りがしそう”な女を目指す3アイテム
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
男性が好きな服ってどんな服?選ぶポイント&季節別コーデ例
 男性とのデートが決まったら「どんな服を着ていこう?」と、悩む女性は多いでしょう。洋服によって彼に与える印象も変わってき...