顔のテカリを徹底排除!原因や対処法を知ってサラサラ肌に♪

コクハク編集部
更新日:2020-02-12 20:14
投稿日:2020-02-12 06:00
 メイクしたてはサラサラ肌なのに、時間が経つと顔がテカリ始める……こんなお悩みありませんか? 顔のテカリはある程度仕方がないことだと思っているかもしれませんが、実は、徹底的に予防することができるんです。そこで、原因や対処法を詳しく見ていきましょう。

顔のテカリのおもな原因

もしかしてテカってる…?(写真:iStock)
もしかしてテカってる…? (写真:iStock)

 対処法をチェックする前に、まずは顔のテカリの原因を押さえていきましょう。

皮脂の過剰分泌

 そもそも顔は、皮脂が出る「皮脂腺」が多い場所。皮脂というと、テカリや肌荒れの原因だと嫌なイメージしかないかもしれませんが、しかし、皮膚を乾燥から守るためには欠かせないものでもあります。

 しかし、問題はその量。皮脂が過剰に分泌されると、どうしてもテカリが発生しやすくなるのです。

・ホルモンバランス

「生理前になると、テカリやニキビなどの肌荒れが目立つ」と感じたことがある方は多いでしょう。これは、皮脂の分泌を活発にする「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌が多くなるからだと言われています。

 ほかにも、生活習慣の乱れによって男性ホルモンが増えたりすることでも、皮脂の過剰分泌は起こりやすくなります。

・ストレス

 ストレスを感じると、自律神経が乱れることによって皮脂の過剰分泌が起こることがあります。これは、自律神経の「交感神経」が優位に働くことによって、起こる現象です。

 交感神経とは、活動をしている時や緊張時に活発に働く神経。同時に男性ホルモンの分泌を促すため、ストレスが多い時や緊張を感じた時に顔がテカリやすくなるとされています。

乾燥

 肌の乾燥もテカリの大きな原因になります。外気が乾燥して肌の水分量が少なくなると、体は肌を乾燥から守ろうと、皮脂を過剰に分泌させます。

 また、乾燥は秋冬だけ起こるものではありません。夏、冷房の効いている部屋で一日中過ごしていると肌がカサカサになり、同じく皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。

 この際に、あぶらとり紙や洗顔でまめに皮脂を取り除いてしまうと、さらに皮脂の分泌が過剰になることもあります。

テカリ知らずの肌になるには? 効果的な6つの対処法

化粧下地を変えてみる(写真:iStock)
化粧下地を変えてみる (写真:iStock)

 テカリのおもな原因が分かったら、あとは予防をするだけ!効果的な6つの対処法をお伝えしていきます。

1. 洗顔を見直す

 スキンケアの基本である「洗顔」を見直すことは、テカリ対処法にはなくてはならない要素です。

 特に注意したいのが、洗顔をやりすぎないこと。テカリが気になるからといって、1日に何度も洗顔を行ってしまうと皮脂を取り除きすぎてしまい、さらに皮脂が過剰分泌されるという悪循環に。1日2回までを目安にしましょう。

 また、熱いお湯で洗顔を行うのもNG。少し冷たいかなと思うくらいのぬるま湯で、洗い流すようにしましょう。

2. 保湿をしっかりと行う

 化粧水→美容液→乳液→クリームの順にスキンケアを行うのは基本として、テカリ対策として一番大切なのは、洗顔後は間髪入れずに化粧水を使用することでしょう!時間が経つほど、肌は乾燥して皮脂が分泌され始めてしまいます。

 また、クリームは乾燥が特に気になる部分にだけ使うのも有効です。オイリー肌の方は、クリームの量を少なめにしてみると、テカリが軽減されるはず。

3. 収れん化粧水を使用する

 皮脂の分泌が気になる方は、収れん化粧水をスキンケアに取り入れるのもおすすめ。収れん化粧水とは、皮脂分泌をコントロールして、毛穴を引き締める成分が配合された化粧水のこと。

 コットンに化粧水をひたして、パックを行うのも有効です。ただし、乾燥肌気味の方は、保湿不足になってしまう可能性もあるため、保湿ケアを十分に行うことも大切ですよ。

4. あぶらとり紙を使いすぎない

 メイク後のテカリを抑えるためにあぶらとり紙を使用している方は多いと思いますが、使いすぎると皮脂を取りすぎてしまい、かえって皮脂の分泌を激しくしてしまう可能性があります。Tゾーンなど気になる部分だけ、適度に皮脂を取るようにしましょう。

 また、あぶらとり髪を使った後には、乾燥予防に保湿効果のあるミストをシュッと吹きかけることが肝心。新たに分泌される皮脂を抑えることができます。

【あわせて読みたい】あぶらとり紙よりティッシュが優秀!肌に優しい皮脂オフ方法

5. 化粧下地をテカリ防止効果のあるものに変える

 メイク時のテカリが気になるのであれば、化粧下地をテカリ防止効果のあるものに変えるのも有効でしょう。皮脂の過剰分泌を防ぐ仕様になっているため、時間が経ってもテカらずに崩れにくくなります。

「テカリ防止」「皮脂崩れ防止」とパッケージに書いてあるものをチェックすると良いですよ。

6. 脂質を控える

 テカリが気になる方は、食べ物の脂質を摂りすぎている可能性もあります。ファーストフードや揚げ物類は美味しいものの、皮脂の分泌を多くしてしまうため注意が必要。

 どうしても食べざるを得ない場合には、皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB2を摂るのもおすすめです。レバーや牛乳、魚、卵など、身近な食材に含まれているため、積極的に摂取すると良いでしょう。

テカらない肌は作れる! 普段の生活習慣にも気をつけて

食事を見直してみることもオススメ(写真:iStock)
食事を見直してみることもオススメ (写真:iStock)

 テカリ知らずの肌は、全ての女性の憧れ! でも、スキンケアやメイクの時にちょっと工夫をするだけで、テカリを抑えることって可能なんです。

 とはいえ、皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因が絡んでいることも事実。普段の生活習慣を整えることも、もちろん健康な肌を作る上では見過ごせないことでしょう。

 ぜひ、できることからテカリ予防を始めてみてくださいね。

ビューティー 新着一覧


キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...
ツヤとテカリの違いって?ツヤ肌を作るコツ&テカリの対処法
「ツヤ」と「テカリ」は似ているようで全く別物。二つの違いを理解していないと、ツヤ肌を作っているつもりが残念なテカリ肌に仕...
頭皮ブラッシングで美髪に♡ 正しいやり方&ケア時の注意点
 毎日のヘアケアで欠かせない、ブラッシング。実は、髪の毛だけではなく、頭皮もしっかりブラッシングすることが健康な髪の成長...