メガネ美人はモテる! 今すぐ真似したい6つの特徴&目指し方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-09 06:00
投稿日:2020-03-09 06:00
 ファッションアイコンの1つにもなっている「メガネ」。あなたは、上手に使いこなしていますか? メガネは知的でミステリアスな雰囲気をプラスしてくれるため、女性にとってはメリットの多いアイテムなんです。
 そんなメガネを使った美人度の上げ方を、今回はレクチャーします!

真似したい! メガネ美人の6つの特徴をチェック!

メガネ美人に憧れる(写真:iStock)
メガネ美人に憧れる (写真:iStock)

 以前は“メガネ女子”というと「モテない」「ダサい」といったイメージが強くありました。しかし、最近ではファッションとして、メガネを上手に取り入れるモテ女子が増えています。そんな「メガネ美人」の特徴をチェックしていきましょう!

1. 鼻筋がすっとしている

 メガネ美人は、メガネを綺麗に使いこなしています。その魅力として、すっと通った鼻筋は外せない特徴でしょう。

 高い鼻筋があると、メガネに強い印象が残りません。メガネのフレームに負けることがないため、フレームが浮くこともなくかけることができます。

2. 目元が印象的

 メガネをかけると、どうしてもメガネの印象が強くなってしまうもの。しかし、メガネ美人はその印象をなくしてしまうくらい、魅力的な目元をしています。

 目が大きくてぱっちりとした人は、メガネをかけることでより目元を強調することができ、印象的な目元を作り出しています。対して、目がつぶらで小さな人はメガネをかけることで目の小ささをカバーし、目元の印象を強くしています。

3. 自分に似合うフレーム選びができている

 メガネ美人は視力に合うメガネを選ぶのはもちろん、自分に似合うフレームを選ぶことができます。輪郭や雰囲気に合ったものを選ぶことで、もともと持つ自分の顔の魅力をさらにアップさせるのです。

4. メイクは控えめ

 外出の際にメイクをする女性は多いでしょう。しかし、肌トラブルを抱えていたり、コンプレックスを隠そうとするほど、メイクは濃くなり、崩れやすくなります。

 その点、メガネ美人は控えめのメイクが特徴です。ベースメイクから薄付きのため、メガネを外してもメイク崩れが目立ちません。そのため、常にメイクしたての状態をキープすることができるのです。

5. メガネとヘアスタイルの相性が抜群

 メガネ美人は、ヘアスタイルにもこだわりを持ちます。どんな髪の長さであっても顔周りを上手に髪の毛でサポートしており、メガネが似合うスタイルをキープしています。

 メガネだけが目立つわけでもなく、ヘアスタイルが浮くわけでもなく、抜群のバランスを保つことができるのも、メガネというアイテムの魅力かもしれませんね。

6.清潔感を感じる

 清潔感を感じる人が多いのもメガネ美人の特徴でしょう。メイクがナチュラルなこともあり、派手な印象がありません。

 物静かで知的な印象を醸し出せることが、より清潔感を引き立たせているのでしょう。老若男女問わず、好印象を持たれるタイプの方が多いようです。

メガネ美人を目指すには? 3つのポイント

迷った時には店員さんに意見を聞いてみて(写真:iStock)
迷った時には店員さんに意見を聞いてみて (写真:iStock)

 メガネ美人は男性からのウケも良く、モテる女性が多いのも特徴的です。では、どうすれば憧れのメガネ美人に近づけるのでしょうか?

1. 自分にあったメガネフレームを選ぶ

 メガネ美人になるためには、何よりも自分に合ったメガネフレームを選ぶことが重要です。もともと美人であっても似合わないフレームを選んでしまうと、台無しになることも。

 メガネフレームを選ぶ際のポイントは、やはり実際にかけてみることが大切です。「好きなデザインだから」「おしゃれなモデルさんがかけているから」という理由で選んでしまうと、似合わないフレームを選んでしまう可能性があります。

 好きなデザインではなく、似合うデザインを探すようにしましょう。迷った時には店員さんに客観的な意見を聞くことがおすすめです。

2. メイクはナチュラルに

 メガネ美人を目指すのであれば、ナチュラルメイクが基本。ベースメイクから、薄付きを意識しましょう。

 メガネに負けないように目元を協調したい気持ちは分かりますが、濃すぎるメイクはメガネに不釣り合いです。アイライン、アイカラーはフレームのカラーや雰囲気に合わせることで、バランスの取れたメイクに仕上げることができるでしょう。

 また、眉毛はメガネのフレームの形に合わせてバランスを考える必要があります。眉を描く際には、メガネをかけた時の仕上がりもチェックしましょう。 

3. メガネの雰囲気を壊さないファッション

 メガネ美人は、なんといっても知的な印象が魅力。この魅力を出すためには、ファッションにも気を使う必要があります。

 どんなにナチュラルメイクをしても、派手でけばけばしいファッションでは知的感を出すことはできません。洋服を選ぶ際には、メガネとの相性を考えて選ぶことが必要です。

見かけ倒しじゃない!知的メガネ美人を目指して♪

自分磨きも大切です!(写真:iStock)
自分磨きも大切です! (写真:iStock)

 ミステリアスで知的な印象に映る「メガネ美人」は、なんだか魅力的に感じるもの。そんなメガネ美人を目指すのであれば、外側だけでなく内側も磨いていく必要があるでしょう。

 自分にぴったりのメガネが選べたら、次は内側磨きを。「知的な女性だと思ったら、中身がない」なんて見かけ倒しと思われないためにも、自分磨きに励むことも大切かもしれませんね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


天然ヘアカラー剤「ヘナ染め」の末路は? 知っておくべきデメリット5つ
 おしゃれのためのヘアカラーと必要に迫られてする白髪染め、どちらもアラフォーにはおなじみです。こんなに続けて髪が傷まない...
U-2200円!美容家も納得の香りグッズ3選、おセンチ&悩める秋の夜長に
 夏が終わって秋が訪れると「秋の夜長」を楽しむ人もいる一方で、なんとなく心細い気持ちになって、くよくよと悩んでしまうとい...
台風による体調不良、気象病かも!?【専門家監修】すぐに試せる対処法
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
時間1分ください!唇ぷっくり血色リップは「6V」チョイ塗りから3工程
 リップメイクは、唇に色がついて「血色感」さえあればいい、と思っていませんか? それで十分といえば十分でもありますが、短...
お疲れ頭皮&髪にオレンジシャンプーがグッジョブ 時短美容家が惚れた2品
「オレンジシャンプー」って、聞いたことはありますか?  文字どおり柑橘の「オレンジ」にまつわる成分を使っていて、洗い心...
Amazonで酷評の✩1.9「毛穴ステルス隔離棒」で40女の肌に奇跡が…!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
薄い・強すぎ・不揃い!20代が見たアラフォーの「残念な眉毛3選」
 いよいよ秋ですね〜。この時期、アラフォー世代の眉毛メイクには注意が必要です。  というのも年齢を重ねるごとにメイ...
40代女が眉毛パーマ初体験!細くなった眉毛をどうにかした話
 以前、眉毛迷子を解決するべく流行りのアイブロウアイテムに刷新した話を書きました。  購入したアイテムのおかげで、...
春じゃないのに鼻ぐじゅ…「秋の花粉症」におすすめの対策【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容の達人いわく「牛乳の一滴は血の一滴!」真似っこするかはあなた次第
 女性なら、いつでも綺麗でいたいですよね。「美は1日にしてならず」というように、本当に美を追求している人の中には、24時...
【ダイソー】メイクブラシクリーナーが優秀な件!ぬるま湯が濁ってきた…
 メイクする人の必需品、メイクブラシクリーナーはどんなものを使っていますか? ネットで検索してみると、安いもので1000...
若い頃の自分を褒めてあげよ!40代女がやってよかったと思う美容法4つ
 美は1日にしてならず。スキンケアやボディメイクなどの美容は、やったその場で効果を感じられるのではなく、毎日の蓄積により...
栗5粒で白米一膳!? 高カロリー注意、太りやすい秋の味覚とおデブ回避術
 おいしい、そして危険な季節がやってきてしまいました……。秋といえば、ほくほくもっちり、ジューシーなおいしい食べ物がたく...
顔より目立つ!? 手の老化防止法3つ、しわしわおばあちゃんにはまだ早い
 40代女性で、顔に対してのアンチエイジングはしっかりしていても、手のケアを怠っている人は多いはず。でも実は手は人の目に...
朝起きたら髪の毛ボンバー!「ヘンテコ分け目&ガンコな寝癖」の直し方
 朝起きたら、髪の毛の分け目がおかしいうえに寝癖でグシャグシャ。そんなときに簡単&時短でできる、分け目と寝癖の直し方を紹...
UNIQLOよりお高めだけど?「ココピタ」で“靴下ズレ不快”は解消なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...