肩にコンプレックスがあるなら…春のトップス選びのコツ6選

七海 ライター
更新日:2020-02-23 06:00
投稿日:2020-02-23 06:00
 暖かい季節になり、ショーウィンドウのマネキンが着ている色、素材も軽やかなものに変わり……となると、春物の買い物が楽しい季節の到来ですね。
 とはいえ、“肩のシルエット”にコンプレックスがある女性も少なくありません。「肩幅がしっかりめで」「なで肩が目立つから」という女性のコンプレックス別に、似合うトップスの選び方をご紹介します。

なで肩の人が似合うトップスは?

フレンチスリーブでシルエットを曖昧に(写真:iStock)
フレンチスリーブでシルエットを曖昧に (写真:iStock)

 華奢に見えるというメリットもありますが、肩幅が狭く「服に着られている」感があるなで肩さん。そんな人に似合うトップスをご紹介します。

ハイネックノースリーブ

「なで肩が際立つからノースリーブは鬼門……」と避けている人も多いですが、ネック部分がコンパクトで鎖骨が隠れるノースリーブやハイネックノースリーブは肩のラインがスッキリきれいに見えるため、なで肩さんにも似合うのでおすすめです。ただ、鎖骨や胸元をガッツリ出してしまうとなで肩が際立つので注意。

フレンチスリーブ

 袖部分がふわっとしてシルエットがカバーされるので、なで肩が隠れるすぐれものです。ただし、伸縮性がある素材やサイズが小さいものだとかえってなで肩のシルエットを拾ってしまうので、シフォンなどふわっとしたシルエットがおすすめです。

ボートネック

 なで肩さんは浅めの襟元のものが似合います。鎖骨が程よく隠れるボートネックは動いても型くずれしにくいですし、きちんと感を出せるため、通勤服にもおすすめです。

 逆に鎖骨が大きく見えるスクエアネックやオフショルダーは避けたほうがベター。特に、オフショルダーはデザインによっては肩からずり落ちてしまいがちなので、着るときは気をつけましょう。

肩幅広めさんに似合うトップスは?

オフショルダーで思い切って出してみるのもあり!(写真:iStock)
オフショルダーで思い切って出してみるのもあり! (写真:iStock)

「水泳してたことあるでしょ」なんて言われることが多い、肩幅広めさん。 肩幅が広いとがっしりして見えがちですが、工夫次第で肩を小さくほっそり見せることができます。

ドロップショルダー

 肩が落ちているシャツやブラウスは、女性らしい華奢なシルエットに演出してくれます。普通のシャツやブラウスもスキッパーシャツのように着こなすことで、“なんちゃってドロップショルダー”にできます。

 ボタンを開けすぎると「着こなし」から「着崩れ」になりだらしなく見えてしまうので、露出具合は加減しましょう。レース付きインナーを入れて露出をカバーするのもおすすめです。

オフショルダー

 ついつい隠しがちですが、思い切りだすと意外とコンプレックスは目立たなくなる、というのはよくある話。顔の大きさを気にしてサイドの髪で一所懸命隠すとかえって強調されるのと同じで、肩幅を気にして肩を隠す服ばかり着ていると逆に目立ってしまいます。

 すっきりと出すと、肩幅の広さで小顔効果も狙えますし、おすすめです。肩紐があるタイプよりも、肩やデコルテすべてが見えるタイプのオフショルダーがベター。

ドルマンスリーブ

 ドルマンスリーブは肩から二の腕にかけてふんわり、ゆったりとしたシルエットなので、肩幅の広さが目立たなくなります。どこまでが肩なのか、境目が曖昧になるんです。Vネックやボートネックのものを選ぶとより華奢見えします。

終わりに

服選びの参考になりますように(写真:iStock)
服選びの参考になりますように (写真:iStock)

 骨格もあるので、ダイエットや筋トレだけではなかなか変えづらい”肩のシルエット”。けれど、ファッションを味方につけることで、コンプレックスを和らげることもできます。ぜひ、春物を買うときに参考にしてみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...