「ビーフテプス」エチオピアの肉野菜炒めはニンニクが決め手

コクハク編集部
更新日:2020-05-24 06:00
投稿日:2020-05-24 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂のアフリカ料理店「SAFARI」のワンダサンさんに、ニンニクが効いた「ビーフテプス」のレシピを教えていただきました。

ニンニクはみじん切りで風味を生かす

合う酒=ビール、赤ワイン(C)コクハク
合う酒=ビール、赤ワイン (C)コクハク

 ワンダサンさんの出身地エチオピアで「ビーフテプス」とは、牛肉を使った肉野菜炒めのこと。現地ではヤギや羊、鶏など、いろいろな肉を使用しますが、簡単なおツマミなら牛が一番だそうです。

「店では、オリジナルスパイスで漬け込んだラムと野菜を合わせる炒め物も人気ですが、牛肉ならその手間がいらず調理が楽ですから」

 日本で肉野菜炒めというと、キャベツとモヤシ、ニンジンなどを中心に、店や家庭によってはニラやキノコ類なども一緒に肉と炒めます。五目や八宝菜に近いですが、エチオピア風肉野菜炒めは至ってシンプル。

「合わせる野菜はタマネギとピーマンだけ。十分おいしいですよ」

 なるほど、一口食べると、味の決め手はニンニク! しっかりと細かくみじん切りにすることで、ニンニクの風味がそれぞれの食材によく絡んでいます。その味を補強するのが、ほんの少しの塩とコショウです。ビールに最適。赤ワインでもいいですね。

「フライパンを熱して油を張ったら、肉とタマネギは一緒に炒めるくらいの感覚で、フライパンを振りながら、サッとニンニクと塩を絡ませるのがコツだね」

 家庭で一般的な肉野菜炒めは、肉に片栗粉をまぶしたり、仕上げにとろみをつけたりして、味を絡みやすくします。それをせず、タマネギの甘味とニンニクの風味、そして塩味を一気に炒めて絡めるのです。

「火が通りやすいピーマンは、タマネギが透き通ってから加えればいいよ。炒め過ぎると肉が硬くなるし、ピーマンの食感も悪くなるから」

【材料】

・牛肉 150グラム
・タマネギ 半分
・ピーマン 1個
・ニンニク 1片
・塩 少々
・コショウ 少々
・サラダ油 大さじ1

【レシピ】

(1)牛肉はこま切れ肉を一口大に切り、タマネギはクシ切り、ピーマンは種をとって乱切りに。ニンニクは細かくみじん切りにする。
(2)熱したフライパンにサラダ油を張り、牛肉とタマネギを炒める。塩とニンニクを加えて手際よくフライパンを振る。
(3)タマネギが透き通ってきたらピーマンを加える。仕上げに好みでコショウを振って出来上がり。

本日のダンツマ達人…ワンダサンさん

▽ワンダサン
 エチオピア出身。東京・新宿のアフリカ料理店「ローズ・ド・サハラ」で腕を磨き、2008年2月に独立。「お母さんに時々送ってもらう」というエチオピアのミックススパイス「バルバル」を巧みに使用する料理で、スパイス好きをうならせる。

▽SAFARI
 ワニやダチョウ、カンガルーなどアフリカならではの食材もメニューに並ぶが、野菜たっぷり、油控えめのヘルシー調理。特に「ドロワット」は、タマネギとチキンのみのシンプルなカレーながら、複雑な味が印象的でランチの看板メニュー。東京都港区赤坂3―13―1 ベルズ赤坂2階。

(日刊ゲンダイ2018年6月20日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフランス料理店「サロン・ド・テ アン...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草のフレンチ「ガンゲット・ラ・シェーブル...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・築地の「そば処 築地長生庵」の松本憲明さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・荻窪のフレンチ「Petit」の千葉良太さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草のフレンチ「ガンゲット・ラ・シェーブル...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回はミシュランの「ビブグルマン」にも選ばれた、東京・...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフランス料理店「サロン・ド・テ アン...
FILM
 在宅ワークが増えているため、自炊する機会も多くなったのではないでしょうか? そこでぐっち夫婦が在宅ワークにぴったりのご...
ぐっち夫婦 2020-05-24 06:00 フード
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草のフレンチ「ガンゲット・ラ・シェーブル...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・荻窪のフレンチ「Petit」の千葉良太さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の居酒屋「さかなとお酒 うぉんたな」...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回はミシュランの「ビブグルマン」にも選ばれた、東京・...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・池之端の創作ビストロ「Cise」の宮武郁弥...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフランス料理店「サロン・ド・テ アン...
FILM
 目に見えないウイルスとの闘いで“コロナ疲れ”を引き起こす人が増えているといいます。なかには外食ができないためストレスが...
内埜さくら 2020-05-17 06:00 フード
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂のアフリカ料理店「SAFARI」のワン...