在宅ワークごはんを応援#2 鮪とアボカドのアヒポキプレート

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-06-22 14:25
投稿日:2020-06-07 06:00
 前回の記事では在宅ワークごはんシリーズの「丼もの編」ということで、プルコギ丼をご紹介しました。作ったよ~というお声もたくさんいただきました! 今回は「ワンプレート編」、カフェ風ワンプレートごはんをご紹介します。
カフェごはん、いただきます!(写真:ぐっち夫婦)
カフェごはん、いただきます! (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 在宅ワークをする方も増え、「そんなときにおすすめのお昼ごはんありますか?」といった質問をたくさんいただきます。みなさん、メッセージありがとうございます!

 そんな声から生まれた「在宅ワークごはんシリーズ」。今回はワンプレート編です! 好きだったカフェランチにも行けなくて……という声もあったので、今回はカフェごはん風に。

  ◇  ◇  ◇

夫:やっぱり、カフェごはんってしたくなるものなの~?

妻:そうだね、なるかも! カフェごはんって野菜も摂れるし、いろんなものをチョコチョコとつまめて、なんか嬉しい。

夫:僕でいうところの定食みたいな感じ?

妻:きっと全然違うと思う(笑)。目で満足できる感じも好きなんだよね~!

夫:ワンプレートごはんの告知をしたら、多くの方から「カフェごはん、嬉しいです!」「助かります!」などとたくさんメッセージをいただいたね。メッセージを送っていただいたみなさんは女性だったから、カフェごはんは大切なのかな~と改めて思った。

妻:たしかに多かったもんね! みなさんの気持ち、すごくわかるかも!

夫:じゃあ、改めて、ワンプレートでカフェごはん風! せっかくだから、大好きなあの2つの食材を使おうか!!

 というわけで、ぐっち夫婦の大好きな食材でもある「鮪(まぐろ)」と「アボカド」を、これまた大好きな(笑)ごま油風味で仕上げる「アヒポキ」をご紹介します。ごはんにのせて野菜を添えれば即席プレートごはん! 火を使わないので、暑くなるこれからの時期にもおすすめの1品です。

フード 新着一覧


「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-11-22 06:00 フード
真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さん...
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
イタリアンな「魚介のサラダ」時短&失敗ナシなのに主役級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ニンジンのサラダ クミン風味」カレー風味の“なます”です
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...
和食の基本と潔さ 手間をかけただけおいしくなる「煮ガキ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...