在宅ワークごはんを応援#2 鮪とアボカドのアヒポキプレート

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-06-22 14:25
投稿日:2020-06-07 06:00
 前回の記事では在宅ワークごはんシリーズの「丼もの編」ということで、プルコギ丼をご紹介しました。作ったよ~というお声もたくさんいただきました! 今回は「ワンプレート編」、カフェ風ワンプレートごはんをご紹介します。
カフェごはん、いただきます!(写真:ぐっち夫婦)
カフェごはん、いただきます! (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 在宅ワークをする方も増え、「そんなときにおすすめのお昼ごはんありますか?」といった質問をたくさんいただきます。みなさん、メッセージありがとうございます!

 そんな声から生まれた「在宅ワークごはんシリーズ」。今回はワンプレート編です! 好きだったカフェランチにも行けなくて……という声もあったので、今回はカフェごはん風に。

  ◇  ◇  ◇

夫:やっぱり、カフェごはんってしたくなるものなの~?

妻:そうだね、なるかも! カフェごはんって野菜も摂れるし、いろんなものをチョコチョコとつまめて、なんか嬉しい。

夫:僕でいうところの定食みたいな感じ?

妻:きっと全然違うと思う(笑)。目で満足できる感じも好きなんだよね~!

夫:ワンプレートごはんの告知をしたら、多くの方から「カフェごはん、嬉しいです!」「助かります!」などとたくさんメッセージをいただいたね。メッセージを送っていただいたみなさんは女性だったから、カフェごはんは大切なのかな~と改めて思った。

妻:たしかに多かったもんね! みなさんの気持ち、すごくわかるかも!

夫:じゃあ、改めて、ワンプレートでカフェごはん風! せっかくだから、大好きなあの2つの食材を使おうか!!

 というわけで、ぐっち夫婦の大好きな食材でもある「鮪(まぐろ)」と「アボカド」を、これまた大好きな(笑)ごま油風味で仕上げる「アヒポキ」をご紹介します。ごはんにのせて野菜を添えれば即席プレートごはん! 火を使わないので、暑くなるこれからの時期にもおすすめの1品です。

フード 新着一覧


「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...