「蒸しナスの中華サルサ」ピリ辛な時短レシピをテキーラと!

コクハク編集部
更新日:2020-07-25 06:00
投稿日:2020-07-25 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・大井町にあるテキーラバー「Gatito」の伊藤裕香さんに、味付けにポン酢を使った「蒸しナスの中華サルサ」のレシピを教えていただきました。

何でもかければ、それがサルサ

合う酒=テキーラ(C)コクハク
合う酒=テキーラ (C)コクハク

 サルサとはメキシコでソースのこと。かけるものはみんな「サルサ」です。なぜかポン酢が出てきました。

「なるべく、材料も少なくして、手間暇かけないのがおつまみの基本。ポン酢はダシも入っているし、便利です」

 同じくダシ入りの完成調味料、ナンプラーもよく使うそうです。この辺は伊藤さんの感性です。

「料理本なんか見ません。適当にやっちゃう。このサルサはお店でも人気です。ただし、お店で出すときはもうひと手間かけます。黒七味と実山椒を入れるんです。実山椒はスーパーで枝付きのものを買ってきて、自分で漬けています。えっ? 市販ものを買わないのかって? 高いじゃないですか」

 山椒は麻辣のマーの部分です。テキーラにはピリッとしたものがまたよく合いますがマーの部分の辛みは伊藤オリジナル。伊藤さんが自分で漬け込んだという実山椒をいただくと舌がピリピリとしびれ、テキーラをグイッとやってしまいました。

【材料】

・ナス2本
・ネギ3分の1本
・トマト半分
・ごま油大さじ1
・ポン酢大さじ1
・ラー油小さじ1

【レシピ】

 ナスはヘタを落として水洗いした後、蒸してもいいし、ラップして電子レンジで加熱してもいい(600ワットで5分くらい)。
 ナスが軟らかくなったら、手で6等分に割いておく。ネギはみじん切り、トマトは1センチ角に切り、ごま油、ポン酢、ラー油と和えて、ナスにかける。

本日のダンツマ達人…伊藤裕香さん

▽いとう・ゆか
 石川県出身。文藝春秋の社員だったがテキーラに魅了され、2013年テキーラバー「Gatito」を東京・大井町にオープン。芳醇なテキーラの楽しみ方を広めるために日々、尽力している。2015年「TEQUILA BAR Elote」を沖縄県那覇市にオープン。日本テキーラ協会公認「グラン・マエストロ・デ・テキーラ」。

▽Gatito
 数少ないテキーラ専門店。古いものから未輸入のものまで、伊藤さんが独自ルートで集めたアガベ100%のテキーラが揃う。その数、約300本。テキーラにバッチリ合うツマミも多数。東京都品川区大井4―10―7。

(日刊ゲンダイ 2017年7月21日付記事を再編集)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


ドクダミの代わりに干し納豆でもOK「ドクダミの根と干し肉の炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、本場貴州...
ワインもここまで本格派!? 「RAMEN MATSUI」で五臓六腑に沁みる2杯を
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-06-05 11:12 フード
キモは塩水2.5%!禁断症状が出るくらいうまいすりごま海苔もやしナムル
 男は裏切っても、もやしは裏切らない。そう信じてやまないアラフィフ女です。今宵も(!)晩酌のお供は「もやしナムル」。 ...
中国・貴州省の豆豉を日本の納豆で作った!「干し納豆炒め」でカンパーイ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、納豆好き...
追いスパイス不可避! 「ペヤング スパイスカレーやきそば」は思ったよりフツーのカレーだった
 5月20日、まるか食品からみんな大好きペヤングシリーズの新商品が発売されました。その名も「ペヤング スパイスカレーやき...
ちょい面倒でも高野豆腐は必須!「高野豆腐の揚げ浸しと牛肉の治部煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
“366日”休肝日ナシでも悪酔いせず!鉄板の2日酔い対策~ワインプロ実践
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-22 06:00 フード
600円は高い?安い?実力派ジェラートを実食「1つだけ」気になったこと
 5月だというのに東京は24度…。ぽかぽか陽気の日はアイスが欲しくなりますよね。東京・阿佐ヶ谷に“行列のできるジェラート...
【ルポ】「ファミチキ おむすび」完食→無性にファミチキ食べたくなる謎
 ファミリーマートから新おむすびが爆誕しました!  その名も「サンドおむすび ファミチキ」。そう、みんな大好きファ...
デザート? ツマミ?絶妙なパルミジャーノが香るオトナのチーズケーキ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
下茹で2分、煮込み2分!「鶏レバーの甘辛煮」は火入れが命
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
値上げ前に買う【ワインプロ選】地上最強1000円台チリ産赤ワインはコレ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-08 06:00 フード
BBQに憧れる40女、ほりにしコラボの日清焼そばU.F.O.に焦げ野菜をIN
 はい、GWも終わりましたね。なんですか、世間では10連休取れた方もいらっしゃるとか? 羨ましい限りですなあ。うん、普通...
コリコリじゃなくてムニュ!?「ピーマン砂肝炒め」は火加減がキモ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
レモンの風味が初夏にピッタリ「ヤム・プラームック」でビールをグビリ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
【新宿参戦】評判の餃子食べ放題&のみほ!40女達は2時間で何個平らげた
 今月からコクハク編集部に新しい仲間が増えました。記念すべき第1回作戦会議の場は、東京・新宿西口のネオン街。 「いい企...