日本でもOK! スウェーデン&アメリカの“ホームデンタルケア”

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
 ここ数年で歯科クリニックへの通院は、治療より予防や審美が目的という女性が増えているのだとか。一方、海外では“ニコッと笑うときに見える白い歯が命!”というほど歯に対する意識が高い国も多く、簡単にできるホームケアグッズも日本と比べて充実しています。
 世界一周旅行とニューヨークに長期滞在していた経験を持つ筆者が、自宅で使用している海外のホームデンタルケア事情をご紹介します!

歯の先進国スウェーデンでは「歯のかかりつけ医」が常識

スウェーデンでは予防歯科は生活習慣として定着(写真:iStock)
スウェーデンでは予防歯科は生活習慣として定着 (写真:iStock)

 ヨーロッパの中でも、特にスウェーデンは歯の先進国。デンタルケアへの取り組みは、諸外国からも高く評価されています。スウェーデン政府は国家をあげて予防歯科に取り組んでいて、国民全員に対し歯科クリニックの定期受診を義務化、19歳以下の受診を無料としています。そのため、子どものうちから歯のかかりつけ医がいて、予防歯科が生活習慣の一つとして定着しているといいます。

 筆者がスウェーデンを訪れた際も、ドラッグストアには歯を強くするフッ素配合のガムや、タブレットが棚いっぱいに販売されていました。その種類の多さに驚き、店員さんに話しかけたところ、「私たちスウェーデン人は、キシリトールやソルビトール入りのチューイングガムを一日に数回噛んで虫歯を抑制するなど、歯の健康を保つために人一倍気を使っているのよ!」と、白い歯を輝かせながら、笑顔で話してくれました。

医療費が高いアメリカはドラッグストアで買えるホームケアアイテムが充実

黒い歯磨き粉、使ってみる?(写真:iStock)
黒い歯磨き粉、使ってみる? (写真:iStock)

 筆者はニューヨーク滞在中、ホワイトニング体験を1度はしてみようと歯科クリニックを探しましたが、アメリカの医療費は本当に高額で、1回の受診が4万~8万円だったため断念。

 そこで、スウェーデンの時と同じく、ドラッグストアの店員さんに相談してみたところ、手ごろな値段で購入できるアイテムをいくつか紹介してくれました。その中でも、筆者が特に気に入っていたものは、次のものです。

活性炭(チャコール)入り歯磨き

 活性炭の強い吸着作用でホワイトニング効果が期待できるほか、炭の消臭効果による口臭予防もできるとあって、アメリカでは大人気。フルーツフレーバーのものや、オーガニック炭を使用したものまで種類も豊富で、値段は500円ほど。ただし、歯を磨いている最中は口の周りが真っ黒になるので注意が必要です(笑)。

ホワイトニングシート

 直接、歯にシートを30分貼るだけでホワイトニングができるという便利なアイテム。上の歯、下の歯それぞれに分けて貼ります。2週間に1回の頻度で使用するものが多く、お値段は20枚入りで5千円程度。効果には、個人差があるようです。

LEDライト付ホワイトニングキット

 筆者が最初に購入して使用したのが、LEDライト付ホワイトニングキット。専用のジェルとLEDライト機器がセットになっている商品で、ジェルで歯を磨いたあとにLEDライトをマウスピースのように装着。10分ほどライトに当てたら完了、というシンプルなグッズです。1週間に1回ほどの頻度で使用し、値段は5千円~1万円程度。

 劇的な変化はありませんでしたが、1週間に1回の頻度で5回ほど繰り返していたころから徐々に色が変わっていき、2トーンほど白くすることができました。コーヒーやワイン、タバコなど、色素が付きやすいものを控えた方が白さを保ちやすいようですよ。

まとめ

 審美目的で歯科クリニックへ通うのは面倒だと感じている人は、ぜひ、手軽に始められるホームケアからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 ご紹介した海外のグッズは、インターネットを通じて日本で購入できるものも多いです。日本とはひと味違うユニークなグッズで、楽しくホームケアをしてみてくださいね。

<文・時短美容協会所属/Kanna>

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

ビューティー 新着一覧


30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...