日本でもOK! スウェーデン&アメリカの“ホームデンタルケア”

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
 ここ数年で歯科クリニックへの通院は、治療より予防や審美が目的という女性が増えているのだとか。一方、海外では“ニコッと笑うときに見える白い歯が命!”というほど歯に対する意識が高い国も多く、簡単にできるホームケアグッズも日本と比べて充実しています。
 世界一周旅行とニューヨークに長期滞在していた経験を持つ筆者が、自宅で使用している海外のホームデンタルケア事情をご紹介します!

歯の先進国スウェーデンでは「歯のかかりつけ医」が常識

スウェーデンでは予防歯科は生活習慣として定着(写真:iStock)
スウェーデンでは予防歯科は生活習慣として定着 (写真:iStock)

 ヨーロッパの中でも、特にスウェーデンは歯の先進国。デンタルケアへの取り組みは、諸外国からも高く評価されています。スウェーデン政府は国家をあげて予防歯科に取り組んでいて、国民全員に対し歯科クリニックの定期受診を義務化、19歳以下の受診を無料としています。そのため、子どものうちから歯のかかりつけ医がいて、予防歯科が生活習慣の一つとして定着しているといいます。

 筆者がスウェーデンを訪れた際も、ドラッグストアには歯を強くするフッ素配合のガムや、タブレットが棚いっぱいに販売されていました。その種類の多さに驚き、店員さんに話しかけたところ、「私たちスウェーデン人は、キシリトールやソルビトール入りのチューイングガムを一日に数回噛んで虫歯を抑制するなど、歯の健康を保つために人一倍気を使っているのよ!」と、白い歯を輝かせながら、笑顔で話してくれました。

医療費が高いアメリカはドラッグストアで買えるホームケアアイテムが充実

黒い歯磨き粉、使ってみる?(写真:iStock)
黒い歯磨き粉、使ってみる? (写真:iStock)

 筆者はニューヨーク滞在中、ホワイトニング体験を1度はしてみようと歯科クリニックを探しましたが、アメリカの医療費は本当に高額で、1回の受診が4万~8万円だったため断念。

 そこで、スウェーデンの時と同じく、ドラッグストアの店員さんに相談してみたところ、手ごろな値段で購入できるアイテムをいくつか紹介してくれました。その中でも、筆者が特に気に入っていたものは、次のものです。

活性炭(チャコール)入り歯磨き

 活性炭の強い吸着作用でホワイトニング効果が期待できるほか、炭の消臭効果による口臭予防もできるとあって、アメリカでは大人気。フルーツフレーバーのものや、オーガニック炭を使用したものまで種類も豊富で、値段は500円ほど。ただし、歯を磨いている最中は口の周りが真っ黒になるので注意が必要です(笑)。

ホワイトニングシート

 直接、歯にシートを30分貼るだけでホワイトニングができるという便利なアイテム。上の歯、下の歯それぞれに分けて貼ります。2週間に1回の頻度で使用するものが多く、お値段は20枚入りで5千円程度。効果には、個人差があるようです。

LEDライト付ホワイトニングキット

 筆者が最初に購入して使用したのが、LEDライト付ホワイトニングキット。専用のジェルとLEDライト機器がセットになっている商品で、ジェルで歯を磨いたあとにLEDライトをマウスピースのように装着。10分ほどライトに当てたら完了、というシンプルなグッズです。1週間に1回ほどの頻度で使用し、値段は5千円~1万円程度。

 劇的な変化はありませんでしたが、1週間に1回の頻度で5回ほど繰り返していたころから徐々に色が変わっていき、2トーンほど白くすることができました。コーヒーやワイン、タバコなど、色素が付きやすいものを控えた方が白さを保ちやすいようですよ。

まとめ

 審美目的で歯科クリニックへ通うのは面倒だと感じている人は、ぜひ、手軽に始められるホームケアからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 ご紹介した海外のグッズは、インターネットを通じて日本で購入できるものも多いです。日本とはひと味違うユニークなグッズで、楽しくホームケアをしてみてくださいね。

<文・時短美容協会所属/Kanna>

ビューティー 新着一覧


ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...