シンプルな「ブロッコリー卵サラダ」 他店シェフも太鼓判!

コクハク編集部
更新日:2020-08-31 06:00
投稿日:2020-08-31 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典さんに、野菜の味が際立つ「ブロッコリー卵サラダ」のレシピを教えていただきました。

ゆで卵を手でつぶしながら混ぜるのがポイント

合う酒=ハイサワー(C)コクハク
合う酒=ハイサワー (C)コクハク

「この前も間口君が、これ食べて、ウマイ! ウマイ! って言ってたわよ」と東邦酒場の奥さんが語ってくれました。ロックフィッシュの間口一就氏が、わざわざ銀座からお花茶屋まで来てまで食べたくなる料理がこれです。

 レシピは至ってシンプル。ブロッコリーを一口大に切って固ゆでします。ゆで卵は半熟よりやや固め。マヨネーズとオリーブオイル、塩コショウを混ぜたものに具を入れ、手で混ぜるだけ。ゆで卵も包丁で細かく切らず、丸のまま入れて、手で割りほぐします。

「コツはあんまり混ぜ過ぎないことだね」と遠藤さん。“ザックリ”のほうが食感が残っていいそうです。

「あとは野菜かな。うちは季節によるけど無農薬野菜を取り寄せててね。無農薬だとお客さんが食べた時の音が違う。『パリッ!』と、いい音がするんだよね。野菜がいいときはすぐ完売します」

 料理がシンプルなだけに、素材の良さが決め手になるというわけです。無農薬野菜は値段は高いですが、その方がおいしい! ちょっと高めの野菜を使ってみるのもいいかもしれません。

【材料】

ブロッコリー 1/5個
卵 1個
きゅうり 1/6本
玉ねぎ 1/8個
プチトマト(赤、黄、緑) 3個
イタリアンパセリ(なければセロリの葉でも可) 少々
マヨネーズ 大さじ2
オリーブオイル 小さじ1
塩 適宜
こしょう 適宜

【レシピ】

(1)卵はゆでて殻をむき、ブロッコリーは固ゆで、玉ねぎ・きゅうりは薄くスライスする。
(2)ボウルに、マヨネーズ、オリーブオイル、塩、こしょうを入れて混ぜる。
(3)2の中に、1のゆで卵、ブロッコリー、玉ねぎ、きゅうりを加え、手でゆで卵をつぶしながらザックリと混ぜる。
(4)レタスを敷き、3を盛りつけ、最後に、半分に切ったプチトマト、イタリアンパセリで彩りを添える。

本日のダンツマ達人…遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▽東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8。

(日刊ゲンダイ 2017年8月18日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...