「夏野菜の冷製カレー風味」ちゃちゃっと本格志向の晩酌!

コクハク編集部
更新日:2020-08-10 06:00
投稿日:2020-08-10 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のワインビストロ「CLOUD NINE」の久下博之さんに、冷蔵庫で冷やして食べたい「夏野菜の冷製カレー風味」のレシピを教えていただきました。

休日に作り置きしたい

合う酒=赤ワイン、白ワイン、ロゼ(C)コクハク
合う酒=赤ワイン、白ワイン、ロゼ (C)コクハク

 ちまたでは、常備菜や作り置きレシピが空前のブームですが、久下流の作り置きダンツマは、カレー風味のラタトゥイユ。南仏地方の郷土料理である夏野菜の煮込みを、ごくごく簡単にした一品です。

「水分と油が控えめなので、ご飯やナンにかけて食べる食事というよりは、やっぱり、酒のお供に合うと思います。出来たての温かいうちに食べるのもいいですが、冷蔵庫で冷やしても。より味が馴染んで、野菜のうま味とスパイスの混然一体が楽しめます」

 休日にスーパーで新鮮な野菜を買い、ゴロゴロと大きめに切って、炒めて、タッパーに入れて冷蔵庫へ。3日間程度はおいしくつまめます。残業で疲れて帰宅しても、ちゃちゃっと本格志向の晩酌を楽しめる。これなら疲れも吹っ飛ぶってもんです。

 ワインはオールマイティー。こだわるなら、赤はスパイシーなニュアンスのあるシラー、グルナッシュ、白なら切れのある果実味豊かな辛口のリースリング、グルナッシュ・ブランなど。ロゼ人気が過熱する昨今、ほんのり甘味のある一杯を合わせたら完璧です。

【材料】

・トウモロコシ 2分の1本分
・ナス      3個
・オクラ     3個
・ピーマン    1個
・パプリカ(赤、黄) 各2分の1個分
・セロリ     1本
・トマト     1個
・鷹の爪     1本
・サラダ油    適量
・ニンニク   2分の1片分
・ショウガ    適量
・カレー粉  ティースプーン1杯
・塩       適量

【作り方】

(1)トウモロコシは皮をむいてさっと洗い、塩を振ってラップに包んで電子レンジで3~5分ほど加熱する。そのまま粗熱が取れるまで置いておき、包丁などで粒の根元を残してそぎとる。他の野菜はそれぞれ大きめに切る。
(2)鷹の爪は適当に手でちぎり、種は細かく刻む。
(3)フライパンか鍋に2とサラダ油を入れ、中火で加熱。香りが出てきたら、軽く潰したニンニクとショウガを加える。
(4)カレー粉を加え、まずはトマトとトウモロコシ以外の野菜を入れ、塩を振って炒める。軽く火が通ったら、トマトを入れ、塩で味を調整する。
(5)ふたをして中火で炒め煮する。水分がなくなり焦げ付きそうなら水(分量外)を加える。食感が残る程度で火を止める。最後にトウモロコシを加え、再度、火を入れ、塩で味を調えて出来上がり。

本日のダンツマ達人…久下博之さん

▽くげ・ひろゆき
 もともと町場の定食屋のオヤジになるつもりが、センスや人柄を買われ、都内のロシア料理店やビストロで腕を磨くうちにワインに合う料理の道へ。ワインバーの人気店「遠藤利三郎商店」で3年半、料理長を務めて独立。14年4月から同店のオーナーシェフに。厨房で黙々とフライパンを振るシェフはこわもてで話しかけるのに躊躇しがちだが、本当は気さくな性格。

▽料理とワインCLOUD NINE
 店名は英語で「至福の時」「意気揚々」の意。店内はテーブル8席、カウンター6席のオープンキッチンで食欲をそそる香りが。野菜、肉、魚いずれも産直の食材を多く扱う。おいしければジャンルは問わないと話す久下シェフのひと皿は、飲んべえの胃袋をわし掴みにする。東京都墨田区業平4―3―10 1F。

(日刊ゲンダイ2017年9月2日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふきのとうの香りが食欲をそそる!「蒸し鶏の蕗の薹ソース」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
純喫茶かさごで出合った「壺漬けピザ」 2021.5.14(金)
 ハイボールの名店としておなじみといえば、東京・銀座7丁目にある「ロックフィッシュ」です。緊急事態宣言の発令に伴い、東京...
「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...