紫外線から髪や頭皮を守ろう!ヘアケアでできるUV対策5選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 夏になると、顔や手足に日焼け止めを念入りに塗っている人も多いでしょう。でも、忘れてしまいがちなのが、髪へのUV対策! 紫外線は頭皮や髪の毛にも降り注いでいるため、ケアを怠ると大きなダメージを受けてしまうんです。そこで今回は、紫外線による髪や頭皮への影響や対策についてご紹介します。

紫外線が髪や頭皮に与えるおもな4つのリスク

髪への紫外線対策は忘れがち(写真:iStock)
髪への紫外線対策は忘れがち (写真:iStock)

 紫外線対策を怠ると、シミやシワなど、さまざまな肌トラブルになるということは多くの人がご存知のはず。でも、紫外線のダメージは、顔だけでなく髪や頭皮にも影響を与えるため、注意が必要なんですよ。まずは、紫外線が髪や頭皮に与えるリスクについて、チェックしていきましょう。

1. 乾燥による髪のごわつき

 紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類がありますが、そのうちのUVA・UVBは髪の毛の主成分となるタンパク質に悪影響を与えたり、メラニン色素を分解して髪色を変えたりと、さまざまな悪影響を及ぼすと言われています。

 ダメージを受けた髪は水分量が減少するため、髪の乾燥を招き、ごわつきやすくなってしまいます。

2. 髪のツヤが失われる

 紫外線を受けた髪は、表面にある脂質被膜を酸化させてしまいます。こうなると、髪は水を弾くことができなくなり、指通りが悪くなることに。また、髪表面のダメージにより、キューティクルが剥がれやすくなり、ツヤが失われてしまいます。

3. 髪色が変化する

 髪をカラーリングしている人は、「少しでも、カラーを長持ちさせたい」と思っているでしょう。しかし、紫外線は髪のメラニン色素だけでなくヘアカラー色素まで壊してしまうため、褐色などを起こして髪色が変化しやすくなってしまいます。

4. 頭皮ダメージによる抜け毛や薄毛

 肌は、紫外線を浴びると日焼けしてしまいます。頭皮も同じ皮膚ですから、同じような状態を引き起こすことに。

 本来、頭皮の色は青白いですが、紫外線を受けるとピンクや赤みを帯びます。状態がひどくなると、乾燥が進んでフケが出やすくなったり、かゆみが出ることもあるでしょう。さらに炎症がひどくなれば、毛根がダメージを受け、抜け毛や育毛に悪影響が及ぶ恐れもあります。

ヘアケアが肝心!知っておきたい5つの紫外線対策

帽子や日傘は欠かせない(写真:iStock)
帽子や日傘は欠かせない (写真:iStock)

 髪や頭皮が傷んでいると感じている人もいるかもしれませんが、今からでも改善することはできます。そのためには、日々のヘアケアが欠かせません。肌と同じくらい、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

1. 帽子や日傘で紫外線をカバー

 紫外線から髪や頭皮を守るためには、帽子や日傘を使うことがおすすめ。外出時はどうしても紫外線を受けやすくなるため、これらのアイテムを用いることで直接紫外線を受けることを防ぐことができます。

 ただし、帽子をかぶりっぱなしにすると蒸れによる髪へのダメージが起こってしまうため、外す時間を設けるなどの工夫が必要です。

2. 日焼け止めスプレーでケア

 髪や頭皮を手軽に紫外線ケアするには、日焼け止めスプレーを使うとよいでしょう。髪全体にスプレーすることで、簡単にUV対策を行うことができます。

 より効果的に用いるためには髪から10cm〜15cmほど離して、まんべんなくスプレーすること。また、日焼け止めクリーム同様、2時間〜3時間おきに使うことが大切です。

3. 髪の分け目を定期的に変える

 健康的な髪を育てるためには、頭皮ケアも欠かせません。簡単にできる頭皮の紫外線対策としておすすめなのが、髪の分け目を定期的に変えること。

 いつも同じ分け目だと、紫外線を浴びる場所が常に同じ場所になってしまい、一カ所にダメージが加わることになります。紫外線ダメージが分散されるので、ぜひ今日からでも試してみてください。

4. UVケア用のヘアケアアイテムを使う

 どんなに紫外線対策をしていても、うっかり日焼けをしてしまったりすることはあります。そんな時には、UVケア用のシャンプーやトリートメントなどのヘアケアアイテムでアフターケアをすることが大切です。顔と同じく、髪にもしっかりと保湿ケアをして紫外線のダメージを最小限に留めましょう。

5. UVケアできる流さないトリートメントをプラスする

 パサつきなどのダメージが気になる人にとって、シャンプー後、流さないトリートメントでのヘアケアを行っている人は多いでしょう。

 そんな流さないトリートメントの中には、保湿対策だけではなく、UV対策ができるものがあります。せっかく取り入れるのであれば、紫外線対策できるものを選んだ方が一石二鳥ですよね。今まで、流さないトリートメントを使ってこなかった人も、この機会にヘアケアにプラスしてみましょう。

髪への紫外線ダメージも忘れずに! ヘアケアで美髪を守ろう♪

きちんと対策して美髪をキープ!(写真:iStock)
きちんと対策して美髪をキープ! (写真:iStock)

 夏本番になると、紫外線対策を始める人も多いですが、実は紫外線は1年中地上に降りそそいでいます。普段から、肌だけではなく髪や頭皮への紫外線対策を行うことで、より若々しい美髪を保つことができるはず。

 髪は肌と違ってカットすることができるため、改善しやすい部分でもあります。今まで対策をしてこなかった人も、この機会にヘアケアを見直してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...
女性にプレゼントならこれ♡ 王道ビューティーギフト&選び方
 誕生日やちょっとしたお礼、お祝いなどで、女性へプレゼントを送る機会って意外と多いもの。中でも、人気なのが「ビューティー...