夏のメイク直し最強アイテム4選♡ ミスト使いで差をつけよう

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-07 06:00
投稿日:2020-08-07 06:00
 皮脂や汗で、メイクがドロドロに崩れやすい夏。特にマスクをつけた日には、ムレや擦れも起こるため、朝のメイクを保つのは至難の技でしょう。そこで今回は、これさえポーチに入れておけばOKな夏のメイク直しの最強アイテムをご紹介! さらに、夏にこそ使いこなしたいミスト&スプレーの使い方を併せてお伝えします。

プチプラで揃えられる! 夏のメイク直し最強アイテム4選

「ミスト」は夏のマストアイテム(写真:iStock)
「ミスト」は夏のマストアイテム (写真:iStock)

 まずは、夏のメイク直しに欠かせない4つのスタメンアイテムからご紹介します。最近では、プチプラでも優秀な話題のアイテムが多く販売されているため、普段のメイク用品とは別に、メイク直し用に揃えておくのもおすすめです♡

1. コンシーラー

 ファンデーションだけでは隠しきれないクマやシミ、ニキビ跡がある人に欠かせないのが「コンシーラー」。気になる部分に軽くのせてぼかすだけで、見せたくない部分をキレイに隠してくれます。

 夏のメイク直しに持ち運ぶなら、リキッドペンタイプやスティックタイプがおすすめ! かさばらず手を汚さないので、とても重宝しますよ。

2. ファンデーション

 定番ですが、「ファンデーション」も必須アイテムでしょう。乾燥によるメイク崩れが気になる人には、密着度が高くムラになりにくいクッションファンデやリキッドファンデがおすすめ。

 また、皮脂や汗による崩れが多い人はパウダータイプでもOKですが、ムラになりやすいのでできるだけ薄づきのものが良いでしょう。

3. プレストパウダー

 プレストパウダーやフェイスパウダーは、均一できめ細かい肌に整えてくれる仕上げのアイテム! テカりも抑えてくれるため、特に暑い夏場はポーチに入れておくと役立ちます。美容オイル配合やラメ入り、皮脂吸収パウダー入りなどさまざまなタイプがあるので、チェックしてみましょう!

 また、赤みがちな人はグリーン、くすみのある人はピンク、白浮きしてしまう人はベージュ、透明感が欲しいならパープル系を選ぶと、肌悩みをカバーできます。

4. ミスト

 メイクの最後にぜひ使って欲しいイチ押しアイテムが、「ミスト」! 細かい粒子で肌に水分を与えることができるので、乾燥崩れやツヤ感アップに効果的なんです♡ また、パウダーをつけた後にさっと吹きかけるだけで肌への密着度が増すため、美しい仕上がりをキープできますよ。

 顔だけでなく、乾燥しがちなひじや膝のケアにも使えるため、ヘビロテ間違いなし! 持ち運び用の小さいタイプだとかさばらないため、おすすめです。

夏のメイク直しに差をつけるミストの効果&使い方

1本あるととっても便利(写真:iStock)
1本あるととっても便利 (写真:iStock)

 続いては、夏にこそ活用したい「ミスト」の効果や使い方をご紹介します!実は、ミストにはいろいろな効果があるんです。マスクの下のメイク崩れを防ぎたい人や、仕上がりを美しくしたい人にもおすすめです!

夏のメイク直しに大活躍!2種類のミストの効果

 ミストは、化粧水などの水分を細かい粒子で肌に吹きかけることができるアイテム。大きく分けると、肌の乾燥を防いだり、油分をコントロールする「ミスト化粧水タイプ」と、皮脂や汗を弾いて「メイクキープタイプ」の2種類に分かれます。

 この2種類を上手に使いこなせば、あらゆるメイク崩れにも対応することができますよ。

【乾燥崩れや汗・皮脂崩れに】ミスト化粧水の使い方

「ミスト化粧水」は乾燥や汗、皮脂などでメイクが崩れた時に使うことで、肌の水分と油分のバランスをコントロールする効果があります。使い方はとても簡単!

1. ミスト化粧水を顔から15〜20cm離して、顔全体に吹きかける

2. ティッシュで軽く押さえて、余分な水分を取る

3. 崩れた部分に、ファンデーションやコンシーラーを塗る

4. 仕上げに、もう一度全体にスプレーする

5. 手のひらで押さえるように、軽く馴染ませる

 肌を保湿するだけでなく、パウダーなどをのせた後に吹きかけることで、肌への密着感と適度なツヤも与えてくれます♡まさに一石二鳥ですね!

【暑さやマスクによるメイク崩れに】メイクキープスプレーの使い方

 夏の暑さやマスクをつけることで起こるのが、汗や擦れ、ムレによるメイク崩れ。そんな時に使いたいのが、「メイクキープスプレー」です!

1. 崩れた部分の皮脂や汗を、ティッシュでオフ

2. ファンデーションやパウダーで、お直しする

3. 仕上げにメイクキープスプレーを、顔全体にまんべんなく吹きかける

4. 乾いたら完成

 汗や皮脂からメイクを守ってくれるメイクキープスプレーを朝のメイク仕上げに使えば、かなり持ちが良くなります。、保湿やテカリ防止などにも使えるので1本携帯すると便利ですよ。UVカット機能のあるメイクキープスプレーを選べば、日焼け止め効果も期待できますね!

夏のメイク直しアイテムはこれで決まり♡

夏を楽しもう!(写真:iStock)
夏を楽しもう! (写真:iStock)

 メイク崩れに毎年悩む夏。今まで重たい化粧ポーチをまるごと持ち歩いていた人や、ミストを使っていなかった人は、ぜひこの記事を参考にして挑戦してみてくださいね。もっと身軽に、メイク崩れ知らずの夏を思い切り楽しみましょう!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...