プチプラでもできる“量産型メイク”で女の子度MAXに♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-27 06:00
投稿日:2020-08-27 06:00
 巷で流行っている「量産型メイク」を知っていますか? 男ウケを狙ったふんわりガーリーな仕上がりが人気で、多くの芸能人やモデルたちがYouTubeなどで挑戦していることでも話題です。そこで今回は、量産型メイクの意味や、プチプラで叶える量産型メイクのやり方をご紹介します。

量産型メイクの意味や由来は?

ふんわりガーリーな仕上がりが人気(写真:iStock)
ふんわりガーリーな仕上がりが人気 (写真:iStock)

 量産型メイクとは、“量産型女子”と呼ばれる「大量生産のように、同じ格好をしている女の子」たちのメイクをイメージしたもの。特に、ジャニヲタのようなアイドルヲタクの女の子が、“推し”の気を引くために、かわいさを追求したメイクが由来となっています。

量産型メイクの特徴5つ

 量産型メイクに絶対外せないのが、以下の5つの特徴!

・白く透明感のある陶器肌
・タレ目気味の大きな目
・ピンク系のアイメイク
・ふんわり血色感のあるチーク
・ツヤ感のあるピンクリップ

 量産型メイクは、全体的にピンク色でふんわりとガーリーな印象なのが特徴です。ファッションも、ヲタク女子がアイドルのライブに着ていきそうなフリルやワンピース、ロリータなどを合わせます。

 似たメイクでよく比較されるのが、病んでいる女の子をイメージした「地雷メイク」。大きな違いは、「量産型メイク」は完全に男ウケを狙っているという点でしょう。

量産型メイクに必要な5つの道具

ファンデはワントーン明るめを選ぶ(写真:iStock)
ファンデはワントーン明るめを選ぶ (写真:iStock)

 続いては、量産型メイクをするのに必要な道具をご紹介します!

1. パープル or 青み系下地

 量産型メイクには、透き通った白肌が必要不可欠。パープルや青み系下地を使ってくすみをカバーし、しっかり下地を整えましょう。

2. 地肌より明るめのパウダーファンデ

 ファンデーションはお人形感を出すため、地肌よりもワントーン明るめのパウダータイプがおすすめ。ツヤ感のないマットタイプの方が陶器肌に仕上がり、ドーリーな印象になりますよ。

3. ブラウン系アイライナー&マスカラ

 量産型メイクでは、大きなブラウン系のアイメイクがポイントです。ブラウン系アイライナーとマスカラで、ぱっちり大きなタレ目を作りましょう!

4. ピンク系アイシャドウ&チーク

 量産型メイクのテーマカラーはピンク色ですので、アイシャドウとチークもピンク色で揃えて。ふんわり感や血色感を出すには、パウダーかクリームチークがおすすめです。

5. ピンク系のオイルリップ

 量産型メイクにはうるツヤのピンクリップが不可欠。オイルリップでツヤ感を出して、女の子度MAXにしましょう。

オール“キャンメイク”で揃える「プチプラ量産型メイク」のやり方

うるツヤのピンクリップは必須アイテム(写真:iStock)
うるツヤのピンクリップは必須アイテム (写真:iStock)

 量産型メイクの道具を一から揃えるのは、コストもかかってしまいますよね。でも実は、プチプラコスメで人気のキャンメイクだけでも、かわいい量産型メイクができちゃうんです! アイテム&やり方を見ていきましょう。

1. ベースメイク

【使うアイテム】
・シークレットビューティーベース
・マシュマロフィニッシュファンデーション
【やり方】
1. シークレットビューティーベースで、透明感のあるワントーン明るい肌に仕上げる。
2. 肌色に合わせた、マシュマロフィニッシュファンデーションを塗っていく。首の境目もきれいにぼかす。

2. アイメイク

【使うアイテム】
・ゴクブトマスカラ ビターブラウン
・ラスティングリキッドアイライナー セピアブラウン
・パーフェクトスタイリストアイズ 14
【やり方】
1. パーフェクトスタイリストアイズの左上のカラーをアイホール全体に、左下のカラーを目の際と下まぶたの目尻に、真ん中のカラーを涙袋に塗る。
2. アイラインはタレ目気味に下げて描く。目頭に切開ラインを入れる。
3. ゴクブトマスカラでまつげを束にしながら、上下にしっかり塗っていく

3. チーク&リップ

【使うアイテム】
・クリームチーク クリアラズベリージェラート
・リップティントシロップ ストロベリーシロップ
【やり方】
1. チークは目の下に細長く入れていく
2. リップはたっぷりツヤツヤに仕上げる。

一重&イエベさんの量産型メイクのコツ

新しい自分を発見できるかも!(写真:iStock)
新しい自分を発見できるかも! (写真:iStock)

 一重の人や、青み系ピンクの似合わないイエベさんでも、量産型メイクに仕上げるのは可能! 一重の人はピンク系シャドウを使うと腫れぼったく小さな目に見えてしまいがちですので、目尻にだけピンクを塗るようにしましょう。アイプチや二重アイライナーなどを使用して、二重にしてしまうのもありです。

 また、黄色味が強いイエローベースの肌色の方は、透き通った色白感を出すのに苦戦してしまうかもしれません。そこでおすすめなのが、黄色の補色であるブルーのコントロールカラー。透明感のある肌に仕上げることができます。肌作りは量産型メイクの中でもとても重要なので、しっかり下地で作り込んでいきましょう!

量産型メイクで女の子を思い切り楽しもう♡

 せっかく女の子に生まれてきたんだから、たまには思い切りラブリーなメイクを楽しむのもありですよね。

 いつもナチュラルメイクをしている人や、メイクがマンネリ化している人も、ぜひ気分転換で量産型メイクに挑戦してみてください。新しい自分を発見できるかもしれませんよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...