合わないファンデを見分ける5つのサイン&失敗しない選び方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-06 06:00
投稿日:2020-11-06 06:00
 コスメの中でも、ファンデは必需品! でも、数ある種類の中から自分にマストなファンデを見つけるって至難の業ですよね。そこで今回は、合わないファンデを見分ける5つのサインと、失敗しないファンデの選び方をご紹介します。この記事を参考に、あなたにぴったりのファンデを見つけてくださいね。

合わないファンデを見分ける5つのサイン

そのファンデ合ってないかも(写真:iStock)
そのファンデ合ってないかも (写真:iStock)

 ベースメイクの仕上がりに満足できない時は、合わないファンデを使っている可能性があります。そんな場合には、必ずどこかに「違和感」を感じるはず。まずはじめに、合わないファンデを見分ける5つのサインを見ていきましょう。当てはまる項目が多い人は、今のファンデを見直した方が良いかもしれません。

1. 顔の色が白く浮いて見える

「写真を撮ったら顔だけ白く浮いていた」という経験はありませんか? 肌に合わないファンデを使っている時の一番わかりやすいサインが、間違った色選びです。

「なんとなく」でファンデの色を決めてしまうと、顔の色が浮いてしまう可能性大。心配な人は、化粧品売り場などでカウンセリングを受けてから選ぶのが無難でしょう。

2. メイクが崩れやすい

 丁寧にメイクをしているのに、数時間後に鏡を見ると「自分の想像以上にファンデが崩れている」という場合は、肌質に合わないファンデを使っているのかもしれません。

 たとえば、皮脂分泌が多いオイリー肌の人が油分多めのファンデを使ってしまうと、肌のオイルコントロールが上手にできず、メイク崩れを起こしやすくなってしまいます。

3. 吹き出物が出る

 新しいファンデを使って吹き出物が出たり、肌の赤みやかゆみなどの症状が出た場合には、自分の肌に合わない成分が含まれている可能性があります。

 合わないものを長く使用してしまうと、肌トラブルが酷くなってしまうことも。アレルギーは突然起こることもあるため、どんなにお気に入りのファンデでも肌に違和感を感じた時は、すぐに使用をやめた方が良いでしょう。

4. 毛穴が目立つ

 毛穴などの肌悩みを上手にカバーしてくれるのが、ファンデの役目ですよね。しかし、ファンデを塗っているのに毛穴が目立ってしまう場合は、ファンデの質感が重すぎるのかもしれません。

 肌悩みをカバーしようと、重めのファンデを厚く塗るのはかえって逆効果。自分の肌に合ったファンデを薄く塗った方がメイク崩れを防ぐことができますし、肌悩みをカバーできることにもつながります。

5. 仕上がりが粉っぽい

 パウダーファンデを塗りすぎてしまったり、お粉を使い過ぎてしまうと、メイクの仕上がりが粉っぽくなってしまうことがあります。肌の水分量が少ない乾燥肌の人は、特に注意が必要です。

 ファンデの粉っぽさは暗い部屋でメイクするとわかりにくいので、なるべく明るい蛍光灯の下や、太陽光の下でチェックしてみるようにしましょう。

失敗しないファンデの選び方! 4つのポイントを押さえて♪

プロに選んでもらえば失敗しない(写真:iStock)
プロに選んでもらえば失敗しない (写真:iStock)

「自分に合ったファンデを選びたい!」と思っても、数あるファンデの中から自分に合うファンデを選ぶのは本当に難しいですよね。そこで、次に失敗しないファンデの選び方をご紹介します。ぜひ、あなたのファンデ選びの参考にしてみてくださいね。

1. ファンデの色はフェイスラインでチェック

 ファンデの色のタッチアップは、フェイスラインでチェックしましょう。顔の中心で色を見るのはとても難しく、失敗してしまう可能性大。また、手の甲でチェックする人も多いようですが、顔と手は肌の質感も違うのでNGです。

 必ず明るい場所でフェイスラインにファンデを塗り、自分の肌色にしっかり馴染んでいるかを確認してくださいね。

2. 肌タイプでファンデを選ぶ

 ファンデは自分の肌タイプに合ったものを選ぶことが、とても重要なポイント。肌タイプに合わないファンデを使ってしまうと、メイク崩れの原因になるので注意が必要です。

 オイリー肌の場合は、使い心地が軽めのパウダータイプ。乾燥肌の場合は、保湿効果の高いリキッドタイプやクリームタイプ。敏感肌の場合は、ミネラルファンデやCCクリームなど、自分の肌に合ったファンデを選びましょう。

3. カバーしたい悩みで選ぶ

 人それぞれ肌タイプが違うように、肌悩みもそれぞれ違います。そのため、カバーしたい肌悩みに合わせてファンデを選ぶのも大切です。

 毛穴の開きや黒ずみをカバーしたい人におすすめなのは、リキッドタイプ。肌荒れ中の人は、ミネラルファンデ。ニキビができやすい人は、ニキビができづらいとされるノンコメドジェニックのファンデがおすすめですよ。

4. わからない時は美容部員さんに相談する

 自分のファンデ選びに自信がない場合は、迷わず美容部員さんに相談してみましょう。どんな肌タイプで、どんな仕上がりにしたいのかをしっかり伝えると、プロの目で今のあなたにピッタリのファンデを選んでもらえます。

合わないファンデはもう卒業! より美肌を目指して♡

ベースメイクは妥協しちゃだめ(写真:iStock)
ベースメイクは妥協しちゃだめ (写真:iStock)

 ベースメイクの仕上がり次第で、顔の印象は大きく変わります。自分に合ったファンデを使っていればベースメイクの仕上がりが綺麗になり、自然とポイントメイクの仕上がりにも変化を感じられるはず。きっと、今よりも鏡を見るのが楽しくなりますよ。

「なんとなく」で、合わないファンデをを使うのはもう卒業です! あなたにぴったりのファンデを選んで、満足できる美肌を目指してくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...