ニキビには保冷剤が効果的?おすすめケア&NGケアをご紹介♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-14 06:27
投稿日:2020-11-14 06:00
 ニキビができるとメイクでもなかなか隠せないし、すごく憂鬱になりますよね……。そんなニキビは、「保冷剤で冷やすと治る」なんて噂もあります。冷やすだけで治るなら嬉しいですが、果たして本当なのでしょうか? そこで今回は、ニキビケアにまつわる噂の真相や、おすすめケア&NGケアまでをご紹介します!

保冷剤? 温かいタオル…? ニキビケアにまつわる噂の真相!

ニキビにまつわる噂を検証(写真:iStock)
ニキビにまつわる噂を検証 (写真:iStock)

 まずは、ニキビケアに関してネットで囁かれている噂の真相をチェックしてみましょう!

「ニキビを保冷剤で冷やすと効果的」って本当?

 ニキビを保冷剤で冷やす方法は、ニキビの種類によって効果が異なります。白ニキビや黒ニキビに関しては効果がないそうですが、炎症中の赤ニキビは正しいやり方で冷やすことで、一時的に赤みやかゆみ、腫れを和らげることができるようです。(赤ニキビを冷やすケア方法は、後ほど詳しくご紹介します)

「ニキビには温かいタオルを当てると良い」って本当?

 温かいタオルを当てる肌ケアは、毛穴の詰まりや黒ずみには効果的なようです。ただし、ニキビや吹き出物ができている時には、行わないのが正解。温かいタオルがニキビや吹き出物への刺激となって、炎症を促進させてしまうことがあります。

 ただし、ニキビがない時のケアとしては取り入れてみても良いかもしれません。毛穴詰まりの予防になり、ニキビを未然に防ぐことにもつながるでしょう。

「ニキビをアルコール消毒すると効果的」って本当?

 多くのニキビケア商品には、「殺菌効果」がある成分が使用されています。このことから、「アルコール消毒をしてもニキビに効果があるのではないか?」と考える人もいるようですが、答えはNO!

 そもそも消毒用アルコールというのは、掃除や医療でも使われるほど高い殺菌作用を持っています。そのため、肌に対しては非常に刺激が強すぎるため、ニキビができている時に使うのは逆効果になってしまうのです。

 また、ニキビの原因菌であるアクネ菌は、本来、肌の健康を守る常在菌。「増えすぎること」が、問題なのです。殺菌を中心に考えるよりも、詰まりにくい毛穴を作ることを大切にするほうが健康的な肌への近道ですよ。

ニキビに効果的♡ おすすめケア方法をご紹介!

保冷剤や氷でのケアは清潔第一(写真:iStock)
保冷剤や氷でのケアは清潔第一 (写真:iStock)

 続いては、ニキビのおすすめケア方法をご紹介しましょう!

1. 「赤ニキビ」は保冷剤で炎症を鎮静化

 真っ赤に腫れて痛い赤ニキビをケアしたいなら、保冷剤や氷を使って少し冷やすのがおすすめです。

 やり方は簡単!清潔なタオルやティッシュを用意して保冷剤や氷を包み、ニキビ部分に20〜30秒程度当てるだけです。1日数回行うと、炎症やかゆみ、腫れが一時的に治ります。ただし、冷やし過ぎや、不衛生なタオルを使うと悪化させてしまう可能性があるため、気をつけてくださいね。

2. 「赤ニキビ」は殺菌効果のある化粧水でローションパック

 殺菌効果のある化粧水でのローションパックも、赤ニキビのケアには効果的です。清潔なコットンに、たっぷりの化粧水を染み込ませて2分ほどおきます。乾燥する前に、コットンを剥がしましょう。

 コットンは繊維が柔らかく、ニキビに刺激にならないものを選んでくださいね。

3. 「白ニキビ」「黒ニキビ」は抗酸化作用のあるアイテムでケア

 炎症する前の白ニキビや黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまった状態。このタイプのニキビには、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体やビタミンE誘導体配合のアイテムでケアするのがおすすめです。

 注意したいのは、保湿ケア。オイルやグリセリンなど保湿効果が高い成分は、ニキビ肌にはトラブルの引き金となってしまうかも……。ニキビができづらい処方となっている、「ノンコメドジェニックテスト済み」と、記載されているものを選ぶと良いですよ。

気をつけたい! ニキビ肌のNGケアをチェック!

保湿はしっかりと!(写真:iStock)
保湿はしっかりと! (写真:iStock)

 最後に、ニキビ肌を治したいなら避けるべきNGケアをチェックしておきましょう。

NGケア1. 保湿をしない

 ニキビには、「油分は良くない」というイメージがありますよね。そのため、ニキビができると保湿ケアをするのをやめたくなりますが、これはNGケアです。肌は乾燥してしまうと、バリア機能が低下したり、皮脂を補おうとして過剰な皮脂分泌につながったりしてしまうんです。ニキビケア用のアイテムを使って、保湿は丁寧に行いましょう。

NGケア2. 皮脂や菌を取り除こうとゴシゴシ洗顔する

 洗顔って、ゴシゴシこすったほうが皮脂やアクネ菌を洗い流せそうな気がしてしまいますよね。でも、実はふわふわの泡を転がすように優しく洗うほうが効果的なのです。

 ニキビに刺激を与えないように、また皮脂を取り過ぎてしまわないように、肌に触れずに泡だけで洗うことを心がけましょう。

【あわせて読みたい】“こすらない洗顔”が大人気! でも…毛穴汚れって取れるの?

ニキビは正しくケアして健康的な肌になろう♡

美肌で秋を楽しもう♡(写真:iStock)
美肌で秋を楽しもう♡ (写真:iStock)

 インターネットで検索すると、いろいろなニキビケア方法が出てきますよね。効果的なように思えても、まずはそのケアが正しいかどうかしっかり調べてみましょう。中には、ニキビを悪化させてしまう方法もあるので、要注意! ぜひ、正しいケア方法を知って、健康的で滑らかな肌を取り戻してくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...