BBクリームとファンデーションの違いは? 賢い併用方法♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-20 06:00
投稿日:2020-12-20 06:00
 BBクリームといえば、なんとなく「いろいろな機能が一つになった便利なファンデーション」と思っている人が多いでしょう。でも、実際にはBBクリームとファンデーションの違いを理解している人は少ないようです。そこで今回は、BBクリームとファンデーションの違いや併用方法をご紹介します。

BBクリームとファンデーションの違い

種類も豊富なBBクリーム(写真:iStock)
種類も豊富なBBクリーム (写真:iStock)

 まずは、BBクリームとファンデーションの違いからチェックしていきましょう!どちらを使ったらいいか、迷ってしまった時の参考にしてくださいね。

そもそもBBクリームとは

 BBクリームとは、もともとドイツで生まれた「傷のための保護クリーム」のことです。BBは、Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)の略で、“傷を修復する”という意味があります。それが、美容大国である韓国で大ヒットし、日本でも人気に火がつきました。

 BBクリームの多くはクリーム状になっていて、保湿効果やUVカット効果、下地、美容液、コンシーラーとしての役割などが一つにまとまっているのが特徴。適度なカバー力もありながら、1つで面倒なメイクステップが省略できると、人気のアイテムです。

BBクリームとファンデーションとの違い

 BBクリームが傷の保護のために作られたものであるのに対して、ファンデーションは「肌荒れを綺麗に補正して美しく見せる」ためのものです。そのため、次のような違いがあります。

・ BBクリームよりカバー力が高いものが多い
・ カラーバリエーションが豊富
・ 下地やコンシーラー、美容液などの機能が含まれていないものも多い
・ パウダータイプやリキッドタイプ、クッションタイプなど種類がたくさんある

 基本的には、ファンデーションのほうが補正効果が高く、カラーバリエーションが豊富です。ただ、近年、BBクリームとファンデーション、特にリキッドタイプとの差が縮まっているのも事実。購入する前に、それぞれの商品の特徴や機能をよく理解しておいたほうが、自分に合ったものを選びやすいでしょう。

CCクリームやDDクリームもある

 実は、BBクリームとは別に、CCクリーム、DDクリームもあるのをご存知でしょうか?

 CCクリームは、control color(コントロールカラー)の略で、肌の色ムラを均一にするもの。DDクリームは、Daily Defense(デイリーディフェンス)の略で、さらにカバー力・保湿力・UVカット機能に優れていて、顔以外の部位にも使うことができます。

 それぞれのクリームに役割があるので、自分の肌の状態に合わせて活用してみると良いですね。

BBクリームとファンデーションを使い分け♡ 賢い併用方法

 BBクリームもファンデーションも、それぞれ特徴が違うため、どちらか一つだけに統一するのが難しいという人もいるはず。そんな場合には、両方の良いとこどりをして、賢く併用していきましょう!

BBクリームのみがおすすめの場合

長時間マスクをするならBBクリームだけでOK(写真:iStock)
長時間マスクをするならBBクリームだけでOK (写真:iStock)

 次のような場合は、BBクリームのみでのメイクがおすすめです。

・ ちょっと近所に外出する時
・ ナチュラルメイクに仕上げたい時
・ メイクをする時間がない時
・ マスクをする時間が長い時

 このような時は、BBクリームだけでのメイクがおすすめです。程よいカバー力もありながらナチュラルな仕上がりになるので、1本持っていることでとても重宝できるでしょう。

 また、UVケアや保湿などをちょっとした外出のたびにするのは面倒ですよね。いざという時にさっと使えるのが、BBクリームの大きな魅力でもあります。

ファンデーションのみがおすすめの場合

 次のような場合には、ファンデーションのみでのメイクがおすすめです。

・ しっかりカバーしたいシミやくすみがある時
・ フォーマルな格好で外出する時
・ 自分の肌色に合ったメイクをしたい時
・ 立体感を出したい時

 このような場合は、ファンデーションと下地でしっかり肌を補正するほうが良いでしょう。ファンデーションはBBクリームよりもカバー力があり、ツヤ感があるものも多いため、華やかなしっかりメイクに仕上げることができます。

 また、BBクリームよりもカラーバリエーションが豊富ですので、肌色に合った色を探したい時にもファンデーションを使うのがおすすめです。

BBクリームとファンデーションの重ね付けがおすすめの場合

 次のような場合には、BBクリームとファンデーションの重ね付けがおすすめです。

・ 素肌感をキープしたい時
・ 化粧崩れを防ぎたい時
・ UVカット効果を高めたい時
・ テカリが気になる時

 このような場合には、BBクリームの上からファンデーションやルースパウダーをのせるのがおすすめです。また、ナチュラルメイクに仕上げたいものの、化粧崩れしたくない場合にもこの方法が使えます。

 また、UVカット機能はBBクリームにも含まれていますが、パウダーを重ねることで、より効率よくUVケアをすることができますよ♡

BBクリームとファンデーションは上手に使い分けよう!

毎日のメイクに変化を(写真:iStock)
毎日のメイクに変化を (写真:iStock)

 年々進化し続けるコスメについていけず、同じコスメばかりリピートしている人もいるでしょう。そんな人こそ、ぜひ最新のBBクリームをチェックしてみてはいかがでしょうか? 毎日のメイクがもっと簡単になるかもしれませんよ♡

 BBクリームとファンデーションを上手に活用して、メイクをもっと楽しんでくださいね!


キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...