マスクでの肌トラブルが辛い…4つの原因&対策方法を紹介!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-24 06:00
投稿日:2021-01-24 06:00
 感染症対策で、日常的にマスクをするようになった今、マスクによる肌トラブルに悩む人が急増しています。「マスクで隠れているから、まぁいいか!」と考える人も多いようですが、放置しておくとさらに悪化してしまうかも……。そこで今回は、マスクによる肌トラブルの原因と対策方法をご紹介します。

なぜマスクで肌トラブルが起こるの? 4つの原因

マスクの下で肌が悲鳴を上げている…(写真:iStock)
マスクの下で肌が悲鳴を上げている… (写真:iStock)

 まずは、どうしてマスクで肌トラブルが起こりやすくなるのか、その原因をチェックしてみましょう!

原因1. 肌のバリア機能が弱まる

 マスクをつけている時って、マスク内部がしっとりとして湿度が高くなっていますよね。一見、肌が保湿されそうなのですが、過度に湿度の高い状態が続くと肌の表面の水分と油分のバランスが崩れて、肌のバリア機能が弱まってしまいます。これにより、紫外線や雑菌の影響を受けやすくなり、肌トラブルにつながりやすくなります。

原因2. マスクを外した時に肌が一気に乾燥する

 マスクを外すと、マスクの中の湿気が蒸散すると同時に肌内部の水分まで一気に蒸発してしまい、乾燥状態になってしまいます。これにより、さらにバリア機能が弱くなり、肌トラブルの原因に。お風呂上がりや、サウナ後に肌が乾燥するのと同じ原理ですね。

原因3. マスクつけ外しによる摩擦が刺激になる

 マスクは、基本毎日付け替えるものです。さらに、食事や飲み物を飲む度にずらしているため、肌には摩擦による刺激が加わっています。この摩擦によって、肌の角層が剥がれやすくなり、肌がデリケートな状態になり、紫外線や雑菌などの刺激を受けやすくなってしまいます。

原因4. 雑菌が繁殖しやすい

 マスクをつけている時、顔表面は外気とは異なり、温度も湿度も高い状態が続きます。このような環境は、ニキビなどを悪化させる雑菌を繁殖させやすい状態に。

 また、湿度が高いと皮脂の分泌も増えるため、毛穴が詰まり、よりニキビなどが悪化しやすくなります。

マスクによる肌トラブルを防ぐ! 6つの対策方法

肌に優しい素材の布マスクに変えてみる(写真:iStock)
肌に優しい素材の布マスクに変えてみる (写真:iStock)

 続いては、マスクによる肌トラブルを防ぐための対策方法をご紹介しましょう。

1. マスクの素材を変えてみる

 普段から肌が刺激に弱い敏感肌の人は、マスクの摩擦による刺激で肌が荒れている可能性があります。不織布マスクを使っている人は、布マスクやガーゼタイプのマスクに変えてみましょう。

 ただし、布マスクでは感染症対策としての効果が得られないという意見もありますよね。心配な方は、不織布マスクと顔の間にガーゼを挟むことで、刺激を和らげることができますよ。

2. マスクをつける前に保湿クリームを塗っておく

 マスクをつける前に、しっかり保湿クリームを塗っておきましょう。これだけでも肌のバリア機能のサポートができるため、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことができます。

3. フェイスパウダーをつける

 普段のメイクの最後に、フェイスパウダーをつけてみましょう。パウダーが、マスクと皮膚との摩擦を軽減してくれます。また、メイクがマスクに移りにくくなるというメリットも。

4. マスク内部の汗をこまめに拭く

 マスク内部は常に高い湿度になっているため、夏場や汗をかいた時などには、こまめにマスク内部の汗を拭き取るようにしましょう。こうすることで、雑菌の繁殖を抑制することができます。また、汗を拭きとると乾燥してしまいがちですので、一緒に保湿ケアを行うことができるとベストですね。

5. マスクを外したら丁寧に洗顔する

 マスクを外した後は、顔の表面に皮脂や雑菌が多く付着しています。帰宅したら、いつもより丁寧に洗顔して、肌を清潔な状態に戻しておきましょう。

6. 清潔なマスクを使用する

 マスクは、毎日新しいものに取り替えましょう。雑菌が繁殖したマスクを繰り返し使っていると、肌トラブルにつながってしまいます。こまめに交換することで、肌を雑菌から守ることができますよ。

マスクによる肌トラブルは自分で治せる? 病院にいくべき?

ワセリン等でしっかりケアを(写真:iStock)
ワセリン等でしっかりケアを (写真:iStock)

 マスクによる肌トラブルが気になり始めたら、まずはワセリンなどバームタイプの保湿剤でしっかり保湿ケアをしてみましょう。ニキビや吹き出物ができている場合には、油分の少ないクリームで保湿すると良いようです。

 市販品を使って保湿と清潔状態を保っても悪化するようであれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

マスクによる肌トラブルは保湿と清潔を保って回避しよう!

マスクを外せる日が早く来ますように(写真:iStock)
マスクを外せる日が早く来ますように (写真:iStock)

 マスクによる肌トラブルの多くは、肌のバリア機能が低下したことによるものだと言われています。そのため、まずはマスクの中を清潔に保ち、しっかり保湿ケアをすることからはじめてみましょう。

 また、マスクの耳ゴムが痛くならない製品や、ずれにくいテープなど、マスクに関する便利な商品も多く販売されています。ぜひ上手に取り入れながら、マスク生活がより快適になるように工夫してみてくださいね!

ビューティー 新着一覧


美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...