痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-05-25 06:00
投稿日:2022-05-25 06:00
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよね。とはいえ、サンダルを履く時の悩みなのが「痛み」と「疲れ」。
 そこで今回は、痛くない&疲れないサンダルの選び方をご紹介します。足にぴったりのアイテムを選んで、楽しく夏を過ごしましょう!

痛くない&疲れないサンダルの選び方! 4つのポイント

 痛くない&疲れないサンダルを選びたいなら、試着は欠かせません。そこで、試着をする前提で、その際にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

1. 柔らかい素材か?

 サンダルを試着する際は、素材の柔らかさを確認しましょう。素材が硬いと足に当たる部分が靴擦れしてしまうことがあります。本革やスエード素材などなら、履き慣らしていくと自然と素材が伸びて足にフィットするため、痛くなりにくいですよ。

2. クッション性があるか?

 サンダルを履いた時のクッション性も重要です。クッション性がまったくないサンダルは、長時間履くと足が疲れてしまいます。

 また、土踏まずが浮いてしまっているとつま先に負担がかかり、外反母趾の原因になることも……。実際に履いてみて足にフィットするかを確認しましょう。

3. 足に強く当たる部分はないか?

 サンダルが足に強く当たる部分がありませんか? 特に、足の甲の部分やストラップの部分が強く当たっていると、靴擦れにつながります。

 また、実際に歩いてみるのも大切です。人それぞれ歩き方には違いがあるため、座った状態で強く当たらなくても、歩いてみると痛みを感じる部分に気が付くこともありますよ。

4. サイズは大きすぎないか?

 普通の靴の場合、ぴったりか少し大きめを選ぶ人が多いでしょう。でも、サンダルに関しては、歩いた時に足にしっかりくっついてくるジャストサイズか、少し小さめサイズのほうが、疲れにくくベストです。

 ただし、素材がビジューやストラップを使ったデザインの場合は小さすぎると食い込んでしまう場合もあるので、サイズ感に注意してくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...
おなかが鳴るの恥ずかしい!【専門家監修】ギュルギュル音を止める対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性の声に震撼! アラフォーのドン引きメイクにご用心
 アラフォー女性の皆さん! 20代男性を侮ってはいけませんよ。  彼らはアラフォー女性のメイクをこっそり観...
ポーチ忘れた!セブンに駆け込む→眉ペンシルだけで美眉は描けるのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
予算10万円、もち自腹!韓国美容旅で念願のリジュラン、水玉リフトetc.
 こんにちは! 「旅する複業家」の林知佳です。「韓国の美容医療は最強だ!」とは有名なお話ですが、2泊3日で顔面に“課金”...
「ちらほら白髪」ぐらいなら染めないがいい? 賢く簡単に隠す4つの方法
 30代を超えると「ちらほら白髪」が出てくるようになります。やはり、髪の毛に白髪があるかないかは、見た目年齢に大きな影響...
肩~頭皮までガチガチ【専門家監修】肩こり解放メソッドでもう悩まない
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...