「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)

コクハク編集部
更新日:2022-06-23 11:57
投稿日:2022-06-23 06:00
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるように……。

御菓子処すだの「エンガトルテ」

た、食べたことがない…(C)コクハク
た、食べたことがない… (C)コクハク

 アラフォーです、いいトシです。大それたものではなく、さり気なく、「ほんの気持ち」をブツ(!)で示せるようになれたらいいなあ。

 新潟・柏崎にIターンした学生時代の友人から送られてきた、地元の人気店「御菓子処すだ」の「エンガトルテ」。スイスのエンガディン地方に伝わる伝統菓子をアレンジした焼き菓子で、バターをふんだんに使ったリッチなクッキー生地の中に、生クリームのたっぷりのキャラメルにクルミがざっくざくと入った“骨太”系のスイーツです。

「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品(C)コクハク
「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品 (C)コクハク

 筆者は「リッチショコラ」という期間限定品をもらったのですが、コーヒーに合う! ちょうどいいサイズ感で、小腹が空いたときにもぴったりです。

 リッチショコラは、クルミのほかにヘーゼルナッツも入っているWナッツ仕様。生地もカカオ60%のチョコレートが練り込まれたココアタイプです。

かぶりつくのが正解かも?(C)コクハク
かぶりつくのが正解かも? (C)コクハク

 リピしたいと思い、店のHPを見ると実店舗は新潟県内に2店舗のみの展開。オンラインショップはあるものの、都内で買えないのね……と思うと、ありがたみもマシマシでした。5個入りで1050円。

京らく製あん所の「あんビスキュイ」

「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円(C)コクハク
「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円 (C)コクハク

 横浜在住の方と打ち合せした際にいただいたのが、京らく製あん所の「あんビスキュイ」です。京都に本社を構える製菓会社が打ち出すブランドの新商品。おしるこやもなかを販売している同会社は、和菓子の命ともいえるあんこは得意中の得意です。

つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り(C)コクハク
つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り (C)コクハク

 こだわりまくっている「餡」をバターをふんだんに使ったビスキュイ生地で挟んだ、これまたフィンガーサイズなのに“骨太”系のスイーツです。

 実店舗は京都、大阪、そして横浜のみ。オンラインでも購入オッケー。

ほんの気持ちとして「喜ばれるお菓子」7カ条

自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道(C)コクハク
自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道 (C)コクハク

 お菓子は、心温まる「ほんの気持ち」にぴったりの贈り物。そこにちょびっとだけ、特別感を出すにはどんな条件がいいのかしら……? まとめてみました。

1. オンラインでも購入できるけれど、店舗数や販売エリアが限られている
2. “知る人ぞ知る”感があったらなおよし
3. 上限1500円程度(2000円だと、ちょっと高いイメージ)
4. 自分自身に贈りたい(贈られたら嬉しい)と思うかどうか
5. 2週間から1カ月ぐらいは日持ちがする
6. 手乗りサイズの個包装(食べ過ぎ予防←ここ大事)

 そうそう。「息抜きもしてね」といったことばをかけていただきました。面と向かってではなくても、小さなカードを添えてもいいですね。さり気ない気遣いが感じられる「ことば」は大事であり、ジーーーンと響きます。

7. ことばを添える

 こちらも、加えまして。

 贈り物をする行為自体、“自己満”かもしれませんが、それをいっちゃあ、おしまいよ(苦笑)。7カ条を心に刻み、贈り物上手に近づけたらいいな、と思う今日この頃です。

 上記のお菓子はいずれもフィリングと生地の歯ざわり&コントラストが絶妙で、甘さの余韻も上品。ついつい手が伸びてしまいそうになる禁断のスイーツですので、「6. 手乗りサイズの個包装」は要注意です(苦笑)。

 でもって、「4. 自分自身に贈りたい」を実践されてもよろしいかと思っております。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「牡蠣の味噌漬け」粉チーの至福ってやつは…濃縮うま味が◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の和食居酒屋「魚殿」の皆藤航一さんに、...
「春キャベツとサバ缶のアンチョビー風味」パスタ投入? もちろんグー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のビストロ「ビストロ ヴォージュ」の佐...
自販機で購入!注目食材「ビーフン」を食す 2022.4.14(木)
 ロシアによるウクライナ侵攻の影響で小麦の高騰が続いています。食品メーカーのはごろもフーズは2022年2月の出荷分からパ...
「新玉ネギのピザ風チーズ焼き」生地不要、春の定番に決定!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のビストロ「ビストロ ヴォージュ」の佐...
「砂肝とセロリのサラダ風」苦手な人もたっぷりイケちゃう!?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のビストロ「ビストロ ヴォージュ」の佐...
「洋風お刺し身」にんにくは皿に塗り込むぐらいがちょうど◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のビストロ「ビストロ ヴォージュ」の佐...
「ちいかわ」マカロン かわいすぎて悶絶♡ 2022.4.9(土)
 人気イラストレーターのナガノさんが描く「ちいかわ」と洋菓子店「ダロワイヨ」がコラボしているのを知っていますか? かわ...
「マグロとアボカドのタルタル」わさびの“軽ツン”がクセに♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のビストロ「ビストロ ヴォージュ」の佐...
コンビニでおいしく手軽に「タンパク質」を 2022.4.7(木)
 最近筋トレを始めました。毎日自宅でYouTubeを見つつ、引き締まった体を夢見て頑張っています。  筋トレに必須なの...
「塩豚のポトフ」胃に染み渡る~!調味料いらずの洋風おでん
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町のビストロ「ラ ブーシュリー グート...
「豚バラ肉のビール煮込み」うま味の秘密は西洋のかつおぶし
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町のビストロ「ラ ブーシュリー グート...
【ハーゲンダッツ】新シリーズを食べ比べ 2022.4.2(土)
 3月15日から期間限定で新発売されている「ハーゲンダッツ」の新シリーズ。ミニカップ クラシック洋菓子「ナポレオンパイ~...
「生ハムとウフブルイエ」普通の卵でもリッチな風味の秘密は
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町のビストロ「ラ ブーシュリー グート...
サイゼリヤ「ラムのランプステーキ」を食す 2022.3.31(木)
 3月9日にサイゼリヤが“2022年春のグランドメニュー改定”を行いました。それに伴い、2021年3月に発売された「ラム...
「カボチャの煮物」炊き込みご飯でリメーク 2022.3.30(水)
 多分に漏れず、「芋栗南瓜(いもくりなんきん)」が好きな女です。秋の味覚といわれるそれらの中でも、カボチャは一年中、スー...
「ポークソテー」どどーん!厚さは2cm以上、噛むほどにうま味が♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町のビストロ「ラ ブーシュリー グート...