うっかり日焼けは24時間以内が勝負! 3ステップの徹底ケア

コクハク編集部
更新日:2019-07-15 06:00
投稿日:2019-07-15 06:00
 しっかりUVケアをしたはずなのに、なぜかうっかり日焼けをしてしまった! そんな経験がある方は多いはず。黒ずんだ肌を見てため息をつかないためにも、日焼け後24時間以内にできる徹底ケアを覚えましょう!

うっかり日焼けをしやすいパーツは? 放置するとどうなる?

うっかり日焼けは放っておかずに即対処!(写真:iStock)
うっかり日焼けは放っておかずに即対処! (写真:iStock)

「うっかり日焼け」が起こるシーンはさまざま。日焼け止めの塗り忘れはもちろん、ほんのちょっとの外出時や、アスファルトからの照り返しによって日焼けをしてしまうこともありますよね。まずは、そんなうっかり日焼けが起きやすい部位や、放置する危険について見てみましょう。

うっかり日焼けをしやすいパーツ

 まずは、うっかり日焼けが起こりやすいパーツをチェック! これからのUVケアに役立ててくださいね。

【顔】おでこ・頬・鼻
 顔では、少し高さがあるおでこ・頬・鼻が、日焼けをしやすいパーツ。日焼け止めを重ね付けしたり、UVカット効果のあるメイクアイテムを利用したりなど、日頃の工夫で予防することができます。

【体】デコルテ・首回り・耳の後ろ・手の甲・足の甲
 デコルテや首回り、耳の後ろは、日焼け止めを塗り忘れたり、適当に塗ってしまったりすることから、日焼けが起こりやすいパーツです。また、手の甲・足の甲にも注意が必要。特に足の甲は、アスファルトからの照り返しの影響で焼けやすいため、十分に対策を行いましょう。

日焼けを放置するのはNG!肌老化の原因に

 加齢に伴い、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルに悩む方は多いです。「年のせい」だと思われがちなこれらの症状は、実は紫外線のダメージによる「光老化」が大きな原因! つまりは、何十年にもわたって蓄積されてきたメラニンによって、これらの肌トラブルが発生してしまうということ。日頃のUVケアが、いかに大事かが分かりますね。

 また、紫外線は肌の細胞を傷つけてしまうため、ターンオーバーの乱れや乾燥を引き起こし、肌状態を悪化させてしまいます。将来の肌老化を防ぐためにも、日焼けの放置は絶対にNGなんです。

うっかり日焼け後、24時間以内にやるべき3STEPのケア

まずは火照りを鎮めることから(写真:iStock)
まずは火照りを鎮めることから (写真:iStock)

 うっかり日焼けをしてしまった時、すぐにでもやるべき3ステップケアを紹介します。24時間の行動が、将来の美肌を左右するかも。要チェック!

STEP1. 肌を清潔にして火照りをクールダウン

 日焼けをした肌は、言ってみれば軽い火傷を起こしている状態。程度がひどければ、水ぶくれや炎症を起こして跡に残る可能性もあるので、丁寧なケアが必要です。そのため、まずは肌を清潔にしてメイクやホコリなどの汚れを取り除くことから始めましょう。

 その後は、火照りを鎮めるためのクールダウンを。濡らしたタオルや保冷剤を包んだガーゼなどで、日焼けした部分を冷やしましょう。この時、タオルなどで擦るなどの刺激は極力控えて。また、日焼け後には、熱いシャワーやお風呂を控えることが肝心です。とにかく、肌を冷やすことを優先して考えましょう。

STEP2. 刺激が少ない化粧水&乳液で保湿ケア

 クールダウン後には、敏感肌用など刺激が少ないスキンケアで保湿ケアを行います。日焼け後の肌はとにかく水分不足。保湿力が高い化粧水や乳液を、たっぷりと塗りましょう。また、薬局やドラッグストアには、日焼けケア用のジェルなども販売されています。日焼けの範囲が広ければ、このようなアイテムを使うのも◎

 ちなみに、美白有効成分が配合されたスキンケア製品は、肌に刺激が強い場合があります。しっかり炎症が収まり、肌の状態が落ち着いてから使うようにしましょう。

STEP3. 水分補給&日焼けに良い栄養素を補給する

 体の内側からの日焼けケアも肝心です。日焼け後には肌が脱水症状を起こしている状態のため、水分補給をこまめに行ってください。また、美白に良いとされるビタミン類やリコピン、肌のターンオーバー力をアップさせる亜鉛やタンパク質などの栄養素を含む食材を積極的に摂り入れると、肌ダメージをより速やかに回復できます。サプリなどで摂取するのもオススメです。

うっかり日焼けは速やかケアでなかったことに♪

丁寧なケアが数年後のお肌を作るから…(写真:iStock)
丁寧なケアが数年後のお肌を作るから… (写真:iStock)

 いかがでしょうか。「うっかり日焼け」は起こらないのが1番ですが、万が一、日焼けをしてしまっても慌てず放置せず、速やかに対処することで、肌ダメージは最低限に抑えられるはず。でも、より大切なのはその後のケア。数年後のシミやシワなどの老化を防ぐためにも、日焼け後のスキンケアはより入念に行ってくださいね。

ビューティー 新着一覧


FILM
 メイクにはさまざまなアイテムがあり、それをどう使いこなすかによって仕上がりが変わってきます。今回のテーマである「チーク...
FILM
 夏は軽装のため、なんとなくマンネリなコーディネートになってしまいませんか? そんなあなたにオススメなのが、バンダナを使...
FILM
「せっかくダイエットしたのにリバウンドしちゃった……」そんな経験はありませんか?ダイエットは、ただがむしゃらに運動をした...
FILM
 近頃、「ベビーパウダー」を使って、ファンデ崩れ対策をするメイク方法が流行っているようです。なんでも、時間が経ってもサラ...
FILM
 梅雨は湿気が多いため、前髪を巻いても、すぐにぺたんこになるとお悩みではありませんか? また、汗ばんだりすることで、前髪...
FILM
 第一印象を作るパーツの代表「顔」。年齢が10歳違って見えるというデータもあるくらい、顔にたるみがある人とない人では、見...
FILM
 どんなに綺麗にメイクをしても、時間が経つと起こる「肌のテカり」。なんとかならないかな……? と、日々悩んでいる人は多い...
FILM
 ステイホームが長く続き、ZOOM飲みではいつもより飲みすぎた……。または、家にいる時間が長くなってしまい、ついつい間食...
FILM
 肌がべたついたり、テカってくると気になるもの。そんな時、あぶらとり紙を使ってケアしている人も多いでしょう。しかし、普段...
FILM
 目鼻立ちがくっきりとした「派手顔女性」は多くの女性から羨ましがられる存在。しかし、実際は「ケバく見られる」「ナチュラル...
FILM
 コロナ蔓延の前後で一番大きく変わったのが、「マスク着用」という新習慣ではないでしょうか?暑い季節を迎えるにあたって、マ...
FILM
 毎日のように使用するメイク道具ですが、意外にもお手入れをしていない人が多くいます。でも、メイク道具が汚れていると、メイ...
FILM
 紫外線が強まってきたうえに、コロナ疲れやウイルスに負けない身体づくりも気になる今日この頃。こんなとき、デイリー美容に積...
FILM
「メイクブラシをプロみたいに使いこなしたい!」と思っても、種類が多くて何を選んで良いか迷ってしまう人も多いでしょう。そこ...
FILM
 その日のメイクやファッションの気分によって、ホクロを描く女性が増えています。描く位置によって、可愛くもなればセクシーな...
FILM
「メイクを研究しているのに、イマイチメイクが決まらない……」その理由は、顔の黄金比を無視しているからもしれません。実は、...