今すぐストップ! 美肌を破壊する日常の“NGスキンケア”3つ

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-06-19 06:00
投稿日:2019-06-19 06:00
日差しが強い季節になりました。(写真:iStock)
日差しが強い季節になりました。 (写真:iStock)

 日差しが強くなるこの季節、いつも以上に肌のケアを念入りにされている女性も多いことでしょう。でも、少しだけ振り返ってみてください。そのケアは逆に肌を傷めていませんか?

 今回は発売されたばかりの美容&恋愛本「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」の著者である蒼井凜花が、自戒の意味を込めて「女性がやりがちな間違った肌ケア」についてお伝えいたします。

1. 洗顔時、シャワーを直接顔に浴びる。

シャワーの水圧は皮膚にかなりのダメージ(写真:iStock)
シャワーの水圧は皮膚にかなりのダメージ (写真:iStock)

 CMでもよく見かける「シャワーの水を直接顔に浴びる」行為に疑問を抱く女性はいないと思います。

 しかし、水圧は肌にけっこうな負担をかけています。ただでさえクレンジング剤や洗顔料でバリアを失い、無防備になった皮膚には、かなりのダメージがあると覚えておきましょう。

 面倒でも、手のひらにすくったぬるま湯ですすぐことを習慣化してください。

2. 美顔マッサージが老け顔を作る

普段から口角を意識して(写真:iStock)
普段から口角を意識して (写真:iStock)

 顔のマッサージやツボ指圧を、日々のスキンケアに取り入れている女性も多いでしょう。

 しかし、過度な刺激は考えもの。必要以上の摩擦や圧が、肌の色素沈着や黒ずみ、筋繊維を破壊して、シワやタルミの原因になることもあるのです。

 マッサージはあくまでも優しく。そして、必ずマッサージクリームやオイルを使用しましょう。

 私自身、タルミ防止はマッサージのみに頼らず、前回のコラム「今や美人の常識!『鼻の下は短く』をメイクのひと手間でGET!」でもお伝えしたように、以下のことを心がけています。

・普段から口角をあげる習慣をつける
・口の中で舌をぐるぐるローリングする(頬の粘膜を内側からアイロンがけするように)

 これを続けるだけで、口もとのもたつきが激減します。

 顔面や舌の筋肉を鍛える顔ヨガは、老化防止におススメです。

3. 肌が悲鳴をあげる睡眠をとっていませんか?

眠るときも「キレイ」を忘れない(写真:iStock)
眠るときも「キレイ」を忘れない (写真:iStock)

 過度なマッサージに加えて、睡眠時にも注意が必要です。

 皮膚科のお医者さまが「枕の摩擦や圧迫で頬が黒ずんだり、シワができている女性が増えている」と教えて下さり、以来、私は仰向けで寝るようになりました。

 また、首のシワを作らないためにも「低めの枕」は必須。

 そして意外に自分では気づかないのがボディーの黒ずみです。

 あるベテランのエステティシャンは、「ガードルやストッキングがこすれて、腰やヒップまわりに色素沈着している女性がとても多い」と話されていました。

 ボディーラインを美しく見せるための下着類が、逆に肌にダメージを与えているのです。

 締めつけのキツイ下着は要注意ですね。

まとめ

 いかがでしたか? シャワーは直接顔に浴びない。過度なフェイスマッサージは避ける。枕による摩擦とともに、下着の圧迫にも気をつける。

 日々の些細な心がけが、10年後の美しさにつながります。

 あなたの大切なお肌を優しくケアしてくださいね。

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM