絶対焼かない日焼け止めの選び方!おすすめのSPF数値は?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-18 06:00
投稿日:2019-05-18 06:00
 日差しが強くなってくる季節を迎えると、「日焼け止めを新調しようかな?」という気持ちになりますよね。とにかくSPF&PAの数値が高い日焼け止めを選んでいる方も多いようですが、実はこれは肌に負担をかける可能性も!そこで今回は日焼け止めの選び方や、避けて通れないSPF&PAについて詳しくお伝えします。

【基礎知識】日焼け止めの「SPF&PA」は難しくない!

日差しが気持ちいい季節になりました(写真:iStock)
日差しが気持ちいい季節になりました (写真:iStock)

 日焼け止めを買う時、要チェックなのが「SPF&PA」。まずはこの2つの数値について、軽く見ていきましょう。

まずは紫外線の「UV-A」と「UV-B」の違いを知る

「紫外線」と一言で言っても、「UV-A・UV-B・UV-C」と3つの種類に分かれます。UV-Cは地表にまで届かないため、防ぐべきは「UV-A」と「UV-B」の2つだけ。

●UV-A……全紫外線の約95%ほど。1年を通して降り注いでいる。2〜3割が肌の深部にまで到達して、肌老化を引き起こす。

●UV-B……全紫外線の約5%ほど。4〜9月に多くなる。肌表面にダメージを与えて、炎症などひどい日焼けを引き起こし、その後シミなどの肌ダメージを引き起こす。

 要は、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こすのが「UV-A」で、強いパワーで肌ダメージを引き起こすのが「UV-B」だということ。

SPF&PAとは

 日焼け止めの表記に必ずある「SPF&PA」ですが、ざっくり言うと、強いパワーで肌ダメージを引き起こす「UV-B」を防ぐのが「SPF」で、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こす「UV-A」を防ぐのが「PA」です。

 SPFは1〜50+まで、PAは+〜++++までの数値で表されますが、基本的に数値が高いほど防御効果があると思っておいてOKです。

SPFに注目!計算方法を知っておくことが肝心!

スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト(写真:iStock)
スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト (写真:iStock)

 初夏〜秋始めにかけて最も降り注ぐ紫外線のUV-Bは、赤みや水ぶくれを引き起こすだけではなく、将来のシミやシワなど肌老化に繋がります。

 このUV-Bを防ぐSPFについて、もう少し掘り下げていきましょう。

SPF数値が高ければ良いわけじゃない

「SPF30は30時間効果が続く」と、思っている方は多いよう。でも、これは大きな間違い!実は、SPF数値は「紫外線によって起こる肌へのダメージをどのくらい遅らせてくれるか」を表すものなのです。

 そのため、どんなにSPF数値の高い日焼け止めを使っても、紫外線は少なからず肌に浸透してしまうということを頭に置いておきましょう。

【SPFの計算方法】

 SPF1は、約20分を1単位としています。例えば、SPF15→20分×15=300分、SPF50→20分×50=1,000分、日焼けを遅らせることができます。

 ただし、日焼けをしやすいかそうでないかには個人差がありますし、日焼け止めの効果は時間の経過とともに弱まるため、数値だけを見て安心せずに、こまめに塗り直したりなど正しく使うことが大切です。

【シーンによって使い分けるSPF数値の選び方】

 計算するのが面倒、よく分からないという方のために、シーン例を用意したのでご覧ください。

●通勤時や短時間の外出時……SPF10〜20

●スポーツや1時間以上の外出時……SPF15〜30

●海や山などのレジャー時……SPF50

 そうなんです。実は、毎日の通勤時にSPF50の日焼け止めを使う必要はないんです!

 日焼け止めは効果が高いものほど肌にとって負担となる成分が多く配合されているため、余計な肌トラブルを勃発させないためにも、シーンに合わせてSPF数値を使い分けることが肝心なんですよ。

適切な日焼け止めを選んだら正しい使い方をチェック!

こまめに塗り直すことが一番大事!(写真:iStock)
こまめに塗り直すことが一番大事! (写真:iStock)

 日焼け止めは選び方はもとより、正しく使うことも大切。そこで最後に、絶対に守るべきポイントをお伝えします。

去年のものは使わない

 去年の日焼け止めが余っているという方は多いでしょう。でも、開封済みの日焼け止めには、酸化による劣化や、雑菌などが繁殖している恐れがあります。無駄にしないためにも、1シーズンで使いきれる量を購入するようにしましょう。

適量を守って使う

 一般的に日焼け止めは、1㎠あたり2mgの量を塗ることが推奨されています。試してみると分かるのですが、これはかなり多い量。

 SPF&PA数値が高くても、ベタつかない、白浮きしない日焼け止めもたくさん販売されているので、使用感を試してから購入することをおすすめします。

こまめに塗り直す

 1番大切なのがこれ。こまめに塗りなおすこと!日焼け止めの効果は、時間が経つに連れてだんだんと弱まってしまいます。2〜3時間おきに塗り直すのが良いと言われていますが、難しい場合には手軽に使えるスプレータイプや飲む日焼け止めを併用してみると良いかもしれません。

ウォータープルーフタイプは専用のクレンジングを

「海やプールでも落ちにくい!」が売りの日焼け止めは、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤など、肌にとって負担になりやすい成分が配合されています。

 うっかり肌に残してしまうと肌トラブルの原因にもなるため、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは専用のクレンジングを使ってきちんと落とすようにしましょう。

今年こそ優秀日焼け止めで白肌キープ!

今年こそ白肌キープを!(写真:iStock)
今年こそ白肌キープを! (写真:iStock)

 日焼け止めを付けているのに、なぜか毎年焼けてしまう……そう悩む方も、メカニズムが分かって、日焼け止めとの向き合い方も変わるのではないでしょうか。

「日焼け止めは肌に悪い」なんて言われますが、塗らないよりは塗った方が断然マシ!敏感肌用のメーカーからもSPF強めの製品が続々登場しているため、肌が弱めな方もトラブルなく白肌をキープすることができますよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...