絶対焼かない日焼け止めの選び方!おすすめのSPF数値は?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-18 06:00
投稿日:2019-05-18 06:00
 日差しが強くなってくる季節を迎えると、「日焼け止めを新調しようかな?」という気持ちになりますよね。とにかくSPF&PAの数値が高い日焼け止めを選んでいる方も多いようですが、実はこれは肌に負担をかける可能性も!そこで今回は日焼け止めの選び方や、避けて通れないSPF&PAについて詳しくお伝えします。

【基礎知識】日焼け止めの「SPF&PA」は難しくない!

日差しが気持ちいい季節になりました(写真:iStock)
日差しが気持ちいい季節になりました (写真:iStock)

 日焼け止めを買う時、要チェックなのが「SPF&PA」。まずはこの2つの数値について、軽く見ていきましょう。

まずは紫外線の「UV-A」と「UV-B」の違いを知る

「紫外線」と一言で言っても、「UV-A・UV-B・UV-C」と3つの種類に分かれます。UV-Cは地表にまで届かないため、防ぐべきは「UV-A」と「UV-B」の2つだけ。

●UV-A……全紫外線の約95%ほど。1年を通して降り注いでいる。2〜3割が肌の深部にまで到達して、肌老化を引き起こす。

●UV-B……全紫外線の約5%ほど。4〜9月に多くなる。肌表面にダメージを与えて、炎症などひどい日焼けを引き起こし、その後シミなどの肌ダメージを引き起こす。

 要は、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こすのが「UV-A」で、強いパワーで肌ダメージを引き起こすのが「UV-B」だということ。

SPF&PAとは

 日焼け止めの表記に必ずある「SPF&PA」ですが、ざっくり言うと、強いパワーで肌ダメージを引き起こす「UV-B」を防ぐのが「SPF」で、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こす「UV-A」を防ぐのが「PA」です。

 SPFは1〜50+まで、PAは+〜++++までの数値で表されますが、基本的に数値が高いほど防御効果があると思っておいてOKです。

SPFに注目!計算方法を知っておくことが肝心!

スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト(写真:iStock)
スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト (写真:iStock)

 初夏〜秋始めにかけて最も降り注ぐ紫外線のUV-Bは、赤みや水ぶくれを引き起こすだけではなく、将来のシミやシワなど肌老化に繋がります。

 このUV-Bを防ぐSPFについて、もう少し掘り下げていきましょう。

SPF数値が高ければ良いわけじゃない

「SPF30は30時間効果が続く」と、思っている方は多いよう。でも、これは大きな間違い!実は、SPF数値は「紫外線によって起こる肌へのダメージをどのくらい遅らせてくれるか」を表すものなのです。

 そのため、どんなにSPF数値の高い日焼け止めを使っても、紫外線は少なからず肌に浸透してしまうということを頭に置いておきましょう。

【SPFの計算方法】

 SPF1は、約20分を1単位としています。例えば、SPF15→20分×15=300分、SPF50→20分×50=1,000分、日焼けを遅らせることができます。

 ただし、日焼けをしやすいかそうでないかには個人差がありますし、日焼け止めの効果は時間の経過とともに弱まるため、数値だけを見て安心せずに、こまめに塗り直したりなど正しく使うことが大切です。

【シーンによって使い分けるSPF数値の選び方】

 計算するのが面倒、よく分からないという方のために、シーン例を用意したのでご覧ください。

●通勤時や短時間の外出時……SPF10〜20

●スポーツや1時間以上の外出時……SPF15〜30

●海や山などのレジャー時……SPF50

 そうなんです。実は、毎日の通勤時にSPF50の日焼け止めを使う必要はないんです!

 日焼け止めは効果が高いものほど肌にとって負担となる成分が多く配合されているため、余計な肌トラブルを勃発させないためにも、シーンに合わせてSPF数値を使い分けることが肝心なんですよ。

適切な日焼け止めを選んだら正しい使い方をチェック!

こまめに塗り直すことが一番大事!(写真:iStock)
こまめに塗り直すことが一番大事! (写真:iStock)

 日焼け止めは選び方はもとより、正しく使うことも大切。そこで最後に、絶対に守るべきポイントをお伝えします。

去年のものは使わない

 去年の日焼け止めが余っているという方は多いでしょう。でも、開封済みの日焼け止めには、酸化による劣化や、雑菌などが繁殖している恐れがあります。無駄にしないためにも、1シーズンで使いきれる量を購入するようにしましょう。

適量を守って使う

 一般的に日焼け止めは、1㎠あたり2mgの量を塗ることが推奨されています。試してみると分かるのですが、これはかなり多い量。

 SPF&PA数値が高くても、ベタつかない、白浮きしない日焼け止めもたくさん販売されているので、使用感を試してから購入することをおすすめします。

こまめに塗り直す

 1番大切なのがこれ。こまめに塗りなおすこと!日焼け止めの効果は、時間が経つに連れてだんだんと弱まってしまいます。2〜3時間おきに塗り直すのが良いと言われていますが、難しい場合には手軽に使えるスプレータイプや飲む日焼け止めを併用してみると良いかもしれません。

ウォータープルーフタイプは専用のクレンジングを

「海やプールでも落ちにくい!」が売りの日焼け止めは、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤など、肌にとって負担になりやすい成分が配合されています。

 うっかり肌に残してしまうと肌トラブルの原因にもなるため、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは専用のクレンジングを使ってきちんと落とすようにしましょう。

今年こそ優秀日焼け止めで白肌キープ!

今年こそ白肌キープを!(写真:iStock)
今年こそ白肌キープを! (写真:iStock)

 日焼け止めを付けているのに、なぜか毎年焼けてしまう……そう悩む方も、メカニズムが分かって、日焼け止めとの向き合い方も変わるのではないでしょうか。

「日焼け止めは肌に悪い」なんて言われますが、塗らないよりは塗った方が断然マシ!敏感肌用のメーカーからもSPF強めの製品が続々登場しているため、肌が弱めな方もトラブルなく白肌をキープすることができますよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ビューティー 新着一覧


実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...