絶対焼かない日焼け止めの選び方!おすすめのSPF数値は?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-18 06:00
投稿日:2019-05-18 06:00
 日差しが強くなってくる季節を迎えると、「日焼け止めを新調しようかな?」という気持ちになりますよね。とにかくSPF&PAの数値が高い日焼け止めを選んでいる方も多いようですが、実はこれは肌に負担をかける可能性も!そこで今回は日焼け止めの選び方や、避けて通れないSPF&PAについて詳しくお伝えします。

【基礎知識】日焼け止めの「SPF&PA」は難しくない!

日差しが気持ちいい季節になりました(写真:iStock)
日差しが気持ちいい季節になりました (写真:iStock)

 日焼け止めを買う時、要チェックなのが「SPF&PA」。まずはこの2つの数値について、軽く見ていきましょう。

まずは紫外線の「UV-A」と「UV-B」の違いを知る

「紫外線」と一言で言っても、「UV-A・UV-B・UV-C」と3つの種類に分かれます。UV-Cは地表にまで届かないため、防ぐべきは「UV-A」と「UV-B」の2つだけ。

●UV-A……全紫外線の約95%ほど。1年を通して降り注いでいる。2〜3割が肌の深部にまで到達して、肌老化を引き起こす。

●UV-B……全紫外線の約5%ほど。4〜9月に多くなる。肌表面にダメージを与えて、炎症などひどい日焼けを引き起こし、その後シミなどの肌ダメージを引き起こす。

 要は、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こすのが「UV-A」で、強いパワーで肌ダメージを引き起こすのが「UV-B」だということ。

SPF&PAとは

 日焼け止めの表記に必ずある「SPF&PA」ですが、ざっくり言うと、強いパワーで肌ダメージを引き起こす「UV-B」を防ぐのが「SPF」で、じっくりじわじわ肌ダメージを引き起こす「UV-A」を防ぐのが「PA」です。

 SPFは1〜50+まで、PAは+〜++++までの数値で表されますが、基本的に数値が高いほど防御効果があると思っておいてOKです。

SPFに注目!計算方法を知っておくことが肝心!

スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト(写真:iStock)
スポーツや1時間以上の外出時はSPF15〜30がベスト (写真:iStock)

 初夏〜秋始めにかけて最も降り注ぐ紫外線のUV-Bは、赤みや水ぶくれを引き起こすだけではなく、将来のシミやシワなど肌老化に繋がります。

 このUV-Bを防ぐSPFについて、もう少し掘り下げていきましょう。

SPF数値が高ければ良いわけじゃない

「SPF30は30時間効果が続く」と、思っている方は多いよう。でも、これは大きな間違い!実は、SPF数値は「紫外線によって起こる肌へのダメージをどのくらい遅らせてくれるか」を表すものなのです。

 そのため、どんなにSPF数値の高い日焼け止めを使っても、紫外線は少なからず肌に浸透してしまうということを頭に置いておきましょう。

【SPFの計算方法】

 SPF1は、約20分を1単位としています。例えば、SPF15→20分×15=300分、SPF50→20分×50=1,000分、日焼けを遅らせることができます。

 ただし、日焼けをしやすいかそうでないかには個人差がありますし、日焼け止めの効果は時間の経過とともに弱まるため、数値だけを見て安心せずに、こまめに塗り直したりなど正しく使うことが大切です。

【シーンによって使い分けるSPF数値の選び方】

 計算するのが面倒、よく分からないという方のために、シーン例を用意したのでご覧ください。

●通勤時や短時間の外出時……SPF10〜20

●スポーツや1時間以上の外出時……SPF15〜30

●海や山などのレジャー時……SPF50

 そうなんです。実は、毎日の通勤時にSPF50の日焼け止めを使う必要はないんです!

 日焼け止めは効果が高いものほど肌にとって負担となる成分が多く配合されているため、余計な肌トラブルを勃発させないためにも、シーンに合わせてSPF数値を使い分けることが肝心なんですよ。

適切な日焼け止めを選んだら正しい使い方をチェック!

こまめに塗り直すことが一番大事!(写真:iStock)
こまめに塗り直すことが一番大事! (写真:iStock)

 日焼け止めは選び方はもとより、正しく使うことも大切。そこで最後に、絶対に守るべきポイントをお伝えします。

去年のものは使わない

 去年の日焼け止めが余っているという方は多いでしょう。でも、開封済みの日焼け止めには、酸化による劣化や、雑菌などが繁殖している恐れがあります。無駄にしないためにも、1シーズンで使いきれる量を購入するようにしましょう。

適量を守って使う

 一般的に日焼け止めは、1㎠あたり2mgの量を塗ることが推奨されています。試してみると分かるのですが、これはかなり多い量。

 SPF&PA数値が高くても、ベタつかない、白浮きしない日焼け止めもたくさん販売されているので、使用感を試してから購入することをおすすめします。

こまめに塗り直す

 1番大切なのがこれ。こまめに塗りなおすこと!日焼け止めの効果は、時間が経つに連れてだんだんと弱まってしまいます。2〜3時間おきに塗り直すのが良いと言われていますが、難しい場合には手軽に使えるスプレータイプや飲む日焼け止めを併用してみると良いかもしれません。

ウォータープルーフタイプは専用のクレンジングを

「海やプールでも落ちにくい!」が売りの日焼け止めは、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤など、肌にとって負担になりやすい成分が配合されています。

 うっかり肌に残してしまうと肌トラブルの原因にもなるため、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは専用のクレンジングを使ってきちんと落とすようにしましょう。

今年こそ優秀日焼け止めで白肌キープ!

今年こそ白肌キープを!(写真:iStock)
今年こそ白肌キープを! (写真:iStock)

 日焼け止めを付けているのに、なぜか毎年焼けてしまう……そう悩む方も、メカニズムが分かって、日焼け止めとの向き合い方も変わるのではないでしょうか。

「日焼け止めは肌に悪い」なんて言われますが、塗らないよりは塗った方が断然マシ!敏感肌用のメーカーからもSPF強めの製品が続々登場しているため、肌が弱めな方もトラブルなく白肌をキープすることができますよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...