「さくらんぼのブルスケッタ」甘味と塩加減がいいあんばい

コクハク編集部
更新日:2020-06-05 06:00
投稿日:2020-06-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「メリプリンチペッサ 渋谷店」の江口慶さんに、カラフルな「さくらんぼのブルスケッタ」のレシピを教えていただきました。

パンにのせてトースターで焼くだけ

会う酒=白ワイン(C)コクハク
会う酒=白ワイン (C)コクハク

「僕が言うのもなんですが、ウマいですよ」

 食いしん坊で酒好きの広島男が、満面の笑みを浮かべながら差し出したのが、この一皿です。モッツァレラチーズの白を背景に、サクランボの赤と生ハムのピンクが目に鮮やか。

 おいしいことを確信して口に運ぶと、やっぱり! モッツァレラと生ハムの塩加減とウマ味にサクランボの甘味が加わって、いいあんばいです。噛み進めるうちにフランスパンの甘味と塩分も混然一体となります。店で前菜のひとつにこれが出てくると、食欲に火がつくこと間違いナシですね。

「調味料は一切使っていません。生ハムやチーズの塩分とサクランボの甘味を生かすのみです」

 手間という手間は、サクランボの種を抜いて、半分に切っておくことくらいです。フランスパンにモッツァレラとサクランボをのせ、オーブントースターで軽く焼きます。チーズが溶けて、サクランボの切り口がほんのり茶色くなる程度で十分です。

「フランスパンがなければ食パンでいい。モッツァレラをスライスチーズやとろけるチーズで代用しても構いません」

 サクランボの種を抜いたら、フランスパンにのっけて焼くだけ。作業はこれだけだから、食パンやスライスチーズで代用することなく、せめてフランスパンとモッツァレラは用意したいものです。記者は自宅で作ってみましたが、おいしさの違いは歴然。しかし、とにかく簡単でウマいだけに、食べ過ぎにご注意あれ。

【材料】

・フランスパン 適量
・モッツァレラチーズ 適量
・サクランボ 適量
・生ハム 適量

【レシピ】

1. フランスパンを2センチ幅に切る。
2. モッツァレラチーズでフランスパンの表面を覆ったら、半切りしたサクランボをパン1つに3個の割合でのせる。
3. 2をオーブントースターでチーズが溶けて、サクランボが茶色くなるくらい焼く。
4. 生ハムをのせる。

本日のダンツマ達人…江口慶さん

▽えぐち・けい
 白金のフレンチ「オザワ」や渋谷のイタリアン「バッカーノ」などで腕を磨き、2007年11月に独立。現在は、メリプリンチペッサの渋谷店のほか、銀座店、豊洲店、西荻窪店の計4店舗を手掛けるほか、渋谷のパッチョオイスターバーを経営。5店舗を運営するビッグスマイルの社長兼料理長。

▽メリプリンチペッサ渋谷店
 牡蠣にチーズ、野菜、豚肉や牛肉など、食材はほとんどが広島の生産者から直送。石窯で焼く本格ピッツァが500円~と格安で、中でも世界一に輝いた広島・庄原の農吉モッツァレラを使用した、ピッツァD.O.Cは一日限定5食の人気メニュー。東京都渋谷区円山町22―11

(日刊ゲンダイ2019年7月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「イカの詰め物」プリッとした歯ごたえで食感が気持ちいい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・押上のイタリアン「窯焼きバルLamp+k...
「カマンベールとしめじのアヒージョ」もうパンが止まらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・押上のイタリアン「窯焼きバルLamp+k...
「アンチョビークリームポテト」塩味と甘さの絶妙なコラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・押上のイタリアン「窯焼きバルLamp+k...
「エビのカルピオーネ」ぷりぷりのエビに野菜たっぷりソース
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・押上のイタリアン「窯焼きバルLamp+k...
「米抜き魯肉飯(ルーローハン)」定番フードをおつまみに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さ...
さっと作れる台湾風オムレツ「菜脯蛋(ツァイポータン)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さ...
「豚・豆腐・卵の盛り合わせ」台湾の夜市の雰囲気を味わう
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さ...
外はカリッ中はふわっ…汁がにじみ出る「肉丸(ローガン)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さ...
皮の中でスープ溢れる「餃子」 焼いても茹でても絶品です!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さ...
弁当のおかずにも「芽キャベツとベーコン、牡蠣のロースト」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代官山のビストロ「Äta(アタ)」の掛川...
「あさりとブルーチーズonフライドポテト」癖になる美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代官山のビストロ「Äta(アタ)」の掛川...
「マグロチーズ」マグロのサクに塩をして焼くとうま味が凝縮
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代官山のビストロ「Äta(アタ)」の掛川...
見た目はピッツァ!「サーモンのホイル焼きマルゲリータ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代官山のビストロ「Äta(アタ)」の掛川...
最初の一品に「そら豆アンチョビーバター ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代官山のビストロ「Äta(アタ)」の掛川...
「つくねピザタン」ピザとグラタンのいいとこ取りメニュー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・荻窪の立ち飲み居酒屋「上荻一丁目酒場」の...
「マスカルポーネおかか」和の食材にクリームチーズが合う!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・荻窪の立ち飲み居酒屋「上荻一丁目酒場」の...