シンプルな「ブロッコリー卵サラダ」 他店シェフも太鼓判!

コクハク編集部
更新日:2020-08-31 06:00
投稿日:2020-08-31 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典さんに、野菜の味が際立つ「ブロッコリー卵サラダ」のレシピを教えていただきました。

ゆで卵を手でつぶしながら混ぜるのがポイント

合う酒=ハイサワー(C)コクハク
合う酒=ハイサワー (C)コクハク

「この前も間口君が、これ食べて、ウマイ! ウマイ! って言ってたわよ」と東邦酒場の奥さんが語ってくれました。ロックフィッシュの間口一就氏が、わざわざ銀座からお花茶屋まで来てまで食べたくなる料理がこれです。

 レシピは至ってシンプル。ブロッコリーを一口大に切って固ゆでします。ゆで卵は半熟よりやや固め。マヨネーズとオリーブオイル、塩コショウを混ぜたものに具を入れ、手で混ぜるだけ。ゆで卵も包丁で細かく切らず、丸のまま入れて、手で割りほぐします。

「コツはあんまり混ぜ過ぎないことだね」と遠藤さん。“ザックリ”のほうが食感が残っていいそうです。

「あとは野菜かな。うちは季節によるけど無農薬野菜を取り寄せててね。無農薬だとお客さんが食べた時の音が違う。『パリッ!』と、いい音がするんだよね。野菜がいいときはすぐ完売します」

 料理がシンプルなだけに、素材の良さが決め手になるというわけです。無農薬野菜は値段は高いですが、その方がおいしい! ちょっと高めの野菜を使ってみるのもいいかもしれません。

【材料】

ブロッコリー 1/5個
卵 1個
きゅうり 1/6本
玉ねぎ 1/8個
プチトマト(赤、黄、緑) 3個
イタリアンパセリ(なければセロリの葉でも可) 少々
マヨネーズ 大さじ2
オリーブオイル 小さじ1
塩 適宜
こしょう 適宜

【レシピ】

(1)卵はゆでて殻をむき、ブロッコリーは固ゆで、玉ねぎ・きゅうりは薄くスライスする。
(2)ボウルに、マヨネーズ、オリーブオイル、塩、こしょうを入れて混ぜる。
(3)2の中に、1のゆで卵、ブロッコリー、玉ねぎ、きゅうりを加え、手でゆで卵をつぶしながらザックリと混ぜる。
(4)レタスを敷き、3を盛りつけ、最後に、半分に切ったプチトマト、イタリアンパセリで彩りを添える。

本日のダンツマ達人…遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▽東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8。

(日刊ゲンダイ 2017年8月18日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...
甘さと辛さの“無限ループ”に陥る…「ピリ辛ナスの煮びたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「ササミとザーサイの和え物」食感と薬味の辛味が小気味いい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「薬味たっぷりのカツオたたき」大葉とミョウガでさっぱりと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
豚肉がおいしい「新ジャガの肉ジャガ」思わず顔がほころんだ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「おでん5種盛り」煮込みは下茹でした大根の次に練り物を
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
パン粉なしでも衣サックサク「タラとジャガイモのコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・押上のイタリアン「窯焼きバルLamp+k...