肌悩みを解消! 自分に合うトーンアップ下地の選び方4選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-01 06:00
投稿日:2020-10-01 06:00
 くすんで透明感のない肌って、実年齢よりも老けて見えがち。そんな時に役立つのが、肌に透明感を出して明るくしてくれる「トーンアップ下地」! でも、トーンアップ下地って種類がたくさんあるし、今、使っているものが肌に合っているか不安な人もいるのではないでしょうか?
 そこで今回は、あなたの肌色に合ったトーンアップ下地の選び方をご紹介します!

【肌悩み別】トーンアップ下地の選び方4選

 トーンアップ下地は、“肌をワントーン明るく見せてくれる下地”のこと。ファンデーションを明るくするのではなく、ベースにトーンアップ下地を仕込むことで自然な明るさを演出することができます。カラーや微粒子入りなどさまざまなタイプがあるので、肌悩みをカバーしながらトーンアップしてくれる下地を選びましょう!

1. 茶くすみを消したい人

 肌のくすみは、血行不良や紫外線によるシミなどで、血色感のない肌になってしまっている状態。そんな人には、光を反射しながら肌のくすみを飛ばしてくれる「光反射パウダー入り」のトーンアップ下地がおすすめです。

 血色感を出すには「ピンク」、血色感と透明感のいいとこどりができるのが「パープル」のトーンアップ下地。どちらのカラーもどんな肌色の人にも馴染みやすいため、1本持っておくと重宝するでしょう。

2. 赤みを消したい人

 肌の赤みが気になる人には、「グリーン」のトーンアップ下地がおすすめ。肌の赤みを抑えて、透明感のある肌に仕上げてくれますよ。チークをしっかりのせて、自然な血色を演出しましょう。

「ブルー」のトーンアップ下地は、赤みを消す効果はあるものの少し難易度の高いカラーです。肌が黄色味がかったイエベさんにはおすすめですが、ブルベさんが使うと白くなりすぎてしまいます。

3. べたつきやテカリを消したい人

 テカリが気になる人には、皮脂を吸収してくれる「テカリ防止パウダー入り」のトーンアップ下地がおすすめです。また、肌表面がテカリやすくても、肌の内部が乾燥している「インナードライ肌」の場合には、保湿成分入りのものを選ぶと良いでしょう。下地が保湿をサポートしてくれるため、肌を乾燥から守ろうとして分泌される皮脂を抑えることができます。

 NGなのが、テカリが余計ひどく見えてしまう「ラメやパール入り」のトーンアップ下地。マットな質感のものを選ぶようにしましょう。

4. キメの荒い肌を整えたい人

 肌のキメが整っていないと、見た目にも色ムラが出てメイクが綺麗に仕上がりません。キメ細かい肌に見せたい場合には、カバー力のあるトーンアップ下地を使うのがおすすめ。さらに、光反射効果のある下地なら、毛穴の開きや影、色ムラまでしっかりカバーしてくれます。

 また、カバー力のあるトーンアップ下地の中には、肌の凸凹まで補正してくれるパテタイプの下地もあります。肌表面がなめらかになることで化粧ノリもよく、内側からツヤのある明るい肌にトーンアップできます。

透き通った肌に仕上げる♡トーンアップ下地の基本の使い方

 トーンアップ下地は、どのタイミングでどう使うかによって仕上がりが変わってきます。基本の使い方をチェックしてみましょう。

保湿&日焼け止めでベースを整える

 まずは洗顔をした後に、化粧水と乳液などを使って肌を保湿していきましょう。肌の水分を油分でフタをすることによって、インナードライを防ぎ、肌のテカリを抑えることができます。

 次に、日焼け止めを塗ったらベースは完成。日焼け止め効果のあるトーンアップ下地を使う場合には、日焼け止めは塗らなくてもOKです。

トーンアップ下地を塗る

 ベースを整えたら、トーンアップ下地を塗っていきます。基本の使用量はパール大ですが、色によっては付けすぎになってしまう場合もあるので、各製品の使用量に従いましょう。

 次に、おでこ、あご、鼻、両頬にトーンアップ下地を均一にのせます。最後に、指全体を使いながら、顔の中心から外に向かって丁寧に伸ばしましょう。この時、顔の外側が濃くなってしまうと白浮きするので、外側に向かって薄くなるように意識してみてください。

 あとは、ファンデーションやチークなど、普段通りのメイクをするだけ。内側にトーンアップ下地を仕込んでベースを作っておけば、ファンデーションは薄づきでもOKです。内側から明るく輝く、自然な仕上がりになりますよ♡ さらに、最後にパウダーを軽くのせれば、より透明感もアップします。

トーンアップ下地で内側から明るいツヤ肌を目指そう♡

 トーンアップ下地は、肌の悩みや肌色に合わせたものを選ぶことが大切。そうすることで、メイクの仕上がりに大きな差が出てきます。ぜひ今日から、あなたに合ったトーンアップ下地を見つけて、明るく輝く肌を手に入れてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...
おなかが鳴るの恥ずかしい!【専門家監修】ギュルギュル音を止める対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性の声に震撼! アラフォーのドン引きメイクにご用心
 アラフォー女性の皆さん! 20代男性を侮ってはいけませんよ。  彼らはアラフォー女性のメイクをこっそり観...
ポーチ忘れた!セブンに駆け込む→眉ペンシルだけで美眉は描けるのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
予算10万円、もち自腹!韓国美容旅で念願のリジュラン、水玉リフトetc.
 こんにちは! 「旅する複業家」の林知佳です。「韓国の美容医療は最強だ!」とは有名なお話ですが、2泊3日で顔面に“課金”...
「ちらほら白髪」ぐらいなら染めないがいい? 賢く簡単に隠す4つの方法
 30代を超えると「ちらほら白髪」が出てくるようになります。やはり、髪の毛に白髪があるかないかは、見た目年齢に大きな影響...
肩~頭皮までガチガチ【専門家監修】肩こり解放メソッドでもう悩まない
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...