“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-22 06:00
投稿日:2021-02-22 06:00
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそのはず、お米のとぎ汁には“米ぬか”に含まれている成分が溶け込んでいるんです。では、そもそも“米ぬか”ってなんのことでしょう? この記事では、“米ぬか”の成分から美容法までたっぷりご紹介していきます。

“米ぬか”とは? 美容にいいってほんと?

気になるのであれば無農薬のものを(写真:iStock)
気になるのであれば無農薬のものを (写真:iStock)

 私たちがスーパーで買う一般的な白米は、稲の果実の籾(もみ)から籾殻(もみがら)を除去した玄米をさらに精製したもの。この過程の中で、玄米から除去された果皮・種皮・糊粉層部分の粉末が、“米ぬか”と呼ばれます。

含まれている成分と効果

 簡単にいうと、“米ぬか”は白米の外側を包んでいた部分を削った粉にあたります。なので、栄養が豊富に含まれているのが特徴。

 たとえば、ビタミンB群、ビタミンE、セラミド、γ-オリザノール、フェルラ酸……など、私たち女性の体や肌にとって良い成分がたくさん含まれています。

米ぬかが入手できる場所

 今、注目されている「米ぬか美容」を試したい方は、事前に入手できる方法を知っておくといいですよ。米ぬかは、おもに以下のような場所で手に入ります。

・コイン精米機……無料で貰える場所もある
・お米屋さん……比較的安価で購入できる
・自宅で精米機を使う……玄米を精製するので新鮮な米ぬかが入手できる
・ネットショップ……大量に購入したいときに便利
・一部のスーパー……一部取り扱っている店もある

 ちなみに、白米の外側の米ぬかには農薬が付着しやすいと言われているので、肌が敏感な方や気になる方は無農薬のものを選ぶといいですね。

“米ぬか”の手作りアイテムで実践! 3つの美容法と作り方

入浴剤にもなるんです!(写真:iStock)
入浴剤にもなるんです! (写真:iStock)

 それでは、さっそく“米ぬか”の手作りアイテムを作っていきましょう!

【事前準備】パッチテスト

 “米ぬか”を美容に使う場合は、必ず事前にパッチテストを行って自分の体との相性(アレルギーを起こさないかどうか)をチェックしましょう。

【簡単なパッチテストのやり方】
1. 米ぬかを少量水に溶き、清潔な皮膚の上に1cm大ほど乗せます。
2. 30分経ったら洗い流して異常が無いか確認します。
3. 翌日の肌の様子を確認しましょう。

 これで、赤みやかゆみが出なければ、アレルギーではない可能性が高いでしょう。心配なようであれば、皮膚科などを受診してアレルギーの検査を受けることをおすすめします。

美容法1:米ぬかパック

 パックを作る時は、米ぬかに少量の水をまぜて練って作ります。

【材料】
・米ぬか 約30g
・水 少々
・小麦粉 必要に応じて粘度調整に入れる

 目分量でも大丈夫です。市販の泥パックのような質感を目安に、混ぜて練ります。目に入らないように、鼻や頬に乗せましょう。

美容法2:米ぬか入浴剤

 米ぬかの入浴剤も比較的材料がシンプルで、作るのも使うのも簡単です。お風呂に直接入れてしまうと排水溝が詰まってしまうので、ガーゼで包みましょう。

【材料】
・米ぬか 約50g(浴槽の大きさによって調整)
・ガーゼ 1枚(手ぬぐいでも代用可能)
・輪ゴム 1〜2本

 ガーゼで米ぬかを包んだら、輪ゴムで結んで留めます。これをお風呂の浴槽の中に入れると、お湯が乳白色になって肌がツヤツヤになりますよ。

美容法3:米ぬかの美容液(化粧水)

 少し手間がかかりますが、米ぬかを使ってローションタイプの美容液も作れるんです!

【材料】
・(A)米ぬか 20g〜
・(A)日本酒(もしくは酒粕) 大さじ1
・(A)ミネラルウォーター 150〜200ml(お好みで)
・(B)グリセリン 小さじ1

 まずは、(A)の材料を鍋に入れ、沸騰させて3分ほど煮ます。コーヒーフィルターで濾して冷ました液に、(B)のグリセリンを混ぜれば完成です。お好みによって米ぬかの量を調整してみてくださいね。保存料を入れることができないので、数日中に使い切りましょう。

【番外編】米ぬかを食べるには?

糠漬けおいしいよね(写真:iStock)
糠漬けおいしいよね (写真:iStock)

 米ぬかを肌につけることに抵抗がある方は、食品として取り入れてインナーケアをしてみてはいかがでしょうか。

 たとえば、オーソドックスに糠漬けにしたり、クッキーやハンバーグに入れたりして、美味しくいただきましょう。米ぬかに含まれているビタミンB群や食物繊維を丸ごと摂れるので、とってもヘルシーですね!

“米ぬか”は使い道がたくさん♡ 美容法も侮ることなかれ

米ぬかパワーできれいになろう(写真:iStock)
米ぬかパワーできれいになろう (写真:iStock)

 江戸時代には、スキンケアにも使われていた“米ぬか”。「お米のとぎ汁がお肌にいい」というおばあちゃんの知恵袋も、科学的に的を射ていたことが分かっていただけたのではないでしょうか。

 精製された白米からは摂れない成分も“米ぬか”なら摂ることができるので、女性の強い味方になってくれるはずです! ぜひ、あなたも生活の中に取り入れてみてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...