細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-06 06:00
投稿日:2021-03-06 06:00
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、2000年代後半の眉尻の上がった眉、2010年代のナチュラル太眉……。アラサー世代の筆者も、眉毛の形の変遷に翻弄されてきました。はたして令和時代は、細眉と太眉のどっちが主流になるのでしょうか? この記事では、眉毛の形の選び方やお手入れ方法をご紹介します♪

細眉にしようか太眉にしようか悩む! 令和のトレンドは?

太眉or細眉?(写真:iStock)
太眉or細眉? (写真:iStock)

 現代の美容情報は雑誌だけにとどまらず、YouTuberやインフルエンサーからも発信されています。そして、実に多様な美の基準が存在するようになりました。そんな中で眉の形は“主流”とされる形がなく、さまざまな形が混在しているように感じられます。

 ひと昔前のように、みんなが同じトレンドを意識するのではなく、ひとりひとりに違いがあることからも、「自分に似合う眉・自分自身がなりたい眉」を選ぶ時代へシフトしたのではないでしょうか?

移り変わる美の基準、細眉はもう古い?

 さまざまな形の眉がある中で、全体的に数が多いのは「自眉を意識したナチュラルな太眉」でしょう。ほかには、定番の「自然な太さ〜やや細めの上がり眉」を意識している方もいれば、「オルチャン風の平行太眉」にしている方もいます。

 一方、全体的に見て数が少ないのは、1990年代後半〜2000年初頭に流行した2〜3mmほどの太さの「極細眉」です。45°くらいの急な角度をつけて“への字”に曲げたり、眉尻を無くしたりといった個性的なこの形は、俗に「ヤンキー眉」とも呼ばれたりもします。“ひと昔前のギャル”を彷彿とさせることから、現在はチャレンジする方がほとんどいない印象です。

細眉or太眉? どちらが似合うか芸能人を例に考えてみる

 一般的には、「目の印象が弱めなら細眉が似合い、目の印象が強ければ太眉が似合う」と言われていますが、顔の立体感や髪の雰囲気など、ほかにも加味する要素はありそうです。

 芸能人を例に考えると、石原さとみさんや安室奈美恵さん、板野友美さんは眉尻にかけて細く薄くなっていくような形の細眉がとてもよく似合いますよね。一方、蒼井優さんや有村架純さん、前田敦子さんはやや薄めのナチュラルな太眉が似合いますし、中村アンさんは濃くはっきりした太眉が似合います。

 このように、眉はただ太いか細いかだけでなく「濃さ」「角度」、そして、「その人の雰囲気」も大切なのかも。自分の顔の印象に合わせて選べると良いですね。

眉毛の形は自分のなりたい印象で選ぼう!

なりたい印象で眉の形を変える!(写真:iStock)
なりたい印象で眉の形を変える! (写真:iStock)

「みんなそれぞれ、似合う眉の形が違うのは分かったけれど、私はどうしよう……」と迷っている方もいるでしょう。自分にどんな眉毛が似合うか分からない方は、なりたい印象で眉の形を変えてみてはいかがでしょうか?
・濃く太い上がり眉……ハンサムでマニッシュな印象にしたい時
・薄く太い平行眉……韓国風・優しく可愛い印象にしたい時
・全体的に薄く細めのアーチ眉……アグレッシブで綺麗な印象にしたい時
・眉頭が太く、眉尻が細めの眉……大人っぽくクールな印象にしたい時

 このように、眉の形や濃さを調整することで、顔の印象が大きく変わります。これまで太さだけを気にしていた方は、同時に濃さにも着目してみてください。

眉毛の形を変える時のお手入れ方法について

眉毛のお手入れ方法を見直そう!(写真:iStock)
眉毛のお手入れ方法を見直そう! (写真:iStock)

 それでは、眉毛の形を変えたいと思った時のお手入れ方法をご紹介します。事前にリキッドタイプのアイブロウと、I字型の電気シェーバー(または剃刀)、眉毛用の小さなハサミを用意しましょう。

細眉を太くしたい時のお手入れ方法

 細眉を太くしたい時は、まず数日間眉毛を伸ばすところからはじめます。数mm伸びてきたら、リキッドタイプのアイブロウで自分の理想の形を描きましょう。

 そこからはみ出た長い毛の部分を、まずはハサミでカットして短くします。そして、余分な毛を電気シェーバーで剃っていきましょう。眉毛を薄くしたい時は、ハサミで部分的に1本ずつ短くしていくと良いですよ。

太眉を細くしたい時のお手入れ方法

 太眉を細くしたい時も、リキッドタイプのアイブロウで理想の形を描くところからはじめます。そして、そこからはみ出す長い毛をハサミでカットし、さらに余分に生えている部分を電気シェーバーで剃っていきましょう。

 この時、ピンセットで眉毛を抜くと、毛穴がダメージを負って生えづらくなることがあるので要注意。トレンドや印象で眉の形を変えていくためにも、電気シェーバーなどで剃るお手入れがベターです。

細眉でも太眉でもOK! 似合う眉毛で自分らしい美眉をGETして♡

あなたらしい美眉を♡(写真:iStock)
あなたらしい美眉を♡ (写真:iStock)

 時代の流れとともに、女性の美の基準はどんどん変化しています。令和時代は、大きなトレンドではなく、個人の美の基準が尊重される時代ではないでしょうか。要は、自分に似合う眉の形を見つけたり、なりたい印象に近づけたりするのが正解かもしれませんね。

 また、形を作る時は細いか太いかだけでなく、濃さや角度にも着目しながら整えてみると良いですよ。この記事を参考に、あなたらしい美眉をGETしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...