細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-06 06:00
投稿日:2021-03-06 06:00
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、2000年代後半の眉尻の上がった眉、2010年代のナチュラル太眉……。アラサー世代の筆者も、眉毛の形の変遷に翻弄されてきました。はたして令和時代は、細眉と太眉のどっちが主流になるのでしょうか? この記事では、眉毛の形の選び方やお手入れ方法をご紹介します♪

細眉にしようか太眉にしようか悩む! 令和のトレンドは?

太眉or細眉?(写真:iStock)
太眉or細眉? (写真:iStock)

 現代の美容情報は雑誌だけにとどまらず、YouTuberやインフルエンサーからも発信されています。そして、実に多様な美の基準が存在するようになりました。そんな中で眉の形は“主流”とされる形がなく、さまざまな形が混在しているように感じられます。

 ひと昔前のように、みんなが同じトレンドを意識するのではなく、ひとりひとりに違いがあることからも、「自分に似合う眉・自分自身がなりたい眉」を選ぶ時代へシフトしたのではないでしょうか?

移り変わる美の基準、細眉はもう古い?

 さまざまな形の眉がある中で、全体的に数が多いのは「自眉を意識したナチュラルな太眉」でしょう。ほかには、定番の「自然な太さ〜やや細めの上がり眉」を意識している方もいれば、「オルチャン風の平行太眉」にしている方もいます。

 一方、全体的に見て数が少ないのは、1990年代後半〜2000年初頭に流行した2〜3mmほどの太さの「極細眉」です。45°くらいの急な角度をつけて“への字”に曲げたり、眉尻を無くしたりといった個性的なこの形は、俗に「ヤンキー眉」とも呼ばれたりもします。“ひと昔前のギャル”を彷彿とさせることから、現在はチャレンジする方がほとんどいない印象です。

細眉or太眉? どちらが似合うか芸能人を例に考えてみる

 一般的には、「目の印象が弱めなら細眉が似合い、目の印象が強ければ太眉が似合う」と言われていますが、顔の立体感や髪の雰囲気など、ほかにも加味する要素はありそうです。

 芸能人を例に考えると、石原さとみさんや安室奈美恵さん、板野友美さんは眉尻にかけて細く薄くなっていくような形の細眉がとてもよく似合いますよね。一方、蒼井優さんや有村架純さん、前田敦子さんはやや薄めのナチュラルな太眉が似合いますし、中村アンさんは濃くはっきりした太眉が似合います。

 このように、眉はただ太いか細いかだけでなく「濃さ」「角度」、そして、「その人の雰囲気」も大切なのかも。自分の顔の印象に合わせて選べると良いですね。

眉毛の形は自分のなりたい印象で選ぼう!

なりたい印象で眉の形を変える!(写真:iStock)
なりたい印象で眉の形を変える! (写真:iStock)

「みんなそれぞれ、似合う眉の形が違うのは分かったけれど、私はどうしよう……」と迷っている方もいるでしょう。自分にどんな眉毛が似合うか分からない方は、なりたい印象で眉の形を変えてみてはいかがでしょうか?
・濃く太い上がり眉……ハンサムでマニッシュな印象にしたい時
・薄く太い平行眉……韓国風・優しく可愛い印象にしたい時
・全体的に薄く細めのアーチ眉……アグレッシブで綺麗な印象にしたい時
・眉頭が太く、眉尻が細めの眉……大人っぽくクールな印象にしたい時

 このように、眉の形や濃さを調整することで、顔の印象が大きく変わります。これまで太さだけを気にしていた方は、同時に濃さにも着目してみてください。

眉毛の形を変える時のお手入れ方法について

眉毛のお手入れ方法を見直そう!(写真:iStock)
眉毛のお手入れ方法を見直そう! (写真:iStock)

 それでは、眉毛の形を変えたいと思った時のお手入れ方法をご紹介します。事前にリキッドタイプのアイブロウと、I字型の電気シェーバー(または剃刀)、眉毛用の小さなハサミを用意しましょう。

細眉を太くしたい時のお手入れ方法

 細眉を太くしたい時は、まず数日間眉毛を伸ばすところからはじめます。数mm伸びてきたら、リキッドタイプのアイブロウで自分の理想の形を描きましょう。

 そこからはみ出た長い毛の部分を、まずはハサミでカットして短くします。そして、余分な毛を電気シェーバーで剃っていきましょう。眉毛を薄くしたい時は、ハサミで部分的に1本ずつ短くしていくと良いですよ。

太眉を細くしたい時のお手入れ方法

 太眉を細くしたい時も、リキッドタイプのアイブロウで理想の形を描くところからはじめます。そして、そこからはみ出す長い毛をハサミでカットし、さらに余分に生えている部分を電気シェーバーで剃っていきましょう。

 この時、ピンセットで眉毛を抜くと、毛穴がダメージを負って生えづらくなることがあるので要注意。トレンドや印象で眉の形を変えていくためにも、電気シェーバーなどで剃るお手入れがベターです。

細眉でも太眉でもOK! 似合う眉毛で自分らしい美眉をGETして♡

あなたらしい美眉を♡(写真:iStock)
あなたらしい美眉を♡ (写真:iStock)

 時代の流れとともに、女性の美の基準はどんどん変化しています。令和時代は、大きなトレンドではなく、個人の美の基準が尊重される時代ではないでしょうか。要は、自分に似合う眉の形を見つけたり、なりたい印象に近づけたりするのが正解かもしれませんね。

 また、形を作る時は細いか太いかだけでなく、濃さや角度にも着目しながら整えてみると良いですよ。この記事を参考に、あなたらしい美眉をGETしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...
まさに女神♡ 韓国トレンド「ヨシンモリ」を5分で作る裏ワザ
 みなさんは「ヨシンモリ(女神ヘア)」をご存じですか? ヨシンモリは韓国で流行っている髪型で、もはや韓国では定番のスタイ...