“マスク美人”ががっかりされやすい理由!5つの克服方法♪

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-21 06:00
投稿日:2020-01-21 06:00
 花粉症や風邪予防だけではなく、すっぴんを隠したい時、人付き合いが面倒な時になど、マスクはさまざまなシーンで役立ちますね。そんなマスクをしている女性の中には、「マスク美人」と呼ばれる人がいます。「美人と呼ばれて悪い気がしない!」と思う方もいると思いますが、実はマスク美人には落とし穴があるんですよ。

「マスク美人」はがっかりされやすい!?その理由

マスクが大活躍する時期に(写真:iStock)
マスクが大活躍する時期に (写真:iStock)

「マスク美人」と呼ばれた時、褒め言葉だと感じますか?まずは、「美人」に込められた意味合いを見てみましょう。

マスクをつけている時だけ美人

「マスク美人」は、一般的に「美人」とされる女性とはちょっと違って、あくまでも“マスクをつけている時だけ美人”という意味合いが込められている可能性があります。

 それを知っていて「マスク美人だね」なんて言う人はなかなかいませんが、もしも言われたら、その相手は失礼な人だと思って良いと思います。

男性にがっかりされる率が高い理由

 リサーチしたところによると、マスク美人は男性にがっかりされる率が高いようです。

 マスクをしていると、見えるのは目からおでこの部分にかけてだけ。その部分が「美人」だと、見えない鼻や口元なども綺麗なんじゃないか?と、期待してしまうのだとか。

 想像は止めることができませんが、「期待した顔ではなかった」と勝手にがっかりされても……と、思ってしまいますね。

「目元が魅力的」であることは本当

「マスク美人」と呼ばれた時に複雑な気持ちになってしまうのは分かりますが、でも、ただ1つ言えるのは、「目元が魅力的である」ことは間違いないということ。

 マスク美人と言われる女性は、目がぱっちり二重であったり、まつ毛がくるんと綺麗にカールしていたりと、目が印象的な女性が多いです。自分のチャームポイントだと自信を持ちましょう。

「マスク美人」のメリット

目元の美しさが印象的な「マスク美人」(写真:iStock)
目元の美しさが印象的な「マスク美人」 (写真:iStock)

「マスク美人」と言われたくないのに、そう見えてしまう方は確かにいます。でも、マスクを付けざるを得ない時ってありますよね?どうせなら、マスク美人であるメリットを知って、最大限に利用してみましょう。

目元の印象で判断してもらえる

 人が誰かと会った時、第一印象で見るのは「顔」だと言われています。その顔のパーツの中でも、「目」は一番印象が強く残る場所。

 つまりは、目元が美しいと判断される「マスク美人」は、相手の印象に残りやすいということ。ミステリアスに見えますし、「笑った顔はどんな顔だろう?」と想像したくなってしまいます。

小顔に見える

 小顔効果を求めてメイクやファッションに工夫をしている女性は多いと思いますが、マスクを使えば簡単!露出する顔の面積を一瞬で小さくすることができるため、いざという時にも活用できます。

「マスク美人」のデメリット

「マスク取ったら結構小じわが目立つんだな…」なんて思われてるかも(写真:iStock)
「マスク取ったら結構小じわが目立つんだな…」なんて思われてるかも (写真:iStock)

 逆に、マスク美人であることのデメリットについても、見ていきましょう。

素顔への期待値が高くなる

 上記でもお伝えしましたが、マスク美人の一番のデメリットは、素顔への期待値が高くなってしまうことにあるでしょう。ほうれい線や口元の小じわが隠れて見た目にも若く見えるため、マスクを外した時にがっかりされてしまうリスクは否めません。

何を考えているのか分かりにくい

 よく言えば「ミステリアス」、悪く言えば「無表情」なのもマスク美人の欠点でしょう。人は表情を見て相手の本心を読みとりますが、顔の半分以上をマスクで隠しているため、何を考えているのか分からない人だと思われてしまう可能性も。

ただの「マスク美人」にならないためには?5つの克服方法

マスクを外した後はしっかりとメイク直しを(写真:iStock)
マスクを外した後はしっかりとメイク直しを (写真:iStock)

 ただの「マスク美人」ではなく、できることなら「マスクをはずしても美人」だと言われたいですよね。そこで、マスク美人の克服方法をお伝えします。

1. 1日中マスクをつけっぱなしにしない

 マスクをつけていると、メイク崩れや肌荒れなど、気になる部分を全てカバーすることができます。つまりは、楽なんですよね。

 でも、それに味をしめてしまうと、誰かに見られているという意識が低くなり、メイク&表情に気を使わなくなってしまう可能性があります。これが、ズボラ女子になってしまう原因に。

 1日中マスクをつけっぱなしにするのはやめて、時々は素顔を見せるようにしましょう。

2. マスクをつけていてもよく笑うようにする

 笑ったり喋ったりすると肌とマスクが擦れるため、普段よりマスクをつけている時は顔の動きが控えめになります。すると、どうしても暗くてとっつきにくい感じがしてしまい、マスクを外してもマイナスの印象が残ってしまうのです。

 マスクをつけている時こそ、目元まで思い切り笑うことを意識するようにしましょう。

3. 目元以外のメイクもしっかり行う

「マスク美人」だとがっかりされてしまうのは、目元以外のパーツが想像よりも劣ってしまうから。だからこそ、想像を超えていきましょう!

 目元のメイクをきちんとするのと併せて、ベースメイクなども手を抜かずに行いましょう。肌の綺麗さは何ものにも勝ります。普段のスキンケアを怠らずにツヤ肌作りを行うことも、大切なポイントですね。

4. メイク直しは入念にする

 マスクを外した時に、ファンデーションがヨレていたり、皮脂が浮いていたりすると、肌が汚く見えてがっかりされてしまいます。そのため、1日中マスクをしていたとしても、メイク直しは入念に!お手洗いのたびに一旦マスクを外して、チェックをすると良いですね。

 また、ずっと同じマスクをつけていると、メイクがついて見た目にも汚いです。衛生的にも良くないので、少なくとも1日に2〜3回は取り替えるようにしましょう。

5. 外した時の髪型を工夫する

 マスクをつけている時、マスクのゴムが気になって後ろで束ねている方は多いと思います。それが小顔効果を生み出し、「マスク美人」と呼ばれるきっかけにもなっているかもしれませんが、でも、マスクを外した時に、どうしても地味な印象になってしまうんです。

 だからこそ、マスクを外した時には束ねた髪をほどいてみたりすると良いかもしれません。ショートの方は頭頂部にボリュームを持たせると、のっぺりした感じを解消することができますよ。

マスク美人のギャップを解消!いつでも外せる心を用意して♪

マスクを取っても美人♡(写真:iStock)
マスクを取っても美人♡ (写真:iStock)

 この時期、風邪予防などでマスクをつけざるを得ないシーンってたくさんありますよね。「マスク美人」と言われて落ち込むのではなく、大切なのは、マスクをいつでも外せる心を用意しておくこと!見えない部分を綺麗に保っておくのは手間でもありますが、でも、その一手間によってマスクを外した時の期待値を超えることができるのかもしれません。

「マスク美人」が「マスクをとっても美人」であれば、そのギャップによってぐっと惹かれる男性も多いはず。ぜひ、試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...
石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...