“マスク美人”ががっかりされやすい理由!5つの克服方法♪

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-21 06:00
投稿日:2020-01-21 06:00
 花粉症や風邪予防だけではなく、すっぴんを隠したい時、人付き合いが面倒な時になど、マスクはさまざまなシーンで役立ちますね。そんなマスクをしている女性の中には、「マスク美人」と呼ばれる人がいます。「美人と呼ばれて悪い気がしない!」と思う方もいると思いますが、実はマスク美人には落とし穴があるんですよ。

「マスク美人」はがっかりされやすい!?その理由

マスクが大活躍する時期に(写真:iStock)
マスクが大活躍する時期に (写真:iStock)

「マスク美人」と呼ばれた時、褒め言葉だと感じますか?まずは、「美人」に込められた意味合いを見てみましょう。

マスクをつけている時だけ美人

「マスク美人」は、一般的に「美人」とされる女性とはちょっと違って、あくまでも“マスクをつけている時だけ美人”という意味合いが込められている可能性があります。

 それを知っていて「マスク美人だね」なんて言う人はなかなかいませんが、もしも言われたら、その相手は失礼な人だと思って良いと思います。

男性にがっかりされる率が高い理由

 リサーチしたところによると、マスク美人は男性にがっかりされる率が高いようです。

 マスクをしていると、見えるのは目からおでこの部分にかけてだけ。その部分が「美人」だと、見えない鼻や口元なども綺麗なんじゃないか?と、期待してしまうのだとか。

 想像は止めることができませんが、「期待した顔ではなかった」と勝手にがっかりされても……と、思ってしまいますね。

「目元が魅力的」であることは本当

「マスク美人」と呼ばれた時に複雑な気持ちになってしまうのは分かりますが、でも、ただ1つ言えるのは、「目元が魅力的である」ことは間違いないということ。

 マスク美人と言われる女性は、目がぱっちり二重であったり、まつ毛がくるんと綺麗にカールしていたりと、目が印象的な女性が多いです。自分のチャームポイントだと自信を持ちましょう。

「マスク美人」のメリット

目元の美しさが印象的な「マスク美人」(写真:iStock)
目元の美しさが印象的な「マスク美人」 (写真:iStock)

「マスク美人」と言われたくないのに、そう見えてしまう方は確かにいます。でも、マスクを付けざるを得ない時ってありますよね?どうせなら、マスク美人であるメリットを知って、最大限に利用してみましょう。

目元の印象で判断してもらえる

 人が誰かと会った時、第一印象で見るのは「顔」だと言われています。その顔のパーツの中でも、「目」は一番印象が強く残る場所。

 つまりは、目元が美しいと判断される「マスク美人」は、相手の印象に残りやすいということ。ミステリアスに見えますし、「笑った顔はどんな顔だろう?」と想像したくなってしまいます。

小顔に見える

 小顔効果を求めてメイクやファッションに工夫をしている女性は多いと思いますが、マスクを使えば簡単!露出する顔の面積を一瞬で小さくすることができるため、いざという時にも活用できます。

「マスク美人」のデメリット

「マスク取ったら結構小じわが目立つんだな…」なんて思われてるかも(写真:iStock)
「マスク取ったら結構小じわが目立つんだな…」なんて思われてるかも (写真:iStock)

 逆に、マスク美人であることのデメリットについても、見ていきましょう。

素顔への期待値が高くなる

 上記でもお伝えしましたが、マスク美人の一番のデメリットは、素顔への期待値が高くなってしまうことにあるでしょう。ほうれい線や口元の小じわが隠れて見た目にも若く見えるため、マスクを外した時にがっかりされてしまうリスクは否めません。

何を考えているのか分かりにくい

 よく言えば「ミステリアス」、悪く言えば「無表情」なのもマスク美人の欠点でしょう。人は表情を見て相手の本心を読みとりますが、顔の半分以上をマスクで隠しているため、何を考えているのか分からない人だと思われてしまう可能性も。

ただの「マスク美人」にならないためには?5つの克服方法

マスクを外した後はしっかりとメイク直しを(写真:iStock)
マスクを外した後はしっかりとメイク直しを (写真:iStock)

 ただの「マスク美人」ではなく、できることなら「マスクをはずしても美人」だと言われたいですよね。そこで、マスク美人の克服方法をお伝えします。

1. 1日中マスクをつけっぱなしにしない

 マスクをつけていると、メイク崩れや肌荒れなど、気になる部分を全てカバーすることができます。つまりは、楽なんですよね。

 でも、それに味をしめてしまうと、誰かに見られているという意識が低くなり、メイク&表情に気を使わなくなってしまう可能性があります。これが、ズボラ女子になってしまう原因に。

 1日中マスクをつけっぱなしにするのはやめて、時々は素顔を見せるようにしましょう。

2. マスクをつけていてもよく笑うようにする

 笑ったり喋ったりすると肌とマスクが擦れるため、普段よりマスクをつけている時は顔の動きが控えめになります。すると、どうしても暗くてとっつきにくい感じがしてしまい、マスクを外してもマイナスの印象が残ってしまうのです。

 マスクをつけている時こそ、目元まで思い切り笑うことを意識するようにしましょう。

3. 目元以外のメイクもしっかり行う

「マスク美人」だとがっかりされてしまうのは、目元以外のパーツが想像よりも劣ってしまうから。だからこそ、想像を超えていきましょう!

 目元のメイクをきちんとするのと併せて、ベースメイクなども手を抜かずに行いましょう。肌の綺麗さは何ものにも勝ります。普段のスキンケアを怠らずにツヤ肌作りを行うことも、大切なポイントですね。

4. メイク直しは入念にする

 マスクを外した時に、ファンデーションがヨレていたり、皮脂が浮いていたりすると、肌が汚く見えてがっかりされてしまいます。そのため、1日中マスクをしていたとしても、メイク直しは入念に!お手洗いのたびに一旦マスクを外して、チェックをすると良いですね。

 また、ずっと同じマスクをつけていると、メイクがついて見た目にも汚いです。衛生的にも良くないので、少なくとも1日に2〜3回は取り替えるようにしましょう。

5. 外した時の髪型を工夫する

 マスクをつけている時、マスクのゴムが気になって後ろで束ねている方は多いと思います。それが小顔効果を生み出し、「マスク美人」と呼ばれるきっかけにもなっているかもしれませんが、でも、マスクを外した時に、どうしても地味な印象になってしまうんです。

 だからこそ、マスクを外した時には束ねた髪をほどいてみたりすると良いかもしれません。ショートの方は頭頂部にボリュームを持たせると、のっぺりした感じを解消することができますよ。

マスク美人のギャップを解消!いつでも外せる心を用意して♪

マスクを取っても美人♡(写真:iStock)
マスクを取っても美人♡ (写真:iStock)

 この時期、風邪予防などでマスクをつけざるを得ないシーンってたくさんありますよね。「マスク美人」と言われて落ち込むのではなく、大切なのは、マスクをいつでも外せる心を用意しておくこと!見えない部分を綺麗に保っておくのは手間でもありますが、でも、その一手間によってマスクを外した時の期待値を超えることができるのかもしれません。

「マスク美人」が「マスクをとっても美人」であれば、そのギャップによってぐっと惹かれる男性も多いはず。ぜひ、試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...