仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-03 06:00
投稿日:2021-04-03 06:00
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょう。でも、実はこの切り替え時期を守るだけで、メイクの仕上がりがぐっと変わってくるんですよ♡ そこで今回は、ファンデーションの切り替え時期や、スポンジの替え時などをご紹介します!

そもそも季節別のファンデーションって何が違うの?

 まずは、季節別のファンデーションの違いからチェックしてみましょう!

季節に合った成分が配合されている

 ファンデーションには、「春夏用」と「秋冬用」、「オールシーズン」の3種類があります。春夏用の場合、紫外線が強い季節にあたることから、紫外線防止機能を重視して作られています。また、汗や皮脂にも強くできていて、サラッとしたつけ心地が特徴。

 一方、秋冬用の場合、乾燥が気になる季節に使うため、保湿成分や美容成分が多く配合されています。保湿力を高めるために、しっとりとした仕上がりなのも特徴。オールシーズンのファンデーションは、その中間の作りになっています。

季節に合わないファンデーションは「崩れ」や「肌トラブル」の原因に

 もしも、夏に冬用ファンデーションを使えば、紫外線を防ぎきれず、皮脂と保湿成分でメイク崩れしやすくなってしまうでしょう。逆に、冬に夏用を使えば、乾燥を引き起こしてしまい、肌トラブルを招いてしまうかもしれません。

 つまり、季節ごとにファンデーションを替えることは、メイクのりや持ちをアップさせるだけではなく、肌を守ることにもつながると言えるでしょう。

季節別ファンデーションの切り替え時期はいつ?

 では、具体的にはいつ頃季節別ファンデーションを切り替えたら良いのでしょうか? それぞれみていきましょう。

春夏用ファンデーションは2月頃が切り替え時

 一般的には、春夏用ファンデーションは、紫外線が強くなりはじめる2月頃から切り替えていくと良いでしょう。曇っていて日差しが弱くても、紫外線はしっかり降り注いでいます。紫外線は肌の奥に蓄積され、シミやシワの原因になる可能性があります。早めに対処したいですね。

■乾燥肌の人は「+乳液」か「リキッドタイプ」で調整して

 乾燥肌の人は、2月頃から春夏用に替えてしまうと、肌が乾燥してしまうことも。そんな時には、下地に乳液をプラスするか、春夏用ファンデーションをリキッドタイプにして調整してみてくださいね。

秋冬用ファンデーションは9〜10月頃が切り替え時

 秋冬用ファンデーションは、乾燥してくる9〜10月頃に切り替えましょう。保湿成分がたくさん入った、しっとりタイプのファンデーションがおすすめです。肌の悩みに合わせた美容成分が配合されているものを選ぶと、メイクしながら肌ケアをすることもできますよ。

■オイリー肌の人は「パウダー」を活用

 オイリー肌の人でも、保湿はとても重要です。ただ、9月はまだ残暑が厳しい時期。皮脂や汗も多く分泌されます。秋冬用に切り替える場合は、パウダータイプのファンデーションにするか、仕上げにフェイスパウダーをのせると良いでしょう。また、皮脂防止用下地を使えば、リキッドタイプでもテカりにくいので、おすすめです。

オールシーズンタイプは「+アイテム」で調整

 オールシーズンタイプのファンデーションを使っている場合、基本的な紫外線対策や保湿機能はあっても、特化していないのが難点。そこで、春夏は日焼け止めやフェイスパウダーを、秋冬は保湿剤などを使って調整していくと良いでしょう。

 そのままファンデーションだけを使っている時よりも、メイク崩れが少なくなり、肌の調子も安定してくるはずですよ♡

ファンデーションだけじゃない…スポンジの替え時も重要!

 季節別にファンデーションを切り替えていても、スポンジはお手入れしていないという人も多いのではないでしょうか? しかし実は、スポンジの交換もファンデーションと同じくらい重要なのです!

スポンジは雑菌の温床に!

 毎日使うスポンジには、顔の皮脂や汗、ファンデーションの油分や色素成分などがたっぷり吸い込まれていくため、雑菌の温床になってしまいます。時々、スポンジの匂いを嗅いでみてください。もしも臭いがするようなら、雑菌が繁殖しているかも……。

 肌トラブルやニキビの原因になある可能性があるので、定期的にスポンジも買い替えることが大切です。

スポンジの替え時は3カ月ごと

 スポンジの替え時の理想は、3カ月ごとです。本来なら、月に一度くらいはスポンジを洗うのが理想的ですが、難しい場合には、3カ月ごとに新しいスポンジに交換してしまいましょう。今は、100円均一などでたくさんスポンジが入った商品が販売されているので、常備しておくと便利かもしれません。

スポンジのお手入れ方法

 スポンジを定期的に洗う場合には、固形石鹸やメイク落とし用洗顔、台所の中性洗剤などを使います。台所用洗剤などには、界面活性剤などが含まれているので、しっかりすすぎ、完全に乾かすようにしましょう。

ファンデーションの切り替え時期を守って仕上がりに差をつけよう♡

 季節用ファンデーションは正しい時期に切り替えることで、メイク崩れや肌トラブルを防ぐだけではなく、仕上がりにも良い影響を与えてくれます。できれば、毎年同じ時期に切り替えるように決めておいて、あとは乳液やパウダーなどお手持ちのアイテムで調整すると良いですね。

 ぜひ、今年からファンデーションやスポンジも衣替えしてみてはいかがですか♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...