下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-10 06:29
投稿日:2021-04-10 06:00
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られるし、お気に入りだし、高かったし……と、買い替えのタイミングを失って、気づけばヨレヨレのブラジャーを着けている人も多いかもしれませんね。そこで今回は、下着の買い替え時の判断方法や、捨てる時のコツなどをご紹介します。

買い替え時を逃した古い下着を使うことで起こるデメリット

下着の買い替え時期は?(写真:iStock)
下着の買い替え時期は? (写真:iStock)

 買い替え時を逃してしまった下着は劣化はするものの、使えないことはないですよね。でも、古い下着を使っていると、思いもよらないデメリットが発生するのです。

古いパンツには洗っても取れない「菌」が発生する

 イギリスのグッドハウスキーピングの研究で、「ほとんどの人の洗い立てのパンツには、多くて1万匹ほどのバクテリアが住みついている」ということがわかったそうです。

「菌」は繊維の中に入り込むため、洗濯しても落ちず、天日干ししても紫外線が届かないので除菌できません。これらの菌はほかのタオルや衣服にも付着しますし、さらに、感染症のリスクがあるため注意が必要です。

古いブラジャーを使っていると体のラインが崩れる!?

 古くなったブラジャーは、ワイヤーの形が崩れたり、肩紐が落ちてきたりと体にフィットしなくなります。そうすると、バストを綺麗に支えることができなくなって、バストのフォルムが変わったり、バストの肉が背中に流れたりするため、体のラインが崩れてしまう可能性があります。

古い肌着の黄ばみが目立つ

 古い肌着の襟元や手首の袖周りの黄ばみは目立つため、誰かに見られてしまうことも考えられます。「古い肌着を着けている」というマイナスイメージを元に戻すのは至難の技。そういったことがないように、定期的に買い替えることが大切です。

パンツやブラジャーの寿命は? 下着の理想の買い替え時

下着はまめに買い替えたほうがベター(写真:iStock)
下着はまめに買い替えたほうがベター (写真:iStock)

 下着の買い替え時は、半年に1回替える人、2〜3年は替えない人、破れるまで使い続ける人など、さまざま。ブラジャーと比べると傷みやすいパンツの寿命は「3カ月」という説もありますが、実際はどのくらいで買い替えたら良いのでしょうか? 理想の買い替え時を チェックしてみましょう。

パンツの買い替え時は半年

 パンツの生地やゴムのヨレ、シミによる劣化を考えると、パンツの寿命は半年ほどと考えるのが良いでしょう。また、前述した「バクテリアによる感染症のリスク」は1年以上履き続けた時に高まるようなので、最低でも1年に1度は必ず買い替えたいですね。

ブラジャーの買い替え時は1年

 ブラジャーは週に2回着用すると考えた場合、1年ごとに買い換えるのが理想だと言われています。ただ、ネットを使わず洗濯するなど雑なお手入れをしてしまうと、寿命が短くなってしまう場合も……。丁寧にお手入れすることで、ある程度寿命を伸ばすことができますよ。

肌着の買い替え時は1年

 肌着は週に1回着用したら、1年で50回洗濯する計算になります。肌着は繊維の種類に関わらず劣化しやすいため、1年ごとに買い換えるのが理想です。

まだ使えそう…正しく下着の捨て時を判断するチェック項目

ワイヤーが歪んできたら買い替えを(写真:iStock)
ワイヤーが歪んできたら買い替えを (写真:iStock)

 下着の理想の買い替え時がわかっても、「まだ使えそう」と思う時ってありますよね。そんな時には、以下の条件に当てはまるかをチェックして、捨て時を判断してみてくださいね。

パンツの捨て時

・パンツのゴムが緩んで体にフィットしない
・股部分の着色汚れが落ちにくい
・パンツの形が崩れてきた
・パンツが色褪せたり毛玉ができたりしている

ブラジャーの捨て時

・カップが凹んだりくびれている
・アンダーバストのゴムが伸びている
・生地がよれてきている
・ワイヤーが曲がっている
・肩のストラップがずり落ちる

肌着の捨て時

・肩のストラップがずり落ちる
・繊維が伸びてきたり崩れたりしている
・汗を吸わなくなった

買い替え時を迎えた下着の正しい捨て方

リサイクルで地球に優しく(写真:iStock)
リサイクルで地球に優しく (写真:iStock)

 下着の捨て方は、アイテムによって以下のように変わります。

・パンツ、肌着、ワイヤー以外のブラジャーの部分→古紙・古布
・ブラジャーのワイヤー→不燃ゴミ

 ブラジャーはワイヤーを取り外してから、それ以外の部分と分けて捨てましょう。自治体によっても違うため、チェックして指示に従ってくださいね。

ブラジャーを捨てるのがもったいない時

 もし、まだ使えそうなブラジャーを捨てるのがもったいないと感じる時は、下着メーカーなどが行っているブラジャーリサイクルに出すのもありです。また、ブラジャーのパッドは、コンロや靴を磨くのにも重宝するので、とっておいても良いでしょう。

下着を買い替えて新しい気持ちで1日を始めよう!

新しい下着ってテンション上がるよね(写真:iStock)
新しい下着ってテンション上がるよね (写真:iStock)

 日本には古くから、大晦日の夜にお風呂で体を浄め、新しい下着を着けて年を越すという風習があるそうです。現代では、この風習を取り入れている家庭は少ないかもしれませんが、下着を買い替えると、すっきりとした新しい気持ちになれますよね。ぜひ、これを機に下着の買い替え時期を検討してみてくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...