安い美容室ってダメなの? 安い理由や気になる疑問を解消!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-21 06:00
投稿日:2021-05-21 06:00
 定期的に美容室で髪の毛をメンテナンスしているけれど、正直お金がかかって大変……と、思っている人も多いのではないでしょうか? でも、安い美容室だと「材料の質が心配」「美容師が下手なの?」「しっかりカウンセリングしてくれないかも?」と、不安が湧いてしまいますよね。そこで今回は、なぜ美容室によって価格が違うのかや、安い美容室に関する気になる疑問の答えをご紹介します。

価格に関係している美容室の「タイムコスト」とは

美容室のコストが気になる(写真:iStock)
美容室のコストが気になる (写真:iStock)

 安い美容室の多くは、タイムコストを削減しているところが多いようです。たとえば、同じ1時間の間に、入店から退店まで1人の客にかける時間を見ていくと……
・カット6000円の美容室→1人の客に対して1時間かけて1時間で6000円の売り上げ
・カット1000円の美容室→1人の客に対して10分×6人で1時間で6000円の売り上げ

 つまり、安い美容室の場合は時間をかけたカウンセリングや、細かく丁寧な接客などを省略し、1人の客に対するタイムコストを減らしているのです。

 また、1人の美容師が1人1時間かけてじっくり施術するところを、1人の美容師が1時間かけて3人を待たせながら同時に施術して、タイムコストを削っているところもあります。

安い美容室はダメって本当? 気になる3つの疑問を解消!

 安い美容室の多くは、タイムコストを削減していることがわかりましたね。でも、そうはいっても、「ほかの部分でも、レベルを落としているんじゃ?」という疑問が湧いてしまうのも事実。そこで、安い美容室に関する素朴な疑問にお答えしていきましょう。

Q1. 安い美容室は質の悪い薬剤を使っている?

薬剤の質が劣る?(写真:iStock)
薬剤の質が劣る? (写真:iStock)

 この質問に関しては、「そうとは限らない」というのが答えです。というのも、実は意外にも、材料のコストはどの美容室でも大きな差はないからです。

 実際のところ、少し薬剤の質を落としたとしても、数百円程度の差にしかならないため、安い美容室でも効果のある薬を使っていることがほとんどだそうですよ。事実、都内の有名美容室と安い美容室で、同じカラー剤を使っていることもよくあります。

Q2. 下手な美容師が多い?

 続いて気になるのが、美容師の技術の差です。結論から言うと、安くても高くても美容室には経験がある上手な美容師もいますし、経験が浅い下手な美容師もいます。

 ただし、前述した通り、安い美容室の場合には、どんなレベルの美容師でも1人に対してかける時間が短くなってしまいます。つまり、限られた時間の中で施術を終わらせるには、スピーディーに各過程を行うことになるということ。

 上手な美容師であっても、カウンセリング時間が短い分希望が伝わらず、仕上がりに満足できないこともあることは、頭に入れておいたほうが良いですね。

Q3. 安いのに評判のいい美容室があるのはなぜ?

安くても評判がいいワケとは(写真:iStock)
安くても評判がいいワケとは (写真:iStock)

 安くても、上手な美容師がいて、評判の良い美容室はあります。この理由のひとつとして、お給料の形態が考えられます。

 多くの場合、高い美容室では「固定給」、安い美容室では美容室側のコストを削減するためにフリーランスの美容師を「業務委託」として雇っていることが多いです。実は固定給の場合、簡単に給料は上がりませんが、業務委託であれば頑張った分だけ給料をもらえます。

 特に、美容師は仕事の後に後輩の指導があったりと、拘束時間が長い職種。会社に属している以上、腕がいい悪い関係なく「拘束時間が長いのに給料が上がらない」ということが起こります。そのため、上手な美容師は歩合制の安い美容室で働くことを選ぶこともあるそうです。

結局あり?なし? 安い美容室のメリット&デメリット

毛先を揃えるくらいなら…(写真:iStock)
毛先を揃えるくらいなら… (写真:iStock)

 最後に、安い美容室のメリットとデメリットをまとめていきましょう。総合的に判断して、後悔しない美容室を選んでくださいね。

ダメじゃない! 安い美容室のメリット

 安い美容室の一番のメリットと言えば、とにかく安くて経済的なこと。月に1〜2回など、いつでも気兼ねなく行けるため、「毎月髪を切りたいけれど、半年に一度くらいしか行けない……」という人にはおすすめですね。

 また、施術にかけてもらえる時間は少ないですが、逆に言えば短時間で終わるということ。忙しい人や、長さを短くするだけ、前髪を切るだけなどが目的の人にはぴったりです。特に細かいこだわりがなければ、安い美容室はメリットが多いと言えるでしょう。

こんな人にはおすすめしない…安い美容室のデメリット

 安い美容室のデメリットは、施術時間が短くなり、美容師の技術力を最大限に発揮できないことかもしれません。望んでいる髪型にこだわりがある人や、髪の癖などの欠点をカバーするカットをしてほしい人には、あまりおすすめできません。カウンセリング時間が短いので、希望通りにならないこともあるからです。

 また、きめ細やかなサービスや接客を求めている人も、物足りないと感じるかもしれませんね。

安い美容室でもダメなわけじゃない! 上手な美容師を見つけたらラッキー♡

ピッタリの美容師さんに出会えますように(写真:iStock)
ピッタリの美容師さんに出会えますように (写真:iStock)

 安い美容室と聞くと、なんとなく不安になってしまいますよね。でも、そのカラクリを知っておけば、「一概に安いからダメではない」ということはないとわかります。むしろ、簡単な施術でもOKで時間のない人には、安い美容室はおすすめです。

 また、上手な美容師を見つけることができれば、髪型にこだわりがある人でも安くつくのでラッキーですね。ぜひ、あなたに合った美容室を見つけてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...