雨の日もおしゃれに♡ コーデのポイント&避けるべきアイテム

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-07-03 06:00
投稿日:2021-07-03 06:00
 雨の日が続くと、どうしても気分が落ち込んでしまいがち。「お気に入りの服を汚したくない」と思いつつも、できることなら「雨の日だっておしゃれを楽しみたい」と思っている人も多いでしょう。そこで今回は、雨の日でもおしゃれに決まるコーデのポイントと、雨の日に避けるべきアイテムをご紹介します。

雨の日もおしゃれに♡ おすすめコーデのポイント4つ

雨の日でもおしゃれを楽しみたい♡(写真:iStock)
雨の日でもおしゃれを楽しみたい♡ (写真:iStock)

 雨の日はおしゃれをしたくても、いつも同じような無難なコーデになってしまいがち。まずは、雨の日におすすめのコーデのポイントをチェックしていきましょう。

1. 雨を弾く素材を選ぶ

 雨の日はポリエステルやエナメル、塩化ビニールなど、水を弾く素材のものを選びましょう。少し前までは「雨の日のファッション=レインコート&長靴」が定番でしたが、最近ではおしゃれなアイテムも豊富になっていて、中には普段使いができるものもあります。

 いつもの買い物の際、雨の日でも使えるおしゃれなアイテムを意識していれば、雨の日でもいつもと変わらずファッションを楽しめるようになりますよ。

2. ボトムにはアンクル丈&濃い色を

 足元が濡れてしまう雨の日に裾が広がっているボトムスを選んでしまうと、地面に当たって濡れてしまうこともあるので注意しましょう。

 そのため、雨の日のボトムスは、アンクル丈かふくらはぎ丈がおすすめ。足元を気にする必要がない分、雨の日でも動きやすさを感じられるはずです。ただし、雨の日は跳ね返りで汚れてしまうこともあるので、できるだけ濃い色のものを選ぶようにしましょう。

3. トップスにはできるだけコンパクトなものを

 袖や裾が広がっているデザインはおしゃれで可愛いですが、濡れやすく動きにくさを感じてしまうことも。そのため、雨の日はできるだけ体にフィットするコンパクトなトップスが◎。

 ウォッシャブル加工がされているものを選べば、万が一汚れてしまっても自宅で洗濯できるので、安心して着られますね。

4. 明るいカラーで気分をアップ

 湿気の多い雨の日は、なぜか気分が落ち込んでしまうもの。そんな日のコーデは、明るいカラーのアイテムを選んで服装から気分をアップさせましょう。

「少し派手かな?」と思うような明るめのパステル系や鮮やかなビビット系などにも、躊躇せずにチャレンジしてみてください。きっと、どんよりしていた気分がパッと晴れるはずですよ。

雨の日に避けるべき5つのアイテムをチェック

雨の日のデニムは色落ち&嫌な臭いがしてしまうかも(写真:iStock)
雨の日のデニムは色落ち&嫌な臭いがしてしまうかも (写真:iStock)

 続いては、雨の日に避けるべき5つのアイテムをご紹介します。当てはまるアイテムは、天気予報をチェックして「晴れた日」に活用してくださいね!

1. 丈が長めのワイドパンツやロングスカート

 先にもご紹介しましたが、丈が長めのワイドパンツやロングスカートは、雨の量によっては裾が濡れてしまう場合があるので、避けたほうがいいでしょう。

 また、「短めだから大丈夫」と思われがちなガウチョパンツも、風が強いと広がった裾の部分が濡れてしまうので要注意。雨の日におしゃれを楽しむ場合は、足元を気にせず過ごせるものを選びましょう。

2. 白やベージュなど汚れが目立つ色のアイテム

 清楚で女性らしい印象の白やベージュのアイテムですが、どうしても汚れが目立ちやすいのが難点。お気に入りのアイテムに、泥が跳ねてしまったらがっかりですよね……。雨の日には、黒やネイビーなどの、濃いめの色のアイテムを選んだほうが安心ですよ。

3. 濡れると色が変わるグレーのアイテム

 暑い日にグレーのTシャツを着ていて、気が付いたら脇の下だけ汗で濡れて真っ黒に変色していた……なんて経験ありませんか? グレーのアイテムは素材に注意しないと濡れて色が変わってしまうことがあるので、雨の日には避けたほうが無難です。

 雨の日にどうしても「グレーのアイテムを着たい」という場合には、脇の下にパッドを入れたり、透けて見えてもいいインナーを着て、しっかり雨の日対策をしましょう。

4. ヒールの高いパンプスやサンダル

 大人の女性の魅力を感じるファッションでは欠かせない、ヒールの高いパンプスやサンダル。しかし、雨の日は歩きにくいだけでなく、滑りやすく転倒してしまう場合もあるのでおすすめできません。

 パーティーや仕事など、雨でもどうしてもヒールを履かなければいけない場合には、できるだけ低く安定感のある太めのヒールを選ぶようにしましょう。

5. 濡れると重さが増すデニム

 濡れると重みが増す厚みのあるデニムは、雨の日には避けるべきアイテム。「汚れが目立たないから」といって選んでしまうと、濡れてどんどん重くなるだけでなく、放置していると嫌な臭いがしてしまうことも。

 また、買ったばかりの濃紺のデニムは、濡れてしまうと色落ちしてしまう可能性大。デニムの色移りはとても落ちにくいので、雨の日はできるだけ避けるようにしましょう。

雨の日アイテムを上手に活用しておしゃれを楽しもう♡

雨の日でもストレスなく過ごそう♡(写真:iStock)
雨の日でもストレスなく過ごそう♡ (写真:iStock)

 気分が落ち込んで憂鬱になってしまいがちな雨の日ですが、お気に入りのアイテムを使えば、雨の日ならではのおしゃれが楽しめるはずです。また、避けたほうが良いアイテムを知ることで、ストレスなく過ごせるようになりますね。

 あなたにピッタリのファッションで、どんよりした雨の日を明るく乗り切ってくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...