雨の日もおしゃれに♡ コーデのポイント&避けるべきアイテム

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-07-03 06:00
投稿日:2021-07-03 06:00
 雨の日が続くと、どうしても気分が落ち込んでしまいがち。「お気に入りの服を汚したくない」と思いつつも、できることなら「雨の日だっておしゃれを楽しみたい」と思っている人も多いでしょう。そこで今回は、雨の日でもおしゃれに決まるコーデのポイントと、雨の日に避けるべきアイテムをご紹介します。

雨の日もおしゃれに♡ おすすめコーデのポイント4つ

雨の日でもおしゃれを楽しみたい♡(写真:iStock)
雨の日でもおしゃれを楽しみたい♡ (写真:iStock)

 雨の日はおしゃれをしたくても、いつも同じような無難なコーデになってしまいがち。まずは、雨の日におすすめのコーデのポイントをチェックしていきましょう。

1. 雨を弾く素材を選ぶ

 雨の日はポリエステルやエナメル、塩化ビニールなど、水を弾く素材のものを選びましょう。少し前までは「雨の日のファッション=レインコート&長靴」が定番でしたが、最近ではおしゃれなアイテムも豊富になっていて、中には普段使いができるものもあります。

 いつもの買い物の際、雨の日でも使えるおしゃれなアイテムを意識していれば、雨の日でもいつもと変わらずファッションを楽しめるようになりますよ。

2. ボトムにはアンクル丈&濃い色を

 足元が濡れてしまう雨の日に裾が広がっているボトムスを選んでしまうと、地面に当たって濡れてしまうこともあるので注意しましょう。

 そのため、雨の日のボトムスは、アンクル丈かふくらはぎ丈がおすすめ。足元を気にする必要がない分、雨の日でも動きやすさを感じられるはずです。ただし、雨の日は跳ね返りで汚れてしまうこともあるので、できるだけ濃い色のものを選ぶようにしましょう。

3. トップスにはできるだけコンパクトなものを

 袖や裾が広がっているデザインはおしゃれで可愛いですが、濡れやすく動きにくさを感じてしまうことも。そのため、雨の日はできるだけ体にフィットするコンパクトなトップスが◎。

 ウォッシャブル加工がされているものを選べば、万が一汚れてしまっても自宅で洗濯できるので、安心して着られますね。

4. 明るいカラーで気分をアップ

 湿気の多い雨の日は、なぜか気分が落ち込んでしまうもの。そんな日のコーデは、明るいカラーのアイテムを選んで服装から気分をアップさせましょう。

「少し派手かな?」と思うような明るめのパステル系や鮮やかなビビット系などにも、躊躇せずにチャレンジしてみてください。きっと、どんよりしていた気分がパッと晴れるはずですよ。

雨の日に避けるべき5つのアイテムをチェック

雨の日のデニムは色落ち&嫌な臭いがしてしまうかも(写真:iStock)
雨の日のデニムは色落ち&嫌な臭いがしてしまうかも (写真:iStock)

 続いては、雨の日に避けるべき5つのアイテムをご紹介します。当てはまるアイテムは、天気予報をチェックして「晴れた日」に活用してくださいね!

1. 丈が長めのワイドパンツやロングスカート

 先にもご紹介しましたが、丈が長めのワイドパンツやロングスカートは、雨の量によっては裾が濡れてしまう場合があるので、避けたほうがいいでしょう。

 また、「短めだから大丈夫」と思われがちなガウチョパンツも、風が強いと広がった裾の部分が濡れてしまうので要注意。雨の日におしゃれを楽しむ場合は、足元を気にせず過ごせるものを選びましょう。

2. 白やベージュなど汚れが目立つ色のアイテム

 清楚で女性らしい印象の白やベージュのアイテムですが、どうしても汚れが目立ちやすいのが難点。お気に入りのアイテムに、泥が跳ねてしまったらがっかりですよね……。雨の日には、黒やネイビーなどの、濃いめの色のアイテムを選んだほうが安心ですよ。

3. 濡れると色が変わるグレーのアイテム

 暑い日にグレーのTシャツを着ていて、気が付いたら脇の下だけ汗で濡れて真っ黒に変色していた……なんて経験ありませんか? グレーのアイテムは素材に注意しないと濡れて色が変わってしまうことがあるので、雨の日には避けたほうが無難です。

 雨の日にどうしても「グレーのアイテムを着たい」という場合には、脇の下にパッドを入れたり、透けて見えてもいいインナーを着て、しっかり雨の日対策をしましょう。

4. ヒールの高いパンプスやサンダル

 大人の女性の魅力を感じるファッションでは欠かせない、ヒールの高いパンプスやサンダル。しかし、雨の日は歩きにくいだけでなく、滑りやすく転倒してしまう場合もあるのでおすすめできません。

 パーティーや仕事など、雨でもどうしてもヒールを履かなければいけない場合には、できるだけ低く安定感のある太めのヒールを選ぶようにしましょう。

5. 濡れると重さが増すデニム

 濡れると重みが増す厚みのあるデニムは、雨の日には避けるべきアイテム。「汚れが目立たないから」といって選んでしまうと、濡れてどんどん重くなるだけでなく、放置していると嫌な臭いがしてしまうことも。

 また、買ったばかりの濃紺のデニムは、濡れてしまうと色落ちしてしまう可能性大。デニムの色移りはとても落ちにくいので、雨の日はできるだけ避けるようにしましょう。

雨の日アイテムを上手に活用しておしゃれを楽しもう♡

雨の日でもストレスなく過ごそう♡(写真:iStock)
雨の日でもストレスなく過ごそう♡ (写真:iStock)

 気分が落ち込んで憂鬱になってしまいがちな雨の日ですが、お気に入りのアイテムを使えば、雨の日ならではのおしゃれが楽しめるはずです。また、避けたほうが良いアイテムを知ることで、ストレスなく過ごせるようになりますね。

 あなたにピッタリのファッションで、どんよりした雨の日を明るく乗り切ってくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...