“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-08 06:16
投稿日:2021-06-08 06:00
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわからない……という人も多いでしょう。そこで今回は、こなれ感があるファッションの作り方&コーデの8つのコツをご紹介します。

そもそも「こなれ感」って何?

こなれ感ってどうすればいいの?(写真:iStock)
こなれ感ってどうすればいいの? (写真:iStock)

「こなれ感」とは、“頑張っておしゃれしている感じをあえて出さず、自然体でおしゃれ上級者に見せるテクニック”のことを言います。こなれ感を出すためには、キメすぎずカジュアルすぎない、微妙なバランスが必須です。

【基本編】“こなれ感”があるファッションの4つのコツ

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まずはじめに、こなれ感があるファッションの作り方の基本を見ていきましょう。いつもの自分のファッションにこなれ感を加えることで、ぐっとおしゃれ度が増しますよ♪

1. 自分の体型に似合うデザインを選ぶ

 憧れの芸能人やモデルのコーデを見て、同じ服を試着してみたものの「あれ? なんだかイメージと違うな……」と感じたことはありませんか? その理由は、その人と自分の体型や骨格の違いにあります。

 自分が着たいと思う服と体型に合う服が違う場合もあるので、まずは自分の体型を良く知ることから始めてみましょう。正しいサイズを選ぶことがこなれ感を出すポイントになるだけではなく、スタイルアップにもつながりますよ。

2. 自分の肌の色に似合う色を選ぶ

 あなたは、自分の肌の色に合う色を知っていますか? 街で見かけるおしゃれな女性たちは、自分に似合う色をちゃんと把握しているのかもしれません。肌の色に合わない色を選んでしまうと、肌がくすんで見えて老けた印象になってしまうことも。

 自分の肌の色に似合う色がイマイチわからない……という人は、ネットで簡単にできるパーソナルカラー診断がおすすめ。自分のパーソナルカラーがわかれば、洋服選びの幅が広がりますよ。

3. 首・手首・足首を出してスタイルアップ

 首・手首・足首の“3つの首”を出すことは、おしゃれに見せるコーデの基本。こなれ感を出したいなら、3つの首を出してスタイルアップすると、首や手足が長く見えて全体的にスッキリした印象になります。

 新たに服を購入しなくても、「シャツのボタンをひとつ多く開ける」「パンツをロールアップする」「腕まくりする」など、手持ちのアイテムで応用できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

4. キメすぎず「緩さ」を上手に取り入れる

 キメすぎず「緩さ」を上手に取り入れることも、こなれ感のポイント。ただし、緩くし過ぎてしまうと、カジュアルになりすぎてしまうので注意しましょう。

 冒頭でもお伝えしましたが、こなれ感を出すには自然体に見せることがカギを握ります。全体のどの部分に「緩さ」を出すかが重要ですので、バランスを確認しましょう。

【応用編】“こなれ感”があるファッションに仕上げるコーデの4つのコツ

ガーリーなフリルアイテムには…(写真:iStock)
ガーリーなフリルアイテムには… (写真:iStock)

 基本をしっかりマスターできたら、次はいよいよ応用編です。これからご紹介するテクニックをひとつ選んで、こなれ感を取り入れてみましょう。あれこれ混ぜてしまうと、コーデがまとまらなくなってしまうので注意が必要ですよ。

1. トップスは“フロントIN”してこなれ感をプラス

 シャツやニットなどのトップスは、フロントINすることでこなれ感をプラスすることができます。

 まず、ボトムスの中にトップスのフロント部分のみを入れます。その後、後ろに向かって柔らかなカーブになるようにトップスの長さを調整しましょう。はじめは、大きな鏡でチェックしながら、前後のバランスを整えていくと良いですよ。フロントINすることで、足長効果も期待できます。

2. バックコンシャスでこなれ感をプラス

「コンシャス」とは、パーツを強調するデザインのものを言いますが、「バックコンシャス」は、背中のデザインを強調したもの。前から見るとシンプルでも、後ろのデザインが素敵だとこなれ感を感じますよね。

 背中にリボンが付いているものや大胆に開いているものなどデザインも豊富なので、自分にピッタリのアイテムが見つかるはず。髪の長い人は、まとめ髪にするとセクシーな印象になりますよ。

3. 抜け襟でこなれ感をプラス

 シャツを抜け襟にするだけでも、こなれ感をプラスすることができます。抜け襟は、トップスの襟元を後ろに引いて着る着こなし方。簡単にこなれ感を出すことができるので、おすすめのテクニックです。

 しかし、やりすぎてしまうとセクシーな印象が強くなってしまう場合もあるので、肌を露出する範囲には気を付けましょう。

4. キメアイテムをカジュアルダウンしてこなれ感を出す

 ガーリーに着こなすフリルブラウスにダメージデニム、綺麗系なスカートにロックTシャツ、ワンピースにスニーカーなど、キメアイテムをカジュアルダウンするとこなれ感がアップします。

 同系統でまとめるのも素敵ですが、あえて緩さをプラスすることで、いつものコーデにこなれ感を出すことができますよ。

いつものコーデにこなれ感をプラスしてファッション上級者に♡

目指せおしゃれ上級者♡(写真:iStock)
目指せおしゃれ上級者♡ (写真:iStock)

 こなれ感を出すためには、自分に似合うサイズやデザイン、パーソナルカラーを知ることがとても大事なポイントになります。

 自分に似合う洋服がわかればコーデの幅も広がり、ファッションそのものが今以上に楽しくなるはず。いつものコーデにこなれ感をプラスして、ファッション上級者を目指しましょう♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...