「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!

コクハク編集部
更新日:2021-09-21 06:00
投稿日:2021-09-21 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健一さんに、冷えたビールとの無限ループにどっぷりハマる「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」のレシピを教えていただきました。

ジャガイモをチンしたら調味料と和えるだけ

合うお酒=ビール、ハイボール、スパークリングワイン(C)コクハク
合うお酒=ビール、ハイボール、スパークリングワイン (C)コクハク

 大人気メニューを家庭用にアレンジしたのがこれ。簡単で、おいしく、ビールに合う。三拍子そろっているのがうれしいです。

 ジャガイモを電子レンジで温めたら、調味料と和えるだけ。この手軽さは、あと一品欲しいときにもピッタリです。

「ジャガイモは断然、男爵がおすすめ。ホクホクとした食感が楽しめますよ」(時任さん)

 味の決め手は、粒マスタード。アンチョビーとマヨネーズのこってり風味を、ピリッと締める。それがビールの引き立て役にもなっています。

 熱々のジャガイモを口いっぱいに頬張ったら、キンキンに冷えたビールを流し込んで。

 そしてまたジャガイモをもう一口……。無限ループにどっぷりハマる至福の時です。

材料

・ジャガイモ 2、3個
・アンチョビー 3切れ
(ペースト状のアンチョビーは大さじ1)
・マヨネーズ 大さじ2
・粒マスタード 大さじ1
・塩 適量
・コショウ 適量
・オリーブオイル 大さじ1

レシピ

(1)ジャガイモの皮をむき、4等分くらいに切る
(2)耐熱皿に盛り、ラップをして電子レンジで5分ほど温める。ジャガイモに竹串を刺してスッと通ればOK
(3)ジャガイモを温めている間にアンチョビーを細かくみじん切りにする(ペースト状のアンチョビーならこの工程はパス。④でそのままアンチョビーを)
(4)ボウルに3を入れ、マヨネーズ、オリーブオイルを加える
(5)4に2を入れ、粒マスタード、塩、コショウで味を調えたら完成。彩りにパプリカパウダーやパセリなどを添えてもいい

本日のダンツマ達人…時任健一さん

▽時任健一(ときとう・けんいち)
 1977年、東京都生まれ。「くつろいでもらえる時間と空間を提供したい」という思いから、2012年に「TIME」をオープン。

▽TIME
 赤い木目調のシックな店内で、食事とワインが楽しめる。ワインは常時50本以上用意。都内ではほとんど流通しない幻の伊豆牛のサーロインステーキは一食の価値アリ。中央区築地2―11―3 ウィンド築地ビル1F。

(日刊ゲンダイ2021年9月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...