「ブルーチーズ和えピータンサラダ」素材の見事な好相性!

コクハク編集部
更新日:2021-11-10 06:00
投稿日:2021-11-10 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一也さんに、ブルーチーズとピータンの相性が抜群な「ブルーチーズ和えピータンサラダ」のレシピを教えていただきました。

ごま油を使うかオリーブオイルを使うか

合うお酒=紹興酒のソーダ割り、赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=紹興酒のソーダ割り、赤ワイン (C)コクハク

 タコムマサラダイナーでしか食べられない「スパイスたこ焼き」。

「家でタコパでやっていた時はすごくおいしかったんですが、業務用の鉄板を用意していざやろうとすると、大変でした」

 火力も分量も、家庭用のたこ焼き器でやるのとは違います。通常のたこ焼きより具材が多いため、同じように作ると“中”がいっぱい詰まったたこ焼きになってしまう。表面はカリカリで、中はとろり、軽く食べられ、飽きがこず、酒に合うにはどうすればいいか――。試行錯誤の末、出来上がったのが、今店で出しているスパイスたこ焼きです。

 当然ながら素人が簡単に作れるものではないですが、「スパイスに親近感を抱いてほしい。日常生活に変化をつけられますから。スパイスたこ焼きに限らず、ウチでおいしいな、と思ったら、どんなスパイスを使っているか、スタッフに遠慮なく聞いてほしいですね」。

 今回のブルーチーズ和えピータンサラダは、ごま油を使うかオリーブオイルを使うかで、合うお酒が変わります。ごま油なら紹興酒のソーダ割りで、オリーブオイルなら赤ワインで、ぜひどうぞ。

材料

・ピータン 2個
・木綿豆腐 1丁
・キュウリ 1本
・ゴルゴンゾーラ 100グラム(苦手なら好みのチーズに変更)
・パクチー 2束
・青唐辛子 2~3本
・ネギの白い部分 10~15センチ
・白ごま 小さじ2
・ごま油、またはオリーブオイル  大さじ1
・醤油 大さじ1
・リンゴ酢 大さじ2
・粗びき黒コショウ、塩 各少々

レシピ

(1)木綿豆腐はしっかり水気を切って適当な大きさに切る。キュウリは薄切りスライスにし、塩を振り、水気が出てきたらぎゅっと絞る。パクチーは茎と葉に分け、茎は細かくみじん切り、葉は適当な大きさに。ピータン、ゴルゴンゾーラも適当な大きさに切る。豆腐、ピータン、ゴルゴンゾーラは同じくらいの大きさにした方が見た目がきれいで食べやすい
(2)1の材料、白ネギや青唐辛子のみじん切り、白ごま、すべての調味料を混ぜ合わせる。この時、豆腐やゴルゴンゾーラがあまりつぶれないようにする
(3)仕上げにパクチーの葉をのせる

本日のダンツマ達人…藤田一也さん

▽藤田一也(ふじた・かずや)
 1980年、愛媛県生まれ。進学先の大阪でカレーとスパイスに興味を持ち、ゲーム制作会社就職後は仕事の合間にカレーを自作。2005年「ヤムカレー」(現・旧ヤム邸)代表の植竹大介氏と出会い、13年に「旧ヤム邸」へ転職。17年「旧ヤム邸シモキタ荘」開店のため東京進出。20年に退社し、植竹大介氏、「薬膳和鍋 Lotus Pot」(大阪・西天満)代表の小松佳苗氏の3人で「㈱ビーキュウ」を創業。翌21年、諸店舗「タコムマサラダイナー下北沢」を開業。

▽タコムマサラダイナー下北沢
 スパイスとダシが香る「スパイスたこ焼き」が主商品。「インドにないアチャール」「スパイス冷菜」「ポテサラ風スパイスサブジ」など、酒に合うつまみや、藤田さんならではのスパイスカレーも必食。今年8月30日には旧ヤム邸とのコラボ店「タコムマサラ日比谷」を日比谷フォートタワー1階に開店した。東京都世田谷区北沢2―32―8 SSビル2階A店舗。

(日刊ゲンダイ2021年10月28日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード