「ブルーチーズ和えピータンサラダ」素材の見事な好相性!

コクハク編集部
更新日:2021-11-10 06:00
投稿日:2021-11-10 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一也さんに、ブルーチーズとピータンの相性が抜群な「ブルーチーズ和えピータンサラダ」のレシピを教えていただきました。

ごま油を使うかオリーブオイルを使うか

合うお酒=紹興酒のソーダ割り、赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=紹興酒のソーダ割り、赤ワイン (C)コクハク

 タコムマサラダイナーでしか食べられない「スパイスたこ焼き」。

「家でタコパでやっていた時はすごくおいしかったんですが、業務用の鉄板を用意していざやろうとすると、大変でした」

 火力も分量も、家庭用のたこ焼き器でやるのとは違います。通常のたこ焼きより具材が多いため、同じように作ると“中”がいっぱい詰まったたこ焼きになってしまう。表面はカリカリで、中はとろり、軽く食べられ、飽きがこず、酒に合うにはどうすればいいか――。試行錯誤の末、出来上がったのが、今店で出しているスパイスたこ焼きです。

 当然ながら素人が簡単に作れるものではないですが、「スパイスに親近感を抱いてほしい。日常生活に変化をつけられますから。スパイスたこ焼きに限らず、ウチでおいしいな、と思ったら、どんなスパイスを使っているか、スタッフに遠慮なく聞いてほしいですね」。

 今回のブルーチーズ和えピータンサラダは、ごま油を使うかオリーブオイルを使うかで、合うお酒が変わります。ごま油なら紹興酒のソーダ割りで、オリーブオイルなら赤ワインで、ぜひどうぞ。

材料

・ピータン 2個
・木綿豆腐 1丁
・キュウリ 1本
・ゴルゴンゾーラ 100グラム(苦手なら好みのチーズに変更)
・パクチー 2束
・青唐辛子 2~3本
・ネギの白い部分 10~15センチ
・白ごま 小さじ2
・ごま油、またはオリーブオイル  大さじ1
・醤油 大さじ1
・リンゴ酢 大さじ2
・粗びき黒コショウ、塩 各少々

レシピ

(1)木綿豆腐はしっかり水気を切って適当な大きさに切る。キュウリは薄切りスライスにし、塩を振り、水気が出てきたらぎゅっと絞る。パクチーは茎と葉に分け、茎は細かくみじん切り、葉は適当な大きさに。ピータン、ゴルゴンゾーラも適当な大きさに切る。豆腐、ピータン、ゴルゴンゾーラは同じくらいの大きさにした方が見た目がきれいで食べやすい
(2)1の材料、白ネギや青唐辛子のみじん切り、白ごま、すべての調味料を混ぜ合わせる。この時、豆腐やゴルゴンゾーラがあまりつぶれないようにする
(3)仕上げにパクチーの葉をのせる

本日のダンツマ達人…藤田一也さん

▽藤田一也(ふじた・かずや)
 1980年、愛媛県生まれ。進学先の大阪でカレーとスパイスに興味を持ち、ゲーム制作会社就職後は仕事の合間にカレーを自作。2005年「ヤムカレー」(現・旧ヤム邸)代表の植竹大介氏と出会い、13年に「旧ヤム邸」へ転職。17年「旧ヤム邸シモキタ荘」開店のため東京進出。20年に退社し、植竹大介氏、「薬膳和鍋 Lotus Pot」(大阪・西天満)代表の小松佳苗氏の3人で「㈱ビーキュウ」を創業。翌21年、諸店舗「タコムマサラダイナー下北沢」を開業。

▽タコムマサラダイナー下北沢
 スパイスとダシが香る「スパイスたこ焼き」が主商品。「インドにないアチャール」「スパイス冷菜」「ポテサラ風スパイスサブジ」など、酒に合うつまみや、藤田さんならではのスパイスカレーも必食。今年8月30日には旧ヤム邸とのコラボ店「タコムマサラ日比谷」を日比谷フォートタワー1階に開店した。東京都世田谷区北沢2―32―8 SSビル2階A店舗。

(日刊ゲンダイ2021年10月28日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...
「鶏むね肉のケイジャン風味揚げ」やば、ビールが止まらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...